神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

 神の臨在(至聖所)の中で開かれる聖書の啓示を紹介します。開示できるもののみです。栄光在主!

今夕のご臨在 〜山へ向かひて目を上ぐ

2020.7.2撮影 「1われ山にむかひて目をあぐ わが扶助(たすけ)はいづこよりきたるや 2わがたすけは天地(あめつち)をつくりたまへるヱホバよりきたる 3ヱホバはなんぢの足のうごかさるるを容(ゆるし)たまはず 汝をまもるものは微睡(まどろ)みたまふことなし 4…

原稿への答え 〜堪ることは力をつくし

今日、ある会報誌への原稿を書いていました。自分の半生を振り返り、人生の晩年を迎えるにあたり、後悔することも多々あったことを思い出しながら、、、ひょんな事からNHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」の録画を観て宮崎駿氏が呟いた伝道の書の一節が響…

吹っ切れた直球の御言葉を 〜力と救い

聖書は、原語から読まなくてはならない。 敬愛する師も、日本語訳聖書に対して、いつも「訳が違う!」と嘆いていましたが、原文と訳の違う日本語聖書によって、日本の教会は御国の力からほど遠く、小さく、苦しんでしまっています。どちらにしても聖霊の扶助…

旧約の初子は予象 〜復活の生命を纏う

旧約の初子(長男)について〜 主は、出エジプトで全ての初子を撃たれ、イサクは騙されて、長男エサウでなくヤコブを祝福してしまいました。初子は、祝されないのでしょうか?これは、どういうことでしょう?Ⅰコリントに次のようにあります。 Ⅰコリント15:42〜…

生命の光は、いいなぁ

毎月送られてくるマクヤの「生命の光」 その中にある、敬愛する手島郁郎師の愛についての話が、心に染みます。やはり、師は預言者だよなぁ。 いつもありがとうございます。 https://www.makuya.or.jp/seimei-806/

幸なるかな、心貧しい者

世界的に広まった疫病に、心を騒がせている人々。 経済的なことでも心配している人もいるでしょう。 その状況は、2000年前にローマに国を支配され、心穏やかでないユダヤの人々も同じだったでしょう。 しかし、主イエスは、ガリラヤ湖畔でこう語られました。…

いろは歌に込められたメッセージ

https://note.com/n_hashimoto/n/nc020e2b34878 なるほど、聖書を学んでいるとわかるポイントとなる内容が、いろは歌に入っていたなんて!よくわかる説明です。シェアさせてください。 やあゑ=ヤアゥエ いゑす=イエス とがなくて死す

❤️祈りの中で121 〜後の者になれ

祈りの中で「見よ、❶後の者が先になり、❷先の者が後になるであろう。」ルカ伝13:30 (回復訳)について譬え話を示されました。 「イエスはこの質問を取り上げて言われた、「❸ある人が、エルサレムからエリコへ下って行った.すると、彼は強盗どもの手に陥った…

聖アントニウスとその奇跡力

聖大アントニウス(ギ: Αντώνιος, ラ:Antonius、251年頃 - 356年)、キリスト教正教会・非カルケドン派・カトリック教会・聖公会・ルーテル教会の聖人。このアントニウスという名前は、ana (上に)、tenens (保持している)、の合成語で、「上なるものを保持し…

❤️栄化への実践16 〜言は肉体と成って、幕屋を張られた

ヨハネ伝1:14 そして❶言は肉体と成って、わたしたちの間に❷幕屋を張られた.わたしたちは彼の栄光を見た.それは、父からのひとり子としての栄光であって、恵みと実際に満ちていた。(回復訳) ヨハネ伝1:14 は『❶ことば(λόγος:ロゴス)は、肉体と成ってわたし…

確かな御声 〜従う大切さ 奇跡46

昨日、父が発熱し、入院しました。総胆管結石と診断されましたが、満床のため転院を指示されました。今朝、私は会議があるので弟が手続きに行くことになっておりました。 朝、会議のため、バイクで出かけようとすると、車で行くように示されました。「主よ、…

❤️栄化への実践13 〜魂を失うとは

栄化への実践12では、敬愛する師の話から、主の強い示顕を求め、顔と顔を合わせるほどのシェキナー状況を祈求することについて学びました。「二、三人が我が名によって集まるところには、我もまた在す」(マタイ伝18: 20)と主イエスは言われました。神の霊を…

人の一生は120年?訳がだんだんと変わる(改訂)

栄化を求める者たちは、この120年の呪縛から脱れる必要があります。 ※2019.2.24の記事の中で、年数の齟齬があり改善し、再掲します。 人の一生は120年だという話は、創世記6章3節の和訳からの勘違いのようです。 6:3ヘブル語וַיֹּ֣אמֶר יְהוָ֗ה לֹֽא־יָדֹ…

われわれの信仰とは1 〜イエスに近づくこと

以前から日本語訳聖書のローマ書3章22節の誤訳について説明してきたのですが、まだ訳が直らない聖書が多いのが残念です。われわれは、自分の信仰によって救われたのではなく、イエスご自身のピスティス(意味は、信仰,信実・真実)によって開かれた神の義を受…

害するものは何もない 〜諸霊も服従する権威

ルカ伝には、主イエスが大変喜ばれた出来事が記事になっています。 ルカによる福音書‬ ‭10:17-21‬ 17「七十二人は喜んで帰って来て、こう言った。「主よ、お名前を使うと、悪霊さえもわたしたちに屈服します。」 18イエスは言われた。「わたしは、❶サタンが…

内なる人 〜キリストが内に形造られる〜

「内なる人」〜キリストが内に形造られる〜を読みました。DVDでの講義よりも簡潔でわかりやすくまとめられた文章でした。特によく理解できなかった「たましいの都市と神の都」についてわかりました。先生の御言を多用したDVDの解説よりも、内容が簡潔に凝縮…

知恵に欠ける者に 〜聖言の実現 奇跡45

歳のせいか、最近物忘れがひどくなっていると感じ、主に祈りました。以下の聖句を思いだしながら、イエスのピスティス(信仰)に乗っかって祈り願いました。 ヤコブ1:5 しかし、もしあなたがたのうちで、知恵に欠ける者がいるなら、すべての人に惜しみなく、ま…

❤️栄化への実践11 〜完全になる理由SS28

東洋の聖フランシスコと呼ばれたサンダー・シングが、祈りの中で法悦(エクスタシー)に入って天に昇ったときに、わからない聖句について天使や聖人に尋ねることがありました。その話から、父がわれわれに「完全であれ」と言われる理由も明らかになります。 〜…

❤️栄化への実践10 〜完全な者とは

山上の垂訓と言われるマタイ伝5章には、「完全でありなさい」と主イエスが言う場面があります。 マタイ伝5章 5:43『あなたの隣人を愛し、あなたの敵を憎め』と言われたことを、あなたがたは聞いている。5:44しかし、わたしはあなたがたに言う.❶あなたの敵を…

第一のものを第一に

C.S ルイスの手紙について、先輩から送っていただいた文章は、示唆に富むものでした。シェアさせて下さい。 ルイスは長い手紙の最後に、こう書き記している。 「もし私が、かけがいのない地上の家族を愛する以上に、神を愛することを学ぶなら、今よりもはる…

❤️栄化への実践9 〜あなたの隣人とは

兄弟姉妹が完全になるために、この牧師が行なった方法は? 教会の前に座っていたホームレスは牧師? https://youtu.be/7qftpoMfe08 「「あなたがたも聞いているとおり、『隣人を愛し、敵を憎め』と命じられている。 しかし、わたしは言っておく。敵を愛し、…

❤️栄化への実践8 〜カータル・シング の殉教 SS27

インドの聖者サンダー・シング は、チベットで殉教したキリストの伝道師カータル・シング について講演で語っています。その話から、キリストのために苦しむことの喜びを見いだすことができます。その歓喜は、カータル・シング のような多くの殉教者に見られ…

❤️栄化への実践7 〜霊言の霊修

主イエスの贖いのゆえに、信仰と恵により義と認められたわれわれは、聖化、栄化へと進んで行くべきです。 敬愛する師は、60年も前に、「主の霊的栄光を顕現することこそ、全生活の目標」と語っていました。師より学ぶところ、大であります。紹介させてくださ…

❤️栄化への実践6 〜狭き門より入る

アンドレ ジイドの小説「狭き門」のストーリーには、神の国を求める信仰深いアリサという女性が出てきます。 主人公ジェロームは、従姉であるアリサに恋心を抱き、アリサもまたジェロームに好意を持ちます。 しかし、神への愛を求めて生きる信仰深いアリサは…

❤️栄化への実践5 〜世の宗教に救いなし

【諸宗教の勘違い】 多くの宗教は、家内安全、無病息災などこの世のご利益を求めることを目的として、正月にはたくさんの人を集めます。また、お金持ちになりたい、病気を治したい、安産祈願、○○大学合格と願って、あそこの寺院や向こうの社寺仏閣へと足を運…

❤️栄化への実践4 〜十字架の愛は喜びだ

栄化への実践で、2つの大切な戒めを具体的に実践することを示してきました。 栄化へ向けて、1:天の御座の主イエスを見つめ続けるひとつの目を開くことで、聖なる御父と麗しい主イエスを愛することができます。また、2:隣人のために肉体を十字架につける(隣人…

❤️栄化への実践3 〜十字架は愛のクロスだ

栄化への実践1と2では、1:天の御座の主イエスを見つめ続けるひとつの目。2:人々のために肉体を十字架につける(自分でなく隣人のために肉体を酷使する)ことで、神様が顕現する癒し隊のことをお伝えしました。 この2つを実践すれば、あなたの周囲や心に不思議…

❤️栄化への実践2 〜十字架を負うとは

マタイ16章より 16:21この時からイエスは弟子たちに、ご自分が必ずエルサレムへ行って、長老、祭司長、聖書学者たちから多くの苦しみを受け、殺され、三日目に復活させられることを、示し始められた。16:22するとペテロは、イエスをわきへ引き寄せ、いさめ始…

❤️栄化への実践1 〜ともし火を掲げ続けよ SS26

マタイ伝6章で主イエスが語られた「❶単一の目」について、このブログで何度も説明してきました。最近、ルカ伝で示された「ともし火を掲げる」ことから、全身が光に満ちる「栄化」についてのレーマを紹介してみます。私見ですが、実際に体験すると、とても軽…

後の者が先になり 〜レーマを読み解く25

ぶどう園での雇用の譬え話から〜 マタイ伝20:6ー16 6五時ごろまた出て行くと、まだ立っている人々を見たので、彼らに言った、『なぜ、何もしないで、一日中ここに立っていたのか』。」‭‭7彼らが『だれもわたしたちを雇ってくれませんから』と答えたので、その…