神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

 神の臨在(至聖所)の中で開かれる聖書の啓示を紹介します。聖書の日本語訳に疑問を持ったのを切掛けに、プロテスタント、カトリック、ユダヤ教などに学び、聖書解釈の記事も載せていきます。栄光在主!

はっきり見えない理由 〜サンダー シング SS31

以前から、私自身、霊の目で天界がはっきりと見えないことを話してきました。 サンダー シングは、1922年にローザンヌ市モンべノンでの講演で、はっきり見えない理由について語っていました。 「主は、慌ただしさの中でご自身を現されることはありません。我…

主の確かな回答 〜御声をかけられる 奇跡55

こんなことが、本当に起きるのだろうか! 昨日の祈りの中で、自身の経済についてのイバラについて、主に御声をかけてくださるように祈っていました。 いつも新宿シャローム教会の「異言の祈りPAR2」を繰り返して聴きながら祈っていますが、祈りが終わり、立…

❤️栄化への実践22 〜背骨を天に繋いで①

スコット(仮庵祭)とは、出エジプトでイスラエル民族が出エジプトで荒野の仮小屋に住んだことを記念し、子孫へ伝えるための祭りです。 ミシュナーに次のような言が載っています。「ベート・ハショエヴァの儀式を見たことのない者は、本当の歓喜というものを知…

昨夕のご臨在 〜満開の梅

2021.2.21撮影 「あなたは更に七日間待ち、その間は断食をしないで、 家が建てられたことのない花咲く野原に行き、野の花だけを食べなさい。肉を食べず、ぶどう酒も飲まず、ただ花だけを食べなさい。 そして絶えずいと高き方に祈りなさい。そうすれば、わた…

今夕のご臨在 〜新たな道

2021.2.2撮影 「イエスは、垂れ幕、つまり、御自分の肉を通って、新しい生きた道をわたしたちのために開いてくださったのです。」‭‭ヘブライ人への手紙‬ ‭10:20‬ ‭新共同訳‬‬https://www.bible.com/1819/heb.10.20.新共同訳

細川ガラシャの生き様 

NHKの「麒麟がくる」は、59作目の大河ドラマ。 若きころ、下剋上の代名詞・美濃の斎藤道三を主君として勇猛果敢に戦場をかけぬけ、その教えを胸に、やがて織田信長の盟友となり、多くの群雄と天下をめぐって争う智将・明智光秀。「麒麟がくる」では謎めいた…

天国の鍵の意味 〜祈りの中で123

祈りの中で、仕事をしない職員について、腹立たしく思う心がありました。また、政治家を使って私腹を肥やす何某に関わる問題についても、腹を立てている自分がいると示されました。 祈りは、自分が祈るのではない。祈りの主体は、キリストご自身でなければ、…

ペンローズ博士 ノーベル物理学賞受賞

現代物理学の奇才とよばれるロジャー・ペンローズ博士は、ブラックホールの形成が一般相対性理論の強力な裏付けであることを発見した功績で、ノーベル物理学賞の受賞が決まりました。おめでとうございます。 https://www.afpbb.com/articles/-/3308458 彼の…

愛する者を 太陽のように

2020.8.10撮影 市内の向日葵 「エホバの目は全地をあまねく行き巡り、心が完全に(安全に、安心して、平和に)彼に向いている者たちを強めます。あなたはこのことで愚かに行動しました.この時から、あなたに戦争があるでしょう」。 歴代誌下‬ ‭16:9‬ ‭(回復訳…

❤️天翔ける祈り② 〜サンダー・シングの経験SS30

https://youtu.be/BzvO4-WDEvo ダンテの神曲もトマス・アクィナスの神学大全も、神へと至る人間の精神の旅路を語り、(私の理解では)至福直感から神を見ることを最高の目標にしていたと稲垣良典教授は語っています。 サンダー・シングは、まさに脱魂状態(エク…

NASAは、天の門を発見したのか

https://trueblog.net/gateway-to-heaven-nasa-discovered-amazing-cross-structure-right-in-the-center-of-galaxy-6193/ 以下記事を翻訳 天国へのゲートウェイ?! NASAが銀河の中心部ですばらしいクロス構造を発見。2020年7月18日記事より。 この信じられ…

闇は光をつかめなかった〜光はハデスを駆逐する

ヨハネ伝1:5 καὶ τὸ φῶς ἐν τῇ σκοτίᾳ φαίνει, καὶ ἡ σκοτία αὐτὸ οὐ ❶κατέλαβεν. (Greek NT: Scrivener's Textus Receptus 1894) והאור בחשך זרח והחשך לא ❶השיגו׃ (Hebrew Bible) 光は暗闇の中で輝いている。暗闇は光を❷理解しなかった。(‭‭‭新共同訳‬‬) …

キリストの血を携えて

私は、人生で全ての良きものを主から与えられた しかし、どんな富者も勇者も歳を経てこの世から消えゆく たとえ、人々がその者たちを記憶しようが、人々もまた消えゆく たとえ、歴史書にその名を残そうが、書はすたれ、朽ち、時代の流れに消えゆく ただ残る…

昨日のご臨在 〜天の門が見える

2020.6.4撮影 「そして彼は恐れて言った、「これはなんという恐るべき所だろう。これは神の家である。これは天の門だ」。」‭‭創世記‬ ‭28:17‬ ‭JA1955‬‬https://www.bible.com/81/gen.28.17.ja1955 写真:エルサレム神殿 1/400 シュライバー・ボーゲン<ペー…

❤️栄化への実践21 〜天翔ける祈り①

前回の内容の心耳により、霊聴することは大切な段階であります。もう少し深い内容について、まとめてみました。それは、祈りの本質についてです。信仰の基本であり、全てと言えるかもしれない大切なことです。 祈りに集中できず、違う思いに気を散らしてしま…

神への祈りは天の鍵を開いた〜コロナ収束へ 奇跡48

http://adonaiquovadis.hatenablog.com/entry/2020/03/15/192735 3月15日の記事からのその後。 「この国には、父なる神が嫌われる、愚かな偶像が満ちています。この国の政治家は公正を忘れ、政治を私物化し、❶司法ですら自分の意のままにしようと企てていま…

❤️栄化への実践20 〜心耳を開く②

霊眼の次に、心耳を開き客観的に❶霊聴することについて学んできました。前回の続きを書きます。 〜敬愛する師の話より〜 ❶霊聴は、他人の心理を推断したり、他者の心を想像したりしてみることではありません。 ❷主観的に何やら心の中の霊の声を聞いたように…

神の国の特性 〜愛による統治国

2020.4.20に示されたこと 新型コロナウィルスによる世界的危機の中、自由主義と共産主義の社会体制が比較され、医療体制、経済的支援など危機管理に対する評価や公表される報道の真偽、国のトップの質、モラルや倫理観、国民の支持率などが露わになってきて…

今夕のご臨在 美しい夕陽

2020.4.21撮影 「ハレルヤ。 天において 主を賛美せよ 。❶ 高い天で 主を賛美せよ 。」‭‭詩編‬ ‭148:1 「❷天の天よ 天の上にある水よ 主を賛美せよ 。」‭‭詩編‬ ‭148:4‬ ‭(新共同訳‬‬)https://www.bible.com/1819/psa.148.4.新共同訳 ❶高い天、❷天の天とは!…

❤️栄化への実践19 〜心耳を開く①

今まで霊眼について、お話ししてきましたが、今回は心耳について触れます。 心耳とは、神の声を霊聴する耳のことです。霊聴するためには、この心の耳が開けなければなりません。 私自身は、霊聴について、今まであまり考えていなかったのですが、敬愛する師…

❤️栄化への実践14 〜十字架は喜悦だ

神と共に歩み神を✴︎熱心に尋ね求めた旧約のエノク。彼は、神や天使たちと近接し、300年間生きて、ついに天へ挙げられました。彼の神と共に歩む姿勢は、どのようなものであったかを、「われわれの信仰とは2」で触れました。さて神を「✴︎熱心に尋ね求め」神と…

☝🏾われわれの信仰とは2 〜את האלהים

「われわれの信仰とは1」で、ローマ書3:22 から、❶主イエスご自身の信仰(ピスティス)で開かれた「神の義」を、われわれが主イエスに❷近づくことで与えられることを説明しました。 中風の男や長血の女の癒しから、信仰=「❷主イエスに近づくこと」であると説明…

❤️栄化への実践12 〜霊の乞食となれ

今まで、栄化への実践について、柱と梁について話してきました。 柱とは:天の御座の主イエスを見つめ続けるひとつの目を開くことで、聖なる御父と麗しい主イエスを愛することができます。赤子のように天で生き、同時に主のご臨在の中に生きることが常態化す…

❤️栄化への実践11 〜完全になる理由SS28

東洋の聖フランシスコと呼ばれたサンダー・シングが、祈りの中で法悦(エクスタシー)に入って天に昇ったときに、わからない聖句について天使や聖人に尋ねることがありました。その話から、父がわれわれに「完全であれ」と言われる理由も明らかになります。 〜…

トマスの福音書45 〜バプテスマのヨハネより

継続してトマスの福音書を解説し、意訳しています。 45節 *Said-JS45 this: From--Adam, upto-Johan-nes the-Baptist, among-the-begotten of-women, no-one-who-is-raised-up above-Johann the-Bapti--sths ,so that to-break(lower) viz-his-eyes; I-spok…

朝のご臨在 〜開いた天

2019.5.20撮影 「天が開き、大きな布のような入れ物が、四隅でつるされて、地上に下りて来るのを見た。」‭‭使徒言行録‬ ‭10:11‬ ‭(新共同訳‬‬)

🎶糸 〜臨在を呼ぶ讃美68

たての糸はイエス よこの糸はわたし 「糸」の歌詞は、奥深い。こころに語りかけます。 https://youtu.be/65MYqaK1TJA マルコ伝15:46 そこでヨセフは細糸の亜麻布を買って来て、イエスを取り下ろし、その亜麻布で包んだ。彼は岩に掘った墓にイエスを納め、墓…

❤️栄化への実践6 〜狭き門より入る

アンドレ ジイドの小説「狭き門」のストーリーには、神の国を求める信仰深いアリサという女性が出てきます。 主人公ジェロームは、従姉であるアリサに恋心を抱き、アリサもまたジェロームに好意を持ちます。 しかし、神への愛を求めて生きる信仰深いアリサは…

高き山のご臨在 〜御国の空気

2019.5.2 撮影 雪が残った山に来ています。空気が違うだけでなく、宇宙の静けさが感得でき心が洗われます。 ヨハネの黙示録‬ ‭21:9-11‬ ‭ 「ここへ来なさい。小羊の妻である花嫁を見せてあげよう。」この天使が、“霊”に満たされたわたしを大きな高い山に連れ…

❤️栄化への実践5 〜世の宗教に救いなし

【諸宗教の勘違い】 多くの宗教は、家内安全、無病息災などこの世のご利益を求めることを目的として、正月にはたくさんの人を集めます。また、お金持ちになりたい、病気を治したい、安産祈願、○○大学合格と願って、あそこの寺院や向こうの社寺仏閣へと足を運…