神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

 神の臨在(至聖所)の中で開かれる聖書の啓示を紹介します。開示できるもののみです。栄光在主!

❤️栄化への実践21 〜天翔ける祈り

前回の内容の心耳により、霊聴することは大切な段階であります。もう少し深い内容について、まとめてみました。それは、祈りの本質についてです。信仰の基本であり、全てと言えるかもしれない大切なことです。 祈りの本体は、自分ではありません。人間の血肉…

神への祈りは天の鍵を開いた

http://adonaiquovadis.hatenablog.com/entry/2020/03/15/192735 3月15日の記事からのその後。 「この国には、父なる神が嫌われる、愚かな偶像が満ちています。この国の政治家は公正を忘れ、政治を私物化し、❶司法ですら自分の意のままにしようと企てていま…

❤️栄化への実践20 〜心耳を開く②

霊眼の次に、心耳を開き客観的に❶霊聴することについて学んできました。前回の続きを書きます。 〜敬愛する師の話より〜 ❶霊聴は、他人の心理を推断したり、他者の心を想像したりしてみることではありません。 ❷主観的に何やら心の中の霊の声を聞いたように…

神の国の特性 〜愛による統治国

2020.4.20に示されたこと 新型コロナウィルスによる世界的危機の中、自由主義と共産主義の社会体制が比較され、医療体制、経済的支援など危機管理に対する評価や公表される報道の真偽、国のトップの質、モラルや倫理観、国民の支持率などが露わになってきて…

今夕のご臨在 美しい夕陽

2020.4.21撮影 「ハレルヤ。 天において 主を賛美せよ 。❶ 高い天で 主を賛美せよ 。」‭‭詩編‬ ‭148:1 「❷天の天よ 天の上にある水よ 主を賛美せよ 。」‭‭詩編‬ ‭148:4‬ ‭(新共同訳‬‬)https://www.bible.com/1819/psa.148.4.新共同訳 ❶高い天、❷天の天とは!…

❤️栄化への実践19 〜心耳を開く①

今まで霊眼について、お話ししてきましたが、今回は心耳について触れます。 心耳とは、神の声を霊聴する耳のことです。霊聴するためには、この心の耳が開けなければなりません。 私自身は、霊聴について、今まであまり考えていなかったのですが、敬愛する師…

❤️栄化への実践14 〜十字架は喜悦だ

神と共に歩み神を✴︎熱心に尋ね求めた旧約のエノク。彼は、神や天使たちと近接し、300年間生きて、ついに天へ挙げられました。彼の神と共に歩む姿勢は、どのようなものであったかを、「われわれの信仰とは2」で触れました。さて神を「✴︎熱心に尋ね求め」神と…

われわれの信仰とは2 〜את האלהים

「われわれの信仰とは1」で、ローマ書3:22 から、❶主イエスご自身の信仰(ピスティス)で開かれた「神の義」を、われわれが主イエスに❷近づくことで与えられることを説明しました。 中風の男や長血の女の癒しから、信仰=「❷主イエスに近づくこと」であると説明…

❤️栄化への実践12 〜霊の乞食となれ

今まで、栄化への実践について、柱と梁について話してきました。 柱とは:天の御座の主イエスを見つめ続けるひとつの目を開くことで、聖なる御父と麗しい主イエスを愛することができます。赤子のように天で生き、同時に主のご臨在の中に生きることが常態化す…

❤️栄化への実践11 〜完全になる理由SS28

東洋の聖フランシスコと呼ばれたサンダー・シングが、祈りの中で法悦(エクスタシー)に入って天に昇ったときに、わからない聖句について天使や聖人に尋ねることがありました。その話から、父がわれわれに「完全であれ」と言われる理由も明らかになります。 〜…

トマスの福音書45 〜バプテスマのヨハネより

継続してトマスの福音書を解説し、意訳しています。 45 *Said-JS45 this: From--Adam, upto-Johan-nes the-Baptist, among-the-begotten of-women, no-one-who-is-raised-up above-Johann the-Bapti--sths ,so that to-break(lower) viz-his-eyes; I-spoke,…

朝のご臨在 〜開いた天

2019.5.20撮影 「天が開き、大きな布のような入れ物が、四隅でつるされて、地上に下りて来るのを見た。」‭‭使徒言行録‬ ‭10:11‬ ‭(新共同訳‬‬)

🎶糸 〜臨在を呼ぶ讃美68

たての糸はイエス よこの糸はわたし 「糸」の歌詞は、奥深い。こころに語りかけます。 https://youtu.be/65MYqaK1TJA マルコ伝15:46 そこでヨセフは細糸の亜麻布を買って来て、イエスを取り下ろし、その亜麻布で包んだ。彼は岩に掘った墓にイエスを納め、墓…

❤️栄化への実践6 〜狭き門より入る

アンドレ ジイドの小説「狭き門」のストーリーには、神の国を求める信仰深いアリサという女性が出てきます。 主人公ジェロームは、従姉であるアリサに恋心を抱き、アリサもまたジェロームに好意を持ちます。 しかし、神への愛を求めて生きる信仰深いアリサは…

高き山のご臨在 〜御国の空気

2019.5.2 撮影 雪が残った山に来ています。空気が違うだけでなく、宇宙の静けさが感得でき心が洗われます。 ヨハネの黙示録‬ ‭21:9-11‬ ‭ 「ここへ来なさい。小羊の妻である花嫁を見せてあげよう。」この天使が、“霊”に満たされたわたしを大きな高い山に連れ…

❤️栄化への実践5 〜世の宗教に救いなし

【諸宗教の勘違い】 多くの宗教は、家内安全、無病息災などこの世のご利益を求めることを目的として、正月にはたくさんの人を集めます。また、お金持ちになりたい、病気を治したい、安産祈願、○○大学合格と願って、あそこの寺院や向こうの社寺仏閣へと足を運…

❤️栄化への実践4 〜十字架の愛は喜びだ

栄化への実践で、2つの大切な戒めを具体的に実践することを示してきました。 栄化へ向けて、1:天の御座の主イエスを見つめ続けるひとつの目を開くことで、聖なる御父と麗しい主イエスを愛することができます。また、2:隣人のために肉体を十字架につける(隣人…

❤️栄化への実践1 〜ともし火を掲げ続けよ SS26

マタイ伝6章で主イエスが語られた「❶単一の目」について、このブログで何度も説明してきました。最近、ルカ伝で示された「ともし火を掲げる」ことから、全身が光に満ちる「栄化」についてのレーマを紹介してみます。私見ですが、実際に体験すると、とても軽…

朝のご臨在 〜4月1日

2019.4.1撮影 「主は天を傾けて降り/密雲を足もとに従え ケルブを駆って飛び/風の翼に乗って行かれる。 周りに闇を置いて隠れがとし/暗い雨雲、立ちこめる霧を幕屋とされる。 御前にひらめく光に雲は従い/雹と火の雨が続く。」‭‭詩編‬ ‭18:10-13‬ ‭(新共…

聖日のご臨在 〜天に繋がって

2019.2.17撮影 創世記‬ ‭28:12-15‬ 12時に彼は夢をみた。一つのはしごが地の上に立っていて、その頂は天に達し、神の使たちがそれを上り下りしているのを見た。13そして主は彼のそばに立って言われた、「わたしはあなたの父アブラハムの神、イサクの神、主で…

朝のご臨在 〜不思議な雲

2019.2.14撮影 雲の中に聖徒たちがいる。 詩編65編9節お与えになる多くのしるしを見て/地の果てに住む民は畏れ敬い/朝と夕べの出で立つところには/喜びの歌が響きます。(新共同訳)

天国の証明 〜本当にある天国

Proof of HeavenA Neurosurgeon's Journey into the AfterlifeBy Eben Alexander 脳神経外科医 エベン アレクサンダーは、死後の世界を認めざるをえませんでした。 https://youtu.be/5YzJ9QwdLcY 彼が見たのは、死後の世界であって、まだ、本当の天国までは…

主の御名を呼ぶ者は皆、救われる

ヨエル3章3:1その後/わたしはすべての人にわが霊を注ぐ。あなたたちの息子や娘は預言し/老人は夢を見、若者は幻を見る。 3:2その日、わたしは/奴隷となっている男女にもわが霊を注ぐ。 3:3天と地に、しるしを示す。それは、血と火と煙の柱である。 3:4主…

霊眼が開かれるとき2 〜サンダー・シングSS25

東洋の聖フランシスコとよばれたインドの聖人サンダー・シングは、その著書「霊界の黙示」の中で、霊の目が開かれたときのことについて語っています。 サンダー・シングの話 ❶ひとりで祈っていたある日のことである。私は突然、霊的な存在の大群衆に囲まれて…

霊眼が開かれるとき1〜サンダー・シングSS24

東洋の聖フランシスコとよばれたインドの聖人サンダー・シングは、その著書「霊界の黙示」の中で、霊の目が開かれたときのことについて語っています。 サンダー・シングの話 14年前、コトガルで❶祈りを捧げている時、天上の幻に私の目が開かれた。❷何もかも…

イエスが二度語った聖句 〜レーマを読み解く24

マタイ伝には、主イエスが二度繰り返して語った不思議な聖句があります。 ❶自分の魂の命を見いだす者はそれを失い、わたしのために❷自分の魂の命を失う者はそれを見いだす。マタイ伝10:39(回復訳) 〜❶魂の命を救おうとする者はそれを失い、わたし(イエス)の…

今朝のご臨在 〜天を裂く光

2018.12.11撮影 日本を訪れたマザー・テレサのことば.... 『今朝、私は、この豊かな美しい国で孤独な人を見ました。この豊かな国の大きな心の貧困を見ました。』〜マザー・テレサ 『すべての人が幸せになる。これを邪魔している最大の敵は、私達 の心の中に…

今夕のご臨在 〜天使の梯子

2018.11.29撮影 創世記‬ ‭28:12‬ 「時に彼は夢をみた。一つのはしごが地の上に立っていて、その頂は天に達し、神の使たちがそれを上り下りしているのを見た。」‭‭‭(口語訳‬‬)

幼子のようになれ 〜サンダー・シングSS23

マタイ18章 18:1その時、弟子たちはイエスの所に来て言った、「それでは、天の王国ではだれが一番偉いのですか?」18:2そこで、イエスは一人の小さい子供を呼び寄せ、彼らの真ん中に立たせて18:3言われた、「まことに、わたしはあなたがたに言う.あなたがた…

祈りの中で116 〜天国を望む理由

今年亡くなった同志を思い出し、夜がふけました。 夜半の祈りの中で示されたこと。 多くの人は、死後に天国を望んでいる。彼らの心にあるのは、「天国が楽園であるから、行きたい」と映し出されるばかりだ。 お前は、どうだ? 主よ、わたしは、あなたの御そ…