神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

 神の臨在(至聖所)の中で開かれる聖書の啓示を紹介します。開示できるもののみです。栄光在主!

剣と癒し ~イエスの教える非戦論  祈りの中で20より

祈りの中で示されたこと3つ。
一つ目。イエスは、ユダヤ人が忌み嫌うサマリヤの女に声をかけ、福音書でも重要なカギになるような命の水について語られた。これは、選民意識の強いユダヤ人にとって常識外の行動であった。それでサマリヤの女さえ驚いた。これは、イエスが民族の壁を越えて困っている異邦人をも愛されたことを示している。
二つ目。示されたのは、イエスを殺そうととらえに来た大祭司のしもべマルコスの耳を剣で切り落とす場面である。...
ルカ22:49~51「イエスのそばにいた人たちは、事のなりゆきを見て、「主よ、つるぎで切りつけてやりましょうか」と言って、そのうちのひとり(ペテロ)が、祭司長の僕に切りつけ、その右の❶耳を切り落した。
イエスはこれに対して言われた、「それだけでやめなさい」。そして、その僕の❷耳に手を触れて、おいやしになった。」
イエスはここで、自分を殺そうとやって来た者(敵)を❷癒されたのである。マルコスは、イエスが公生涯で❷癒しの奇跡を行った最後の人になった。
そして、マタイ26:52には、
そこで、イエスは彼に言われた、「あなたの剣をもとの所におさめなさい。剣をとる者はみな、剣で滅びる。」~という名言を残されている。
この場面は、4福音書に共通して残されている。現代も、イスラム過激派のような宗教を信じていると言って武器をもって襲ってくる不法の民がいる。そのような者に剣をもって立ち向かっても、彼らの❶耳を切ることになる。これは、剣で立ち向かうことによって、かれらが「福音に耳を閉ざす」ということだ。まさに空爆されて親族を殺された一般のイスラム教徒が、怒りに満ちISISに入るようなものだろう。
 ここでイエスは、自分を殺そうとしている者をさえ❷癒される愛を示している。この天国に生きる方は、ご自分の敵をも愛されたのだ。そして、福音の真髄をご自身で示され、十字架までも屠られる小羊のように黙って従ったのである。
三つ目。世人は、目先の物質界に目を奪われ、イエスの示された御国の福音が理解できない。だから牧師でさえも、テロリストに「地獄のような武器で」殺せ(なんとかグラハムが言っていた)とまで言うのだ。その様な者は、自分のこの世の命を愛しているこの世にだけ生きる者。国籍はこの世だ。天国からはほど遠い。天国の法則がわかっていないのだ。
「自分の命を愛する者は、それを 失うが、❸この世で自分の命を憎む人は、それを保って永遠の命に至る。」 (ヨハネ 12章 25節)
かなりかたい食物だが、つまり❸この世での肉の命を憎むほどに神を愛し、愛の福音に従順であれ。それが永遠の命に至るカギだということだ。
 やはり、主イエスご自身の言動から示され、教えられる高い天の基準をここでも示された。狭き門だ。
 まだ世界中に天国に国籍を移せない剣を持ったクリスチャンがいて、福音宣教の躓きのもとになっている。仏教徒との語らいの中でもよく出てくる、イエスの教えとはかけ離れた戦争好きで人殺しをするキリスト教国のはなし。いまだ旧約で生きている死すべき者たち。本当に新しい契約である福音の真髄、イエスご自身の姿勢をわかっていないクリスチャンと自称するだけの人が多くいるのが残念だ。そんな方こそが福音宣教をはばむ者だと思っています。

f:id:AdonaiQuoVadis:20160424213847j:plain