読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

 神の臨在(神の至聖所)の中で開かれる聖書の啓示を紹介します。開示できるもののみです。栄光在主!

💚敬愛する師 1 ~死人が甦る奇跡力の伴う福音 奇跡10

敬愛する師 天国 奇跡 癒し(ヒーリング)

過去の記事に説明を付加し、掲載します。

 塩原聖会参加者の話~「1960年8月、私(日本基督教団牧師)は聖会に初めて参会した。聖会二日目、滝浴びの最中、小菅さんが倒れ、引き上げられた時には、すでに瞳孔が開いており、チアノーゼが出、脱糞で死んでしまった。その時、伝道者たちが7,8人、一生懸命に祈ったが駄目でした。先生がやってきてフーッと息かけて按手して祈ると、たちまち甦ったのをこの目で見て、本当にビックリした。 中略  ○○館社長が6つの重病から全く癒されたのもこの聖会であった。私の所属していた日基教団の牧師も『聖書にある癒しなどは、昔のことで今はない。』と説教している状況である。しかし、その塩原の聖会で、目の前で死人が蘇生し足萎えが立つ、聖書の生きた事実を見ては、自分が回心して全くひっくり返ってしまった。」~以上証しよりシェアします。

 師の特性は、共にいたもうキリストの圧倒的な奇跡力の顕現でした。しかし、その奇跡力を誇示することなく、聖書の言葉通り「神の国」と「聖霊の愛」に重点を置いて語っていました。癒しなどできない霊的にも信仰面でも力のない教役者は、「癒しの奇跡などない」と言っていましたが、聖書記事の事実が目前に現れると、ビックリ仰天するのです。未だ異端だと言って批判されることも多い師ですが、天的な理解のない者が、パリサイ人のように批判しているだけにしか見えません。彼ら批判する者は、死人をよみがえらせる天国の権威・支配を現すことができるのでしょうか。そんな言い訳ばかりのパリサイ人の教えが、蝮の子を作っています。そんな人たちが現代にもいるのが残念です。

 師が天界で見た天使ミカエルは、自分を捨て命がけで、サタンを打ち負かしていた。それは、神への愛からできる行為であり、師はその命がけで霊の戦いをする姿勢を学んだ。我々の戦いは、世人の言うような人殺しの戦いではなく、人を生かす霊の戦いなのです。

黙示録12:7-12

「さて、天では戦いが起った。ミカエルとその御使たちとが、龍と戦ったのである。龍もその使たちも応戦したが、勝てなかった。そして、もはや天には彼らのおる所がなくなった。この巨大な龍、すなわち、悪魔とか、サタンとか呼ばれ、全世界を惑わす年を経たへびは、地に投げ落され、その使たちも、もろともに投げ落された。

その時わたしは、大きな声が天でこう言うのを聞いた、『今や、われらの神の救と力と国と、神のキリストの権威とは、現れた。われらの兄弟らを訴える者、夜昼われらの神のみまえで彼らを訴える者は、投げ落された。兄弟たちは、小羊の血と彼らのあかしの言葉とによって、彼にうち勝ち、❶死に至るまでもそのいのちを惜しまなかった。それゆえに、❷天とその中に住む者たちよ、大いに喜べ。しかし、地と海よ、おまえたちはわざわいである。悪魔が、自分の時が短いのを知り、激しい怒りをもって、おまえたちのところに下ってきたからである。』」(黙示録12:7-12)

❶は、回復訳では「彼らは死に至るまでも、自分の魂の命を愛さなかった。」❷ここに大切な奥義がある。師がそうであったように、われわれも天とその中に住む者になろうではありませんか。

※戦うミカエルの姿

f:id:AdonaiQuoVadis:20160504063635j:plain

f:id:AdonaiQuoVadis:20160504070814j:plain