読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

 神の臨在(神の至聖所)の中で開かれる聖書の啓示を紹介します。開示できるもののみです。栄光在主!

実際にある聖書史跡3 ~ウル アブラハムの住居跡(イラク)

聖書史跡 ことば(レーマ)

実際にある聖書史跡3 ウル アブラハムの住居跡~イラク

創世記11:31

「テラはその子アブラムと、ハランの子である孫ロトと、子アブラムの妻である嫁サライとを連れて、カナンの地へ行こうとカルデヤのウルを出たが、ハランに着いてそこに住んだ。」

イラクのウルにあるアブラハムと父テラの住居跡は広く、ノア(ギルガメッシュ叙事詩ではウトナピシュテム)の子孫として裕福であったことがわかる。

しかし、彼らがウルを去らなければならなかったのはなぜか。理由が、ミドラーシュにあった。

「しもべたちはアブラハムを捕らえるとニムロドに引き渡した。ニムロドはアブラハムに命じた。「火を崇拝せよ!」。するとアブラハムは答えた。「わたしは水を崇拝します。火は水に消されるではありませんか。」ニムロドはまた命じた。「ならば水を崇拝せよ!」アブラハムは答えた。「わたしは雲を崇拝します。水は雲によって運ばれるではないですか。」ニムロドは命じた。「雲を崇拝せよ!」アブラハムは答えた。「では、わたしは風を崇拝します。雲は風によって散らされるではありませんか」。ニムロドはなおも命じた。「風を崇拝せよ!」アブハラムは答えた。「ならば人間を崇拝します。人間ならば風に耐えられましょう。」するとニムロドは言った。「おまえは同じ言葉を繰り返してばかりだ。見よ、炎を崇拝するこのわたしが、おまえを炎の中に投げ入れてくれるわ。おまえが神を崇拝しているのならば、神がおまえを炎の中から救い出してくれよう。」ところで、その場にはアブラハムの弟ハランも同席していた。彼は思った。「わたしはどうすればいいのか? もしアブラハムが勝利したならば、『わたしはアブラハムの僕です』と言おう。もしニムロドが勝利したならば、『わたしはニムロドの僕です』と言おう。」アブラハムは燃えさかる炉の中に投げ入れられたが無事に救出された。するとニムロドはハランに聞いた。「おまえは誰の僕か?」ハランは答えた。「わたしはアブラハムの僕です。」ニムロドの僕たちはすぐさまハランを捕らえると炎の中に投げ入れた。彼が炎から出てきたときには腸までもが焼け焦げていた。彼は同席していた父テラの目の前で死んだ。それゆえ、『創世記』(11章28節)には「ハランは父テラの前で死んだ」と書かれているのである。」— 『ベレシート・ラッバー』 パラシャー38.13(ウィキペディアより)

ここにアブラハム一家がウルを去らなければならない理由があったのだろう。

Googlemap

https://www.google.co.jp/maps/place/House+of+Abraham/@30.9596243,46.1069332,188m/data=!3m1!1e3!4m12!1m6!3m5!1s0x0:0x9b194c06fe82afc0!2z44Km44Or!8m2!3d30.9627523!4d46.1031979!3m4!1s0x0:0x2329e07a87a4e3a!8m2!3d30.9596426!4d46.1074626

アブラハムの住居近くにあるウルのジッグラト

f:id:AdonaiQuoVadis:20160821043950j:plain