神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

 神の臨在(神の至聖所)の中で開かれる聖書の啓示を紹介します。開示できるもののみです。栄光在主!

祈りの中で89 ~アブラハム モーセ ミデアン ダビデ

深夜の祈りの中で、示された幻

1.モーセは、同胞のためにエジプト人を殺し、ミデアン人の地に逃げた。そこで見た燃える柴の中から”YHWH”の御名を聞いた。モーセの妻はミデアンの祭司エトロの娘チッポラ。ミデアンの地は”land of Shasu of YHW”と呼ばれていた。ミデアン人は、アブラハムとケトラの間に生まれたミデアンの子孫である。

創世記25:1-2

アブラハムは再び妻をめとった。名をケトラという。 彼女は ジムラン、ヨクシャン、メダンミデアン、イシバクおよびシュワを産んだ。」

出エジプト記‬ ‭3:2

「ときに主の使は、しばの中の炎のうちに彼(モーセ)に現れた。彼が見ると、しばは火に燃えているのに、そのしばはなくならなかった。」

 2.ダビデは、ウリヤを最前線に送り死なせ、その妻バトシェバを迎えた罪に悩み、ダビデの幕屋で神に礼拝をつづけた。それは、自身の罪の赦しを願うためにほかならない。そして、祈りぬいて、やっと幻を見た。その幻は、自分の子孫である救世主イエスであった。ダビデの祈りが神に届いた瞬間だった。

詩篇51:17

「神の受けられるいけにえは砕けた魂です。神よ、あなたは砕けた悔いた心をかろしめられません。」
‭‭

マタイ22:41ー44

「さて、パリサイ人が共に集まっていた時、イエスは彼らに質問して、言われた、「あなたがたはキリストについてどう思うか? はだれの子なのか?」。彼らはイエスに、「ダビデの子です」と言った。

イエスは彼らに言われた、「それではどうして、ダビデが霊の中でと呼んで、こう言っているのか?

はわたしのに言われたわたしあなたの敵をあなたの足の下に置くまで、わたしの右に座していなさい』。」(回復訳)

わたしのとは、ダビデの末 イエス キリストを指します。そして、ダビデキリスト霊において幻視し、その救いのわざを見ることができたのです。ダビデひとつの目を通して、救い主を見ることができたのです。1000代に至る祝福は、キリストを通してダビデにも至ったと信じます。