神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

 神の臨在(神の至聖所)の中で開かれる聖書の啓示を紹介します。開示できるもののみです。栄光在主!

✟偽りに満ちたこの世からの解放 ~十字架~

あぁ、なんと慕わしい十字架。弟子たちが、みな進んだ道。世人が涙を流す別離ではない。悲しみではない。墓場に向かう虚しさでもない。

全く違う。

十字架は、歓喜そのものだ。愛する方のために生命をかける決意。十字架は、第一と第二の戒めの完成そのものだ。愛の交叉(CROSS)そのものに見える。世の宗教や世人には、決してわからないだろう。十字架を敗北や悲しい死ととらえる者に、この狭き門の救いは見いだせない。

マタイ22:36-40より     

先生、律法の中でどれが大切な戒めですか?」

イエスは彼に言われた、「『心を尽くし、魂を尽くし、思いを尽くして、あなたのであるを愛しなさい』。これが大切な第一の戒めである。第二もそれと同じである.『自分自身のように、あなたの隣人を愛しなさい』。これら二つの戒めに、すべての律法と預言者がかかっている」。(回復訳)

「On these two commandments hang all the law and the prophets.」
‭‭Matthew‬ ‭22:40‬ ‭KJV‬

すべての律法と預言者が架かっているのだ。

 

あぁ、慕わしい十字架よ。偽りに満ちたこの世からの解放。縦木は、心、魂、思いを尽くして神である主を愛する愛。 横木は、自分と同じように隣人を愛する愛。そのCROSSが十字架だ。愛のために張り裂けた心臓。この消え去るべき世(三次元)を超える愛の勝利。此処にすべての律法と預言者が架かっている。十字架がわからないこの世(三次元)に生きる者に、通ることはできない門。クリスチャンも仏教徒イスラム教徒も、十字架のイエスを、悲しい死や敗北と考える者には、この狭き門は見出せない。十字架のイエスは、歓喜の門なのだ。十字架は、決して拝むべき偶像ではない。私の罪の贖いのために血を流される近しい友なる主を、涙の中で仰ぎ見るのだ。その友の愛に、自分も命をもって応えるのだ。愛のCROSS。高次元の昇華された精神の狭き門だ。イエスこそ愛の門だ。この十字架のイエスという門を通って天を垣間見、天父にまみえるのだ。

わたしは門である.だれでもわたしを通って入る者は救われ、また入ったり出たりして、牧場を見いだす。」(ヨハネ10:9)回復訳

【殉教に突き進んだ使徒たち】
ペテロの弟アンデレ:ギリシャではりつけの刑で殉教

バルトロマイ:アルメニアで鞭打ちにより殉教
アルパヨの子、小ヤコブ:イスラエルの神殿で石打の刑で殉教
ゼベダイの子、大ヤコブ:ヘロデにより斬首され殉教
ヨハネ:パトモス島へ幽閉、釈放後老齢で生涯を終える

マタイ:ヒエラポリスで刀で斬られ殉教
ペテロ:ローマで逆さはりつけの刑で殉教
ピリポ:はりつけの刑で殉教
熱心党のシモン:ギリシャで鋸で2つに斬られ殉教

タダイ:アルメニアで斧で撃たれ殉教
トマス:南インドで槍で刺され殉教

イスカリオテのユダ:イエスを裏切り自殺
マッテヤ:ユダの代わりに使徒となったが石打ちの刑の後、斬首され殉教

パウロ:あとから使徒に数えられたが、ローマで斬首され殉教

*以上、聖書記事と伝承による

 

彼らは、なぜすすんで殉教して行ったのか?

 アンデレの殉教から、学びましょう。

 アンデレは、7人の兵士にひどくむち打たれたあと、彼らはアンデレの苦しみを長引かせるためにひもで彼の体を十字架にくくりつけました。彼が十字架に引かれて行ったとき、彼は次のようなことばをもって十字架にあいさつしたと彼の弟子たちは報告しています。「私は、この至福の時を長いこと待ち望んできた。十字架は、キリストのからだがかけられたので、神聖なものとなったのだ。」アンデレは、迫害する人々に死ぬまでの二日間、説教し続けました。アンデレが、十字架上で二日間も語り続けたわけは、彼が聖霊に満たされていたからです。死など恐れない、やがて来る天の栄光を垣間見て、十字架を至福と言えるほどの満たし。天国人の生きざまが見えます。

パウロはガラテヤ書でこう言っています。

ガラテヤ6:14

「しかし、わたしには、わたしたちのイエス・キリストの十字架以外に、誇るようなことが断じてあってはなりません.そのを通して、この世はわたしに対して十字架につけられ、わたしもこの世に対して十字架につけられてしまったのです。」(回復訳)

この「誇る」という言葉は、「喜ぶ」とか「大喜びする」と訳すことができるそうです。

「わたしには、わたしたちのイエス・キリストの十字架以外に、喜ぶことが断じてあってはなりません.そのを通して、この世はわたしに対して十字架につけられ、わたしもこの世に対して十字架につけられてしまったのです。」

十字架は、喜びです。大きな喜びです。この肉の死と偽りが支配する厭な世から、解放される愛の門です。十字架は、通過すべき門です。

そして多くの聖徒たちは、喜びをもって進んで十字架へ向かったのです。彼らはキリストの死と同形化され、栄光に満ちた天国の永遠の命を賜ったのです。ハレルヤ!

ピリピ3:10-11

キリストの復活の力との苦難の交わりとを知り、の死に同形化されて、何とかして、死人の中からの格別な復活に到達するためです。」

ピリピ3:21

キリストは、万物を彼ご自身に服従させることができるの活動によって、わたしたちの卑しい体をも変貌させ、それをの栄光の体に同形化してくださいます。」(回復訳)

私も、キリストに倣い、多くの聖徒のように、聖霊に満たされて天を待ち望む者になりたい。バール シェム トブのように、死んでからも多くの人々に現れるような、天地や時間を超越した栄光体に変えられたいと願うものです。

f:id:AdonaiQuoVadis:20170129093056j:plain

 ~But God forbid that I should glory, save in the cross of our Lord Jesus Christ, by whom the world is crucified unto me, and I unto the world.~

Oh, what a beloved cross. The way which every saints went  through . It is not the separation that people shed tears. It is not sorrow. It is not emptiness in the graveyard.
Totally different.
The cross is delight itself. It's the perfect "Love". The determination to give up your life because of "Love".
Matthew22:36-40
~Master, which is the great commandment in the law?
Jesus said unto him, Thou shalt love the Lord thy God with all thy heart, and with all thy soul, and with all thy mind.
This is the first and great commandment.And the second is like unto it, Thou shalt love thy neighbour as thyself.On these two commandments "hang" all the law and the prophets.~

On the CROSS  "hangs" all the law and the prophets.
 I think CROSS  itself is the cross of two commandments. The vertical pillar
is the Love towards the Lord. The horizontal bar is the Love for your  neighbours.
Most people never know this. The person who regards the cross as defeat and death cannot find this narrow gate.