神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

 神の臨在(神の至聖所)の中で開かれる聖書の啓示を紹介します。開示できるもののみです。栄光在主!

✟祈りの中で97 ~偽善者よ目の梁を取り除け

今日は、実生活の中で自身には何も良いものがないことを体感しました。都合の悪いことに嘘をつく自分。やっぱり「自分には何も良いものはない」。そして、聖霊様と主のご臨在を意識しなければ、まちがいなく肉のアダムが出てくるのです。本当に残念な者です。

「『わたしは彼を知っている』と言いながら、彼の戒めを守らない者は、偽り者であって、真理はその人の内にありません.」Ⅰヨハネ2:4(回復訳)

まったく、自身は偽り者でしかないのです。しかし、贖われた今、もはや自分を見ているヒマはないのです。

ここ数日、「目の中の梁」について聞いていますが、礼拝の中でインスピレーションが来ました。マタイ7章より。

7:3なぜ、あなたの兄弟の目にある❶ちりを見ながら、自分の❷目にある❸梁に気づかないのか?

7:4見よ、❸梁があなたの目にあるのに、どうしてあなたの兄弟に、『あなたの目から❶ちりを取らせてください』と言うことができようか?

7:5偽善者よ、まずあなたの目から❸梁を取り除きなさい.そうすれば、あなたは、❹はっきり見えるようになって、あなたの兄弟の目から❶ちりを取り除くことができる。マタイ7:3-5(回復訳)  

 「❸梁(はり、りょう)とは建物の水平短径方向に架けられ、床や屋根などの荷重を柱に伝える材」とあります。それは、水平に架けられる木材です。なぜ、❷目の中の❶「ちり」と比べて❸「梁קורה」があると言ったのでしょうか。「大きなごみ」「木切れ」「とげ」「丸太・柱」でもいいのではないでしょうか。よりによってあまり馴染みのない❸「梁」と言う言葉を遣うのには、何か理由があるはずです。

❷目の中の❸梁とは、十字架の横木のようです。それは、縦の柱とクロスします。縦の柱は、天へ向かうベクトルです。天を見て、天を仰ぎ、天に向かうものです。そして、❸梁(横木)は、左右に水平に向かうベクトルです。梁とは、天に向かわずに、水平にこの世を見渡す世に向かう❷目、世にとらわれた目です。天ではなく、世を見る❷目では、主イエスの言ったように、その闇はどんなに暗いことでしょう。

偽善者よ、あなたの❷目に❸梁があるから、はっきり見えないと言っています。「❸梁を取り除きなさい.そうすれば、あなたは、❹はっきり見えるようになる」と言っています。❸梁(横木)のように、つまり、この世を地面に平行に見渡しているから、はっきり見えないと言っているのでしょう。❸梁(横木)ではなく、天へと目を注いでいれば、光が射して見えるようになります。この世の一時の不都合によって嘘をついたり、この世の価値観で生きることもなく、兄弟の方向を見て兄弟のあらを探し裁くこともないはずです。

そして、天に目を向けつづけるなら、兄弟の目からも❶ちりを取り除くこと=天へ目を向けるように導けるのでしょう。この世とのしがらみで自身がゆがめられ、嘘をつき、罪を犯す。それは、この世に❷目を向けているからなのでしょう。私自身の罪の性質は、この世との関係で構築されてしまいます。しかし、天に向かう縦の柱、第一の戒めである「心を尽くし、魂を尽くし、思いを尽くして、あなたのであるを愛しなさい。」マタイ22:37が優先されるべきなのでしょう。心を尽くし、魂を尽くし、思いを尽くし愛するには、であるを見つめ続けることが、鍵となるはずです。

「わたしたちの信仰の創始者、また完成者であるイエスを、ひたすら見つめていなさい.ご自分の前に置かれた喜びのために、恥をもいとわないで十字架を耐え忍び、そしての御座の右に座しておられるのです。」へブル12:2(回復訳)

偽善者にならないためには、この世に目を向ける横方向の❸梁を取り除き、縦方向の天に目を向け、をひたすら見つめ続けることなのですね。そして、主を思うときに、はっきり見えるようになり、自分と同様に隣人を愛することが可能になるのですね。他に目をうばわれやすいこの者も、早くそんな生き方をしたいものです。

adonaiquovadis.hatenablog.com

f:id:AdonaiQuoVadis:20170402225433j:plain