読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

 神の臨在(神の至聖所)の中で開かれる聖書の啓示を紹介します。開示できるもののみです。栄光在主!

M・マクドナルド・ベインの危険性

M・マクドナルド・ベイン著「心身の神癒」を読んでいます。まず、この書物にあるような霊的な異象が実際に起こっているのなら、それは注意が必要だと感じました。ベイン氏が、トランス状態に入る際に使うのは、降霊術のようです。彼の語った預言が、長年の祈りから深化した礼拝からでなく、単に降霊術によるものであるならば、注意すべきです。特に周囲で見守る人たちが証言するいくつかの目に見える異象については、気を付けなければなりません。例えば、一緒にいた霊媒者のギルバート夫人がこのように言っています。「こんなにも天楽(天の音楽)の音をはっきりと拝聴したことも今までにありません」。天楽の音とは、つまり天の音楽のように聞こえるものです。また、バゴット・スミス嬢の証言にも「主様がお話になる時その後で天楽の音が奏でられるのを聞いた」と言っています。実は、天の音楽が聞こえる危険性について、インドの聖人サンダー・シングは、霊界参入における危険性の中で以下のように述べています。

「喜悦に入る前には、天界の霊的言語によってではなく、この耳でいろいろな声を聞き、光を見たり、音楽が聞こえるということがよくあった私は、これらがサタンとその他の邪霊によるものと見分けた。

また、同じバゴット・スミス嬢の証言の中に、「先生の後に、輝かしい色の彩光を見た人も何名かいました。それは紫と金色に波打ち、目が駄目になりはしないかと思われるほどの輝かしさでございました」とあります。しかし、サンダーは、「光を見たといっても、真の光でなかった。このような経験が神によるものか否か識別するものが、心の中にある。声を聞くや否や、それがキリストの御声でないことがわかった。羊は飼い主の声を聞き分ける。」と同じく「聖なる教え」の中で語っています。

💛重要)霊を見分けよ!~霊界参入に伴う危険について SS2 - 神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

実際にベイン氏のトランス状態での預言を聞けばわかるでしょう。こちらのサイトで聞いてみてください。

Murdo MacDonald Bayne, downloads

Unearth Your Emotions.mp3

聞いていると気分が悪くなります。また、本人と違う声も聞こえます。

サタンは光の天使に化けます。「しかし、驚くには及びません.なぜならサタン自身、光の天使に偽装するからです。」Ⅱコリント11:14

ベイン氏の本は降霊術によって書かれたものであり、本文の中には世界を覆う遍在する神の愛や十字架についても説かれています。それは、一見喜ばしいものです。しかしながら、疑問なところもあり、一番大切な部分が理解しにくいのです。それは、心の中の真我についての記述です。彼が言う真我は、キリストのことを指しています。しかし、どうも心のキリストを指しながら、その実は異なるようです。パウロは、❶内なる人の成長について、ローマ書や第Ⅱコリント書の中で述べています。大切なのは、❶内なる人の成長です。パウロは以下のように述べています。

「こういうわけで、わたしたちは落胆しません.それどころか、わたしたちの外なる人が朽ちていっても、わたしたちの❶内なるは、❷日ごとに新しくされていきます。なぜなら、わたしたちの受けるつかの間の軽い❸患難は、ますます卓越した永遠の重い栄光を、わたしたちにもたらすからです.」Ⅱコリント4:16-17(回復訳)。

ベイン氏は、我々の心の中にはすでに完成された真我があると説いています。しかしながら、この真我は、み言葉によって育つものであり、❷日々新たにされるものです。ベイン氏が言っている真我は、フロイトが言う超自我と同じようです。超自我とは生まれ持って育った深層の自我であり、それは肉のアダムから引き継いだものです。

この本の教えでは、無意識の自我をあたかも真我と間違えて、神様のように扱ってしまう危険性があります。つまり、真我と称して、それが実際には自分の欲望や肉的なものやせいぜい自分の良心である可能性が高いと言うことです。

 本当は神の声を聴かなければいけないのに、深層の自我へ向かってしまうのです。それはつまり、パウロが言う❶内なる人を育てることがなく、代わりに自分自身の気持ちに忠実になるだけだと思いました。ここでも90%の真理に10%の嘘がまぶしてあります。

大切なのは、み言葉を深く理解し、まず聖霊バプテスマを経験し、❶内なる人を育てるということです。そのために必要なのはまず、羊飼いの声を聞くということです。それは、すなわちきちんと聖書を、それも新約聖書福音書4巻をしっかりと読み、聖霊を求め、受けることです。聖霊を受けたら、内なる人が現れます。イエスが語られた言葉のから、み言葉が打ち開き、この❶内なる人を育てる栄養素を得ます。それから内なる人に聞く生活が始まるのです。

特に聖霊バプテスマを受けていない者は、まだキリストご自身が心に降臨しないうちに、真我があるように錯覚すると、神の御旨とは異なる方向へ向かってしまい大変危険です。そんな深層の自我の声を聞いて、おかしな宗教を作り出している輩が多いのがこの世界の現実です。

ただ深層の肉の自我の声だけに従って好き勝手な生き方をすることは大変危険なことです。もし、声が聞こえるなら、聖書を読んでその声が正しいかどうかを判別しながら、❷日々新たにされるべきです。真我で満足させるような話は、❶内なる人の成長を妨げることになります。聖書では、聖霊バプテスマは完成ではなく、内なる人を建て上げる始まりの状態です。❶内なる人は、その後の❸患難やみ言葉の訓練で、聖化→栄化へと進み、み言葉の奥義に通じた大人に成長しなければならないのです。そして、霊→魂→身体に変革を与えるまで、成長して行くべきものです。

ただし、ベイン氏の話には、90%の真理の中に愛について書かれたものがあります。ときに愛の実践は、どんなに奥義に長けていても、及ばないほどの恵福をもたらします。頭でわかっていなくても、心から愛の実践に向かう者たちを、神は放っておきません。主の栄光があとから追いかけてくるのです。この奥義は、決して忘れてはならないのです。あれこれ言うより、愛の実践こそ尊いのですね。

霊を見分けよ!↓

http://adonaiquovadis.hatenablog.com/entry/2016/03/06/162254