読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

 神の臨在(神の至聖所)の中で開かれる聖書の啓示を紹介します。開示できるもののみです。栄光在主!

✟十字架 〜神と人への愛に引き裂かれた心臓

祈りの中で示された十字架。

十字架は、愛のクロスだ。縦の木は、父なる神に向かう愛。横の木は、人類に対する深い愛とあわれみ。その二本の木は、ともに強いベクトルとして縦、横に引っ張り合う。縦木は天に向かう愛、横木は、世人に向かう愛。その縦と横の強い引き合いがキリストの心を裂いた。十字架の愛は至高の愛だ。

心を尽くし、魂を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛する愛。隣人を自分と同じように愛する愛。この二つの愛が、大きなジレンマとなる。主は、聖なる方、主に向かうなら、義を貫き、聖であるべきだ。しかし、この世を見ると、罪に汚れ病み、死に向かう多くの人、人、人。彼らを救うためには、彼らの罪汚れ病いを負い、燔祭の生贄として、自らの身体と命を献げる愛が湧きおこる。「父よ、彼らをお赦しください.彼らは自分が何をしているのか、わからないのですから」。しかし、罪の燔祭になることは、父の愛や父との関係が切られることだ。「エリ、エリ、レマサバクタニ」。十字架に架けられたキリストの心臓は、二つの愛に裂かれんばかりだ。どうにもならない愛の葛藤。世人の救いのため、父から捨てられ、そんなキリストの心が張り裂けて、心臓が、十字架にクロスした愛のベクトルで引き裂かれた。縦方向の力と横方向の力に引き裂かれた。ローマ兵が槍で突くと、裂かれた心臓のゆえに、体内の血と水が分離して脇腹から流れ出た。

この三次元の世界に生きる者たちにとっても、同様の葛藤を感じることがあります。主なる神に従いたいが、隣人のために成さなければならないことがある。そんな葛藤を感じたことはありませんか?しかし、われわれは、キリストのように、父との関係を切られることはありません。われわれの十字架は、負いやすいのです。

マルコ8章より
8:34 それから、イエスは群衆を弟子たちと共に呼び寄せて言われた、「だれでも❶わたしについて来たいと思うなら、自分を否み、自分の❷十字架を負い、❶わたしに従って来なさい。
8:35 だれでも❸自分の魂の命を救おうとする者はそれを失い、❶わたしのため、また❹福音のために、❸自分の魂の命を失う者はそれを救う。
8:36 人が全世界を手に入れても、❸自分の魂の命を失ったなら、何の益があるだろうか?
8:37 人は❸自分の魂の命と引き換えに、❺何を与えることができるだろうか?マルコ8:34-37(回復訳)

❶イエスに従ってきたいなら、自分の❷十字架を負えと言っています。❶わたし(イエス)のため、また❹福音のために、❸自分の魂の命を失う者はそれを救うと語っています。

❶主のため、主を愛する第1の戒めのためと、❹福音のため、隣人の救いのため、隣人を愛する第2の戒めのため❸自分の魂の命を失う者はそれを救うと語っています。

そして、見過ごしてはならない、大切な質問をしています。「人は❸自分の魂の命と引き換えに、❺何を与えることができるだろうか?」「Or what shall a man give in exchange for his soul?」Mark‬ ‭8:37‬ ‭KJV‬‬

全世界を手に入れても、自分の魂にはかえられないのに、一体、魂と引き換えに何を与えることができるだろうか?

この質問に実際に答えられなければ、自分の魂は、救えないのかもしれません。

あなたは、自分の❷十字架を負えますか?

主が救ってくださった。それで充分。十字架はイエス様にまかせて....これでは義認までの段階で、幼子のままかもしれません。

❶主と❹福音のために、❸自分の魂の命を失う者はそれを救うと言っているのです。❷十字架は、❶主と❹福音のためのクロスです。❶天の主を愛し、地の世人を愛し、隣人の救いを願い、❹福音のため奔走する。そのために心が引き裂かれんばかりの愛。全世界を手に入れても、自分の魂を失えば空しい。しかし、愛のために自分の魂の命を失うなら、それを救うのですね。天父は、愛のために心引き裂かれる者たちを待っています。思い煩いではない。愛のゆえに心動くことです。愛が湧いて湧いてしようがない。愛の衝動で奔走するマザー・テレサしかり、ダミエン神父しかり、先日紹介した中村哲医師やカナン教会のみなさんもそうでしょう。愛の衝動で、心砕き、神の国を広げていく。それが、主の言う自分の十字架を負うことなのですね。❷十字架を負うとは、天国人の持つ至高の愛を負うことなのですね。助け主なる聖霊さま、慕わしい十字架を、至高の愛を私にも負わせてください。

f:id:AdonaiQuoVadis:20170430000234j:image

たとえ、人々の異言、天使たちの異言を語ろうとも、愛がなければ、私は騒がしいどら、 やかましいシンバル。たとえ、預言する賜物を持ち、あらゆる神秘とあらゆる知識に通じていようとも、たとえ、山を動かすほどの完全な信仰を持っていようとも、愛がなければ、無に等しい。全財産を貧しい人々のために使い尽くそうとも、誇ろうとしてわが身を死に引き渡そうとも、愛がなければ、わたしに何の益もない。
 愛は忍耐強い。愛は情け深い。ねたまない。愛は自慢せず、高ぶらない。礼を失せず、自分の利益を求めず、いらだたず、恨みを抱かない。不義を喜ばず、真実を喜ぶ。すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてに耐える。
 愛は決して滅びない。預言は廃れ、異言はやみ、知識は廃れよう、わたしたちの知識は一部分、預言も一部分だから。完全なものが来たときには、部分的なものは廃れよう。幼子だったとき、わたしは幼子のように話し、幼子のように思い、幼子のように考えていた。成人した今、幼子のことを棄てた。わたしたちは、今は、鏡におぼろに映ったものを見ている。だがそのときには、顔と顔とを合わせて見ることになる。わたしは、今は一部しか知らなくとも、そのときには、はっきり知られているようにはっきり知ることになる。それゆえ、信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る。その中で最も大いなるものは、愛である。Ⅰコリント13章(新共同訳)  

何という御言葉でしょう。アァメン。アァメン。アァメン。

あぁ、何ということか、愛と合一する経験だ。愛が身体に注ぎ込んでくる!キリストは、甘美だ。主の愛が満ち溢れてくる!