神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

 神の臨在(至聖所)の中で開かれる聖書の啓示を紹介します。開示できるもののみです。栄光在主!

トマスの福音書23① ~フィールドを返せとやって来る

継続してトマスの福音書を訳し、解説しています。

原文は古いコプト語ですので、表示できません。英訳したものを載せます。

23節

> Said-Mariam to-JS23 this: Do-your(sg)-disciples resemble whom?

> Said-he this They-resemble (  )-small-children ( )dwelling in-a-field which-theirs not is.

> When they-should-come, viz-the-Lords of-the-field, they-will-speak this- "Give-our-field back to-us." > They, ( ) -strip naked in-their-presence ( ) that-they-give-her back to-them &-they-give-their-field to-them. > Therefore, I -speak of-it thus: If-he

-should-realize, viz-the-Lord-of-the-house, that he-is-coming, viz--the-robber, he-will-keep-watch before-he-come &()-not-permit-him to-tunnel in to-his-house of-his -kingdom that-he-take his- goods. > You(pl), hwvr, keep-watch from-the-beginning of-the-world; > bind-you(pl) onto-your(pl)-loins in-a-great power, so that not-the-thieves fall on(a)road to-come upto-you(pl), because the-help which-you(pl)-look outward for-her, they-will-fall upon-her. > Let-him-come-to-be in-your(pl)-midst, viz-a-man (of)understanding. > When-the-fruit split(open), he-came in -a-hurry, his-sickle in -his-hand; he-reaped-him. > He-who-has-ear of-him to-listen, let-him-listen.

 

23節直訳

JS23 マリアはイエスに言った。「あなたの弟子たちはだれに似ていますか」。

彼は彼女に言った。「彼らは、()自分たちのものでない❶畑(フィールド)に住んでいる()小さな子供たちに似ている。彼らが来なければならないとき、即ち、その畑(フィールド)の❷主人たちが来ると、彼らはこう言うだろう。『わたしたちの畑(フィールド)をわたしたちに返しなさい』。

彼らは、畑(フィールド)を返すために彼らの❸面前で()裸になり、()畑(フィールド)を彼らに返す。それゆえに、わたしはあなたがたにこのように言う。もし彼が気づいていれば、即ち❹家の主人は、彼が来ようとしているのを、即ち❺強盗が。彼は、強盗が来る前に見張り続け、彼(強盗)が彼(主人)の❻王国の家に穴を開け、❼財産を運び去ることを()許さないであろう。あなたたちは、しかしながら、世の始まりから見張り続けなさい、強い力で❽腰をしめなさい、盗人があなたたちに近づくために道に伏さないように、なぜならば、あなたたちは家のために、彼らが家に襲いかかるのを外で見張る助け手なのだ。 彼にあなたたちの真中に来させなさい、即ち❾悟りのある者に。 ❿果実が割れたとき、彼は大急ぎで手に鎌を持ち、来ました; 彼は、❿果実を収穫しました。 耳のある者は、聞くがよい。」

 

 難解です。

 キーワードを探っていきましょう。

最初に、Mariam=マリアが質問します。聖母マリアか、マルタの妹のマグダラのマリアかというと、イエスたちに同行していたマグダラのマリアと考えられます。

「弟子たちはどんな者に似ているか」の質問に対して、彼(イエス)は彼女(マリア)に言った。「彼らは、自分たちのものでない❶畑(フィールド)に住んでいる小さな子供たちに似ている。」~つまり「弟子たちは、自分のフィールドでないところにいる子供たちだ」と言っています。フィールドは、野、畑、領域など訳がたくさんあります。しかし、福音書では、畑と訳すことが普通です。

弟子たちは、どこに所属するのでしょうか。

マタイ福音書13章では、

そこで、エスは彼らに言われた、「こういうわけで、❹天の王国の弟子となったすべての聖書学者は、自分の倉から新しい物と古い物を取り出す❹家の主人のようなものである」マタイ13:52(回復訳)とあります。

ここで聖書をよく理解した弟子たちの所属が❻天の王国だとわかります。また、❹家の主人についても書いてあります。新しい物と古い物を倉に蓄えた❹家の主人ということでしょうか。

弟子たちは、この世ではなく、❻天の王国に属するわけです。つまり、今いるこの世は、仮の住まいであり、彼らのものでないことになります。それで、この世界のもともとの❷主人たちが、今、弟子たちがいるこの世の❶畑(フィールド)を返せとやってくるということです。弟子たちは、つまりこの世で❶畑を借りている小作人のようなものなのでしょうか。

では、❷畑の主人たちが返せとやってくるのは、いつでしょうか?

マタイ24章にトマス23節の後半と同じ箇所があります。

「しかし、このことを知っておきなさい.❹家の主人は、❺盗人の来るのがどの夜回りの時であるかを知っていたなら、目を覚ましていて、❻自分の家に破って入り込ませはしないであろう。

だから、あなたがたも用意していなさい.思いがけない時に、⓫人の子は来るからである。」マタイ24:43-44(回復訳)

上の箇所から、時期は、⓫人の子の来る「再臨」の時です。ここでの❺盗人は⓫人の子をさしているように見えます。しかし、❺盗人=人の子と言うわけではないようです。以下の句があるからです。

 「❺盗人が来るのは、盗んだり、殺したり、破壊したりするためにほかならない.⓫わたしが来たのは、羊が命を得、しかも豊かに得るためである。」ヨハネ10:10(回復訳)

❺盗人が来るのは、盗んだり、殺したり、破壊したりするためで、⓫わたし(人の子)が来たのは、羊が命を得るためと言っています。

つまり、死をもたらす破壊者である❺盗人と⓫命を救う救世主である人の子は、再臨の時に同時に来るということでしょうか。

この❶畑(フィールド)の❷主人たちとは、誰でしょうか。

ルカ20章につぎのような譬えがあります。

そしてイエスは民衆に、このたとえを語り始められた、「❷ある人が❶ぶどう園を造り、それを農夫たちに貸して、かなりの期間よその国へ出かけた。
時季が来たので、❷彼は❶ぶどう園の収穫を納めさせるために、一人の奴隷を農夫たちに遣わした.ところが、農夫たちは彼を打ちたたき、空手で帰した。❷彼はもう一人の奴隷を遣わしたが、彼らはその者も打ちたたき、侮辱して、空手で帰した。
❷彼は三番目の者を遣わしたが、彼らはこの者をも傷を負わせて放り出した。
そこで、❷ぶどう園の主人は言った、『どうしよう? わたしの愛する息子を遣わそう.おそらく、この子なら敬うだろう』。
しかし、農夫たちは彼を見ると、互いに論じ合って言った、『これは跡取りだ.彼を殺そう.そうすれば、その嗣業はわれわれのものになる』。
❶彼らは彼をぶどう園から放り出して殺した。さて、❷ぶどう園の主人は彼らをどうするであろうか?
❷主人はやって来て、この農夫たちを殺し、その❶ぶどう園をほかの人たちに与えるであろう」。彼らはこれを聞いて、「そんなことは決してあってはなりません!」と言った。イエスは彼らを見つめて言われた、「それでは、『家を建てる者たちの捨てた石、これが隅のかしらになった』と書かれているのはどういうことか?ルカ20:9-17(回復訳)

この譬えは、外遊した❶ぶどう畑の❷主人と畑を任された農夫たちの話しです。詳しい解説は、省きますが、❷主人=天の神様、農夫たち=ユダヤ教の祭司たち、奴隷=神の使い・預言者、わたしの愛する息子=神の子イエス、ぶどう園・畑=この世、ほかの人たち=キリスト教会  を指すことがわかります。また、第1ヨハネの5:19‬ には、

「わたしたちはから出た者であり、そして全世界は悪しき者の中に横たわっていることを、わたしたちは知っています。」‭‭第1ヨハネの5:19‬ ‭(回復訳)とあります。

この世は、悪しき者の中に横たわっていると言っています。悪しき者=悪い農夫たちなのでしょう。今も、地上には戦争や悲惨な事件、貧困、不平等が満ちていることを思うと頷けます。

 また、良く似た箇所が、ルカ12章にもあります。一度目を通すと理解が深まります。

「35 あなたがたは❽腰に帯を締め、ともし火をともしていなさい.
36 ❹自分の主人が婚宴から帰って来るのを待っていて、来て戸をたたいたなら、すぐに開くことができる人たちのようでありなさい。
37 ❹主人が来た時に、目を覚ましているのを見られる奴隷たちは幸いである。まことに、わたしはあなたがたに言う.❹主人は自ら❽帯を締め、彼らを食卓に着かせ、来て彼らに給仕してくれる。
38 また、彼が第二の夜回りの時か、第三の夜回りの時に帰って来ても、奴隷たちがそのようであるのを見られるなら、幸いである。
39 しかし、このことを知っておきなさい.❹家の主人は、❺盗人の来るのがどの時刻であるかを知っていたなら、❻自分の家に破って入り込ませはしないであろう。
40 あなたがたも用意していなさい.思いがけない時に、⓫人の子は来るからである」。ルカ12:35-40(回復訳)

キーワードをまとめてみます。 

 ❶畑=この世

 ❷畑の主人たちpl=エロヒム(創世記3:8)

❹家の主人sing=天の王国の弟子、聖書学者

❺強盗、盗人=破壊者、略奪者

❻王国の家=神の支配される家、神殿、宮、教会(ヨハネ2:16)、各自の心

❼財産=実、収穫

 「 もし盗びとがあなたの所に来、強盗が夜きても、彼らは、ほしいだけ盗むではないか。ああ、あなたは全く滅ぼされてしまう。もしぶどうを集める者があなたの所に来たなら、彼らはなお余りの実を残さないであろうか。」オバデヤ1:5

 ❽腰を締める=腰に帯を締め、ともし火をともしていなさい.ルカ12:35

❾悟りのある者=⓫人の子(キリスト)、聖霊

➓果実、実=救霊の実、成長した魂

この節だけでなく関連する聖書箇所も難解ですが、キーワードを入れて 意訳してみます。

23意訳

JS23 マリアはイエスに言った。「あなたの弟子たちは、だれに似ていますか」。

エスはマリアに言った。「弟子たちは、自分たちのものでない❶畑(フィールド)に住んでいる小さな子どもたちに似ている。その❷畑(フィールド)の主人たち(エロヒム)が来ると、彼らはこう言うだろう。『わたしたちの畑(この世のフィールド)を返しなさい』。

子どもたちは、畑(フィールド)を返すために、畑の主人たち(エロヒム)の❸面前ですべてを奪われ裸になり、畑(フィールド)を畑の主人たち(エロヒム)に返すのです。(その時、破壊者もやってきます)、それゆえに、わたしはあなたがたにこのように言う。もし❹家の主人(聖書を学ぶ天の弟子たち)が、❺強盗(破壊者)が来ようとしているのを気づいていれば、家の主人(天の弟子たち)は、強盗が来る前に見張り続け、強盗が主人(天の弟子たち)の❻王国の家(教会)に穴を開け、❼財産(収穫、魂)をゲヘナへ運び去ることを許さないであろう。あなたたちは、しかしながら、世の始まり(早朝)から見張り続けなさい、強い力で❽腰帯を締めなさい。❺盗人(破壊者)があなたたちに近づくために道に伏さないように。なぜならば、あなたたちは、彼らが❻家(教会)に襲いかかるのを外で見張る助け手なのだから。 ❾悟りのある者(キリスト・聖霊)を、あなたたちの真中に来させなさい。 (畑の収穫の)❿実が熟すると、❾悟りのある者は大急ぎで手に鎌を持ち、やって来て❿実を収穫しました。耳のある者は、聞くがよい。」

 

畑の主人たち(所有主)=エロヒム、強盗(盗人)=破壊者、悟りのある者=キリストは、同時にやって来るのでしょうか。つまり、悪に支配されたこの世を、エロヒムが取り返しに来ます。同時にこの世の破壊者が教会に穴を開け、迫害し、教会の財産、魂を奪います。そのとき、救い主キリストが中心にある教会は、家の主人(天の弟子たち=聖書学者)が教会の外を見張り、教会を破壊者から守ります。悟りのある者は、魂が熟したら、大急ぎで畑の魂を収穫しに出て行くのです。

※終末の内容は難解です。まだ、確信がありません。23②へ続く。

 

 🌾今年も葡萄が実り始めました。 夏が近いのです。

f:id:AdonaiQuoVadis:20170618101754j:image