神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

 神の臨在(至聖所)の中で開かれる聖書の啓示を紹介します。開示できるもののみです。栄光在主!

トマスの福音書3② ~王国を見るひとつの眼 

以前に扱ったトマスの福音書3の意訳の続きを載せます。

 2015年6月に、この内容の重要性をFBに出しました。その頃は、理解できず批判する者もいましたが、最近やっと世間で「御国の福音」についての重要性が認知されだしたのがわかります。2年前にはだれも意識せず、語っていなかったこの「ひとつの目」「天国」「神の国」「臨在」の重要性は、私も2013年9月から始めたトマスの福音書解釈の中で示されたものでした。主に示されてこのブログを開示する理由が、ここにありました。トマスの114節の文章は、聖書を解くための鍵とも言えます。実は、開示された記事しか載せていません。主の御旨にそってみ言葉に照らして開示していきます。世界には、最近同じ啓示を受ける方が複数現れてきているので、少し安心し、心強く思っています。でも、自身はまだ満足していません。キリストの奇跡力と天国の祝福を、イエスを信じる者皆が体現することを目標にしていきたいのです。

トマス3節にもう一つの解釈がありますので、載せます。
 3節
* S a i d-JS03 this: If-they-should--speak to-you(pl), viz-those-who- -lead before yourselves,this- " Behold, is-the- -kingdom in-the-sky", then the-birds will-become-first before-you(pl) of-the-sky. > If-they-should-speak to-you(pl) this- "She(is)in-the-sea", then the-fish will-become-first before-you(pl)., the-kingdom, she(is)of-your(pl)-inner, and> she(is)of-your(pl)-eye(outer). > When you ( pl)-should-know-yourselves, then they-will-know-you(pl), and you(pl)-will-realize that you(pl) are the-sons of-the-father who-lives. > If, hwvr, you(pl)-will-know-yourselves not, then you(pl)-exist in(a)poverty, and you(pl) (are) the-poverty.

 

3 直訳

「イエスはこう言われた:たとえ彼らがあなたがたに話しても、即ちあなたがた自身を導く者が、このように『見よ、❶王国が空にあるぞ』、それなら鳥が空であなたがたよりも前に最初になるだろう。たとえ彼らがあなた方に話しても、このように『❶王国は海の中にある』、それなら魚があなたがたよりも前に最初になる。❶王国は、あなたがたの❷内部にある、そしてあなたがたの❸眼(=外側)にある。あなたがたが自分自身を❹知るときに、彼らはあなたがたを❹知るだろう。そしてあなたがたはあなたがたが❺生ける父の子らであることを気づくだろう。しかしながら、あなたがたが自分自身を知らないなら、それならあなたがたは貧しさの中にいる。そしてあなたがたは貧者である。」

トマス3①で紹介したものと、ほぼ同じですが、❸眼(=外側)の解釈を単数の「ひとつの目」として意訳してみます。読者は、すでにご存じと思いますが、ひとつの目とは、マタイ伝6章に出てくるものと一緒です。日本語訳のほとんどが、'single 'を「澄んでいれば」と意訳していますので、使いものになりません。そこでキングジェームスから直訳します。 The light of the body is the eye: if therefore thine eye be single,thy whole body shall be full of light. But if thine eye be evil,thy whole body shall be full of darkness. If therefore the light that is in thee be darkness, how great is that darkness. No one can serve two masters: for either he will hate the one, and love the other; or else he will hold to the one, and despise the other. Ye cannot serve God and mammon.(kjvマタイ6:22-24)  上記を直訳:「肉体の明かりは目です。もしあなたのひとつの目が単一なら、 あなたの全身は光で満たされるでしょう。しかし、もしあなたのひとつの目が悪に向くなら、あなたの全身に闇が満ちるでしょう。それは、なんと大きな闇か。だれも二人の主人に仕えることはできません。一方を憎み、他方を愛するからです。または、一方に親しんで、他方をうとんじるからです。あなたは神とマモン(金銭やこの世の富)とに兼ね仕えることはできません」。  肉体の目は実際には2つですが、ここで「ひとつの目」と言うのは、心の目を指すものです。それが複眼でなく単一であれば、単一の方向に向けることができ、全身に光があふれると言っているのでしょう。その目の方向が、悪に向けば、全身が暗闇に覆われます。ではどこを見れば光が満ちるのでしょうか。それは悪"evil"の反対で、善であり光に満ちている神様の方向です。この箇所は、すぐ前のマタイ6:20-21の「天に宝をたくわえなさい。あなたの宝のあるところには、心もあるからです。」の箇所にも繋がり、金銭や世の財産に心奪われる人間の暗さを示し、そんな朽ちるものではなく「心を天に向けよ」と言っています。そのあとの福音の骨子でもある6:33「まず神の国と神の義を求めなさい」にも繋がります。  ああ何ということでしょう。心の目を「暗いこの世の悪やこの世の富」に向けるのでなく、「天国」に向かって見開いたなら、窓が開くように「全身に光があふれる」というのです。また、トマスの福音書には、「隠されているものが明らかにされる」と書いてあります。この箇所は、天国を知り、隠された奥義を垣間見るようにとイエスが勧めているところなのです。  敬愛する師がたどり着いた「単一の目=身体の光=天国への窓」の解釈です。どうぞ祈りと瞑想の中で、心を天国に向けてください。もし、わからない方は、以下を参考にしてください。

 

レーマを読み解く6 ~心の目で天国を見る方法 - 神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

ここでは、ひとつの目をマタイ6:22にある句から、「天国を垣間見る目」ととらえます。

 

3② 意訳

「イエスはこう言われた:たとえあなた方を導く者たちが『見よ、❶王国が空にあるぞ』と言っても(行くな)、それなら鳥が空であなたがたよりも前に最初に王国に入るだろう。たとえ彼らが『❶王国は海の中にある』と言っても(行くな)、それなら魚があなたがたよりも前に最初に王国に入る。❶王国は、あなたがたの❷内部にある、そしてあなたがたの❸ひとつの眼にある(心の目を単一の方向に天国へ向け、天の王国を見るなら)。あなたがたが自分自身(を照らし出されて)自分を❹知り、王国の住民(生ける父の子ら)もあなたがたを❹知るだろう。そしてあなたがたはあなたがたが❺生ける父の子らであることに気づくだろう。しかしながら、あなたがたが自分自身を知らないなら、それならあなたがたは貧しさの中にいる。そしてあなたがたは貧者である。」

※心の目を開き天国を見ることは、生ける父の子となることです。それは、天の豊かさを手に入れることです。

 

トマスの福音書3① ~王国と眼 FB再 - 神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~