神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

 神の臨在(至聖所)の中で開かれる聖書の啓示を紹介します。開示できるもののみです。栄光在主!

御名の中へと信じる2 〜新しい聖名

父なる神様は、旧約時代に戒めをもってイスラエルの民を導こうとしました。戒めは、民が罪を認識し、罪を犯さなくなるための第一段階でした。しかし、十戒や細かな規定に、民はついてくることができませんでした。旧約時代には、律法を守ることのできない民たちの姿がありました。新約時代では、自らの罪深さを認めた民に、イエス・キリストは恵みと憐れみを持って接しました。それは、父の心にある愛の形の顕現であり、旧約時代の戒めによって、つまり古い契約の中で罪に定められた民を解放するための愛の現れでありました。

紀元元年、父は新しい人格である自らのひとり子イエス・キリストを送り、イエス・キリストを通して、人類への愛を示されたのです。そして、信じる者たちが罪に定められることのないように、ひとり子を十字架につけ、古い契約で罪定められた民たちを贖いだされたのです。

救い主イエスの姿は、父なる神の愛そのものでした 。旧約時代のYHWHを呼び求めるユダヤ人たちは、新約時代のイエス:ヘブライ語でイェシュアすなわち(YHWHの救い)という新しい聖名を呼び求めるべきなのです。ヘブライ語イエス・キリストは、イェシュア  ハ マッシアなのです。

 

聖名に関する聖句

❶マタイによる福音書21章 9節
そして群衆は、イエスの前を行く者も後に従う者も叫んだ。「ダビデの子にホサナ。主の名によって来られる方に、祝福があるように。いと高きところにホサナ。」

ルカによる福音書10章 17節
七十二人は喜んで帰って来て、こう言った。「主よ、お名前を使うと、悪霊さえもわたしたちに屈服します。」
聖名に関する聖句

ヨハネによる福音書2章 23節
エスは過越祭の間エルサレムにおられたが、そのなさったしるしを見て、多くの人がイエスの名を信じた。
ヨハネによる福音書17章 26節
わたしは御名を彼らに知らせました。また、これからも知らせます。わたしに対するあなたの愛が彼らの内にあり、わたしも彼らの内にいるようになるためです。」
❺使徒言行録2章 21節
主の名を呼び求める者は皆、救われる。』
❻使徒言行録9章 14節
ここでも、御名を呼び求める人をすべて捕らえるため、祭司長たちから権限を受けています。」
❼使徒言行録 9章 15-16節
すると、主は言われた。「行け。あの者は、異邦人や王たち、またイスラエルの子らにわたしの名を伝えるために、わたしが選んだ器である。
「彼がわたしの名のために、どんなに苦しまなければならないかを、わたしは彼に示すつもりです」
❽使徒言行録15章 17‐18節
それは、人々のうちの残った者や、/わたしの名で呼ばれる異邦人が皆、/主を求めるようになるためだ。」昔から知らされていたことを行う主は、/こう言われる。』
❾使徒言行録 15章 26節
このバルナバパウロは、わたしたちの主イエス・キリストの名のために身を献げている人たちです。
➓使徒言行録21章 13節
そのとき、パウロは答えた。「泣いたり、わたしの心をくじいたり、いったいこれはどういうことですか。主イエスの名のためならば、エルサレムで縛られることばかりか死ぬことさえも、わたしは覚悟しているのです。」
⓫コリント信徒への手紙一6章11節

あなたがたのうちのある者は、このようでした.しかし、あなたがたは主イエス・キリストの御名の中で、またわたしたちの神の霊の中で、洗われ、聖別され、義とされています。
⓬フィリピの信徒への手紙2章10節
こうして、天上のもの、地上のもの、地下のものがすべて、イエスの御名にひざまずき、
⓭フィリピの信徒への手紙2章 9節
このため、神はキリストを高く上げ、あらゆる名にまさる名をお与えになりました。
⓮テサロニケの信徒への手紙二1章12節
それは、わたしたちの神と主イエス・キリストの恵みによって、わたしたちの主イエスの名があなたがたの間であがめられ、あなたがたも主によって誉れを受けるようになるためです。
ヨハネの手紙一3章 23-24節
彼の戒めとは、わたしたちが御子イエス・キリストの御名を信じ、そして彼がわたしたちに戒めを与えられたように、互いに愛し合うことです。
 そして、彼の戒めを守る者は彼の中に住み、また彼はその人の中に住まわれます。そしてこのことにおいて、わたしたちは、彼がわたしたちの中に住んでおられることを、彼がわたしたちに与えられたその霊によって知るのです。その掟とは、神の子イエス・キリストの名を信じ、この方がわたしたちに命じられたように、互いに愛し合うことです。(新共同訳)

〜イェシュア ハ マッシアの中へと信じるとは、聖霊と御臨在(主の支配)にとどまる体験。そして、「二人または三人がわたし(イェシュア)の名の中へ集められている所には、わたしがその中にいるからである」マタイ18:20。〜これだけで、もう説明はいりませんよね。イェシュアとは、「YHWHは救い、YHWHの救い」と言う意味で、父YHWHをしっかりと認識しながら叫ぶべき御名です。そして、御名の中に入るのです。YHWHの救いを引き寄せ、救いの中に。

https://youtu.be/mwCr3GNYBag

 

http://adonaiquovadis.hatenablog.com/entry/2017/07/20/031336