神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

 神の臨在(至聖所)の中で開かれる聖書の啓示を紹介します。開示できるもののみです。栄光在主!

達磨大師の耳輪 〜奴隷となったトマス

f:id:AdonaiQuoVadis:20180815171444j:image

達磨大師

 

使徒トマスは、インドへ伝道に行き、達磨(トマ)とよばれ、インドで殉教したと伝えられています。実際インドでは、すでに二世紀にはキリスト教徒の数もかなりのものになり、三世紀にはキリスト教の団体もありました。

新約聖書外典のトマス行伝には、デドモ、ユダと呼ばれた使徒トマスがインドへ行く顛末について書いてあります。その内容がトマスらしくておもしろいので、紹介します。

エルサレム使徒たちは、くじ引きでそれぞれの宣教地を決めました。ユダと呼ばれるトマスは、インドに行くことになります。しかし、トマスはインドへ行くことを嫌がります。

その頃、エルサレムには、インドで宮殿を建築する大工を探しに来たハバンと言う商人が滞在していました。

そのハバンに、主イエスが現れ、大工技術のあるトマスを宮殿建築のための奴隷として売り渡す約束をしたのでした。

ハバンは、トマスに、「イエスは、あなたの主人ですか?」と聞きます。トマスは、「はい」と答えて、インド商人ハバンの奴隷としてインドに渡ることになったのです。

トマスがインドに着くと、インドの国王グンダファルのために宮殿を建てることになりました。しかし、奴隷にもかかわらず、インド人に宣教し、多くの実を結ぶのでした。そのあとは、以前の記事をお読みください。

http://adonaiquovadis.hatenablog.com/entry/2017/12/11/013616

中国の古い達磨大師像を見ますと、耳に大きな耳輪がついています。禅の開祖が大きなイアリングをしているなんて、おかしなことだと思いませんでしたか?かつては、奴隷身分を示すため、耳から外すことのできないタイプの耳輪が用いられていたそうです。

達磨大師には、当時の奴隷のしるしであった耳輪がついていたわけです。つまり、達磨は、奴隷であったわけです。

 

使徒の布教区域の割当て(M.M.Ninan)

◼︎シモン・ペトロ パルティア(ポントス、ガラテヤ、カッパドキア、アジア、ビテュニア) ブリテン

◼︎アンデレ カッパドキア ガラテヤ ビテュニア スキタイ

◼︎熱心党のシモン 北アフリカ ブリテン

◼︎アルファイの子ヤコブ スペイン

◼︎ディデュモスのトマス パルティア メディア ペルシア 北西インド   (*)

◼︎バルトロマイ パルティア メディア ペルシア 北西インド

◼︎ユダ アッシリア メソポタミア

◼︎フィリポ スキタイ 小アジア北部

◼︎マタイ パルティア ヒンドゥークシ

◼︎ヨハネ ガリア(フランス)

◼︎ヤコブヨハネの兄弟) ヘロデ王により斬首

◼︎マティア ダキアルーマニア) マケドニア

◼︎パウロ 小アジア南部 英国諸島 

 

*1656年、使徒トマスについて調査するためにローマ法王はカルメル修道会のヴィンチェンゾ・マリア神父をインドへ派遣しました。マリア神父によれば、トマスは、はるか東の中国西安にまで足を伸ばしたといいます。最期は、インド南部のマラバル海岸で福音を伝え、コロマンデル海岸(マドラスとマイラプール)へ移動したあと彼は殉教者となったそうです。

生命を賭した使徒たちの姿が垣間見れます。

f:id:AdonaiQuoVadis:20180831061347j:image

赤い布を纏っているのがトマス