神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

 神の臨在(至聖所)の中で開かれる聖書の啓示を紹介します。開示できるもののみです。栄光在主!

三つの癒し 〜実際的な神の愛 奇跡41

私ごとですが、昨年、脳ドックで、脳幹と左脳に3箇所の出血痕があることがわかりました。医師の説明を受けたとき、心あたりがあり、4〜5年前に左半身が痺れた経験が2度ほどあったことを思い出しました。視力も安定せず、口が歯医者で麻酔されたように痺れたのでした。当時、病院で診てもらい、検査を受けたのですが、原因がわからないと言われました。まあ、大学出たての若い医師で、発見できなかったのだろうと思います。2回とも様子を見ようと言われて、そのまま帰宅し、主に祈っているうちに痺れは消え、視力も安定しましたので、そのまま休みも取らずに通常の生活にもどり、何ごともなく今まで過ごしてきました。自覚があったのは、この2回だけです。

しかし、昨年の脳ドックで「脳幹の出血は危なかったね」と言われました。「あぁ、不思議に癒されている自分があり、まだこの世界でやることがあるからだ」と感じています。主は、脳の三度の出血も知らないうちに癒してくださいました。今は、何ら痺れや後遺症もない健康体で、至って健康に生活してあます。主は、愛とあわれみのゆえに、このような者も生かしてくださっています。愛のゆえに奇跡が続いているのです。主の奇跡を忘れずに、祝福を数えるためにも、記事にします。

第1コリント‬ ‭12:28-31

「そして、神は教会の中で、人々を立てて、第一に使徒、第二に預言者、第三に教師とし、次に力あるわざを行う者、次にいやしの賜物を持つ者、また補助者、管理者、種々の異言を語る者をおかれた。 みんなが使徒だろうか。みんなが預言者だろうか。みんなが教師だろうか。みんなが力あるわざを行う者だろうか。 みんながいやしの賜物を持っているのだろうか。みんなが異言を語るのだろうか。みんなが異言を解くのだろうか。 だが、あなたがたは、❶更に大いなる賜物を得ようと熱心に努めなさい。そこで、わたしは❷最もすぐれた道をあなたがたに示そう。」‭‭‬ ‭(口語訳‬‬)

第1コリント‬ ‭13:12-13‬

「わたしたちは、今は、鏡に映して見るようにおぼろげに見ている。しかしその時には、❸顔と顔とを合わせて、見るであろう。わたしの知るところは、今は一部分にすぎない。しかしその時には、わたしが❹完全に知られているように、❺完全に知るであろう。 このように、いつまでも存続するものは、❻信仰と❼希望と❽愛と、この三つである。このうちで❷最も大いなるものは、❽愛である。」‭‭(‭口語訳‬‬)

パウロはコリント第一の手紙12:8-10で御霊の賜物について説明し、「同じ御霊によって信仰、またほかの人には、一つの御霊によっていやしの賜物、 またほかの人には力あるわざ、またほかの人には預言、またほかの人には霊を見わける力、またほかの人には種々の異言、またほかの人には異言を解く力が、与えられている。」(口語訳)と語って、当時の教会の秩序の維持について語っています。

そのあとで、❶更に大いなる賜物を得ようと熱心に努めなさいと言っています。そのために、❷最もすぐれた道をあなたがたに示すと言って説明したのが、有名な"愛"についての以下の節です。「愛は寛容であり、愛は情深い…」(第1コリント13:4-8)

ほとんどの説教では、❷最も大いなるものは、愛であると言って、綺麗な言葉で終わることがあります。しかし、その後に続くパウロの説明には、「❸顔と顔とを合わせて、見るであろう」「その時には、わたしが❹完全に知られているように、❺完全に知るであろう。」と少し文脈が変わります。"愛"の説明をしているのに、一体、誰の❸顔を見て、誰に❹完全に知られ、誰を❺完全に知るのでしょうか?

これが理解できなければ、「あゝ愛は素晴らしい!大切だ」と終わってしまうかもしれません。

パウロは、「いつまでも存続するものは、❻信仰πίστιςと❼希望ἐλπίςと❽愛ἀγάπη」(第1コリント13:13)   だと言っています。漠然とした3つの言葉ですが、パウロは、もっと具体的に説明しています。

ローマ人への手紙‬ ‭5:1-5

「こういうわけで、わたしたちは❻信仰によって義とされているので、わたしたちの❾主イエス・キリストを通し、神に対して平和を持っています.
また❾その方を通して、わたしたちも、いま立っているこの恵みの中へ❻信仰によって入ることができ、そして➓神の栄光の❼望みのゆえに勝ち誇っています。
それだけではなく、わたしたちは患難の中でも勝ち誇るのです.それは、患難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は❼希望を生み出すことを知っているからです.そして❼希望は、わたしたちに恥をかかせることはありません.なぜなら、わたしたちに与えられている聖霊を通して、➓神の❽愛がわたしたちの心の中に注がれているからです。」(回復訳)

 

以前にも書きましたが、❻信仰πίστις(ピスティス)とは、イエス・キリストの(所有する)❻信仰です。

ローマ3:22には、こうあります。

「すなわち❶神の義は、❷イエス・キリストの信仰(ピスティス)を通して、信じるすべての人にもたらされました.そこには何の差別もありません.」(回復訳)とあります。

❾主イエス・キリストを通し、❾その方を通して、わたしたちも、いま立っているこの恵みの中へ❻信仰によって入ることができたのです。

❼希望ἐλπίς(エルピス)とは、➓神の栄光の❼望みであり、❽愛ἀγάπη(アガペ)とは、➓神の❽愛がわたしたちの心の中に注がれた愛なのです。

いつまでも存続するものは、❾イエス・キリストの❻信仰πίστιςと➓神の栄光の❼希望ἐλπίςと➓神の注いでくださった❽愛ἀγάπηとなります。

このいつまでも存続する三つのものは、我々から出てくるものでなく、神からのものです。このうちで❷最も大いなる賜物は、➓神の❽愛だとパウロは言っています。

第1コリント13章の、一体、誰の❸顔を見て、誰に❹完全に知られ、誰を❺完全に知るのかが、これでわかります。神の❸顔を見て、神に❹完全に知られ、神を❺完全に知るのです。それは、「❾イエス・キリストの❻信仰πίστιςと➓神の栄光の❼希望ἐλπίςと➓神の❽愛ἀγάπη」を完全に知ることにもなるのでしょう。

第1コリント13章に当てはめてみましょう。

「しかしその時には、❸顔と顔とを合わせて、(❾イエス・キリストの❻信仰πίστιςと➓神の栄光の❼希望ἐλπίςと➓神の❽愛ἀγάπη)を見るであろう。わたしの知るところは、今は一部分にすぎない。しかしその時には、わたしが(神に)❹完全に知られているように、(❾イエス・キリストの❻信仰πίστιςと➓神の栄光の❼希望ἐλπίςと➓神の❽愛ἀγάπη)を❺完全に知るであろう。 このように、いつまでも存続するものは、(❾イエス・キリストの)❻信仰πίστιςと(➓神の栄光の)❼希望ἐλπίςと(➓神の)❽愛ἀγάπηと、この三つである。このうちで❷最も大いなるものは、(➓神の)❽愛である。」‭‭(‭口語訳‬‬)

「同じ御霊によって信仰、いやしの賜物、 力あるわざ、預言、霊を見わける力、種々の異言、異言を解く力が、与えられている」(12:8-10)と語っていますが、「❶更に大いなる賜物を得ようと熱心に努めなさい」とも言っています。

「わたしたちに与えられている(同じ)聖霊を通して、➓神の❽愛がわたしたちの心の中に注がれること」が、信仰、いやし、力あるわざ、預言、霊を見わける力、種々の異言、異言を解く力とともに、熱心に求めるべき賜物と言うことなのでしょう。

神の愛に満たされ囲まれて初めて、寛容で、情深い、ねたむことをしない、高ぶらない、誇らない、不作法をしない、自分の利益を求めない、いらだたない、恨みをいだかない、すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを耐える"愛"が、肉の努力ではなく、聖霊により与えられるのですね。

そして、神に❹完全に知られており、➓神の❽愛が注がれるとき、祈る前から、➓神の❽愛の中で、神のご加護と祝福を受けていることが体感できます。

それは、種々の賜物と同じく、実際的、実存的なものなのです。

http://adonaiquovadis.hatenablog.com/entry/2018/09/02/022925

 

f:id:AdonaiQuoVadis:20181018115202j:image

f:id:AdonaiQuoVadis:20181020222924p:image

2018.10.18撮影

御目が見えます。