神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

 神の臨在(至聖所)の中で開かれる聖書の啓示を紹介します。開示できるもののみです。栄光在主!

礼拝する対象は、「父」

私たちは、教会の礼拝の中や祈りの中で、「神さま」と呼んだり、「イエス様」と呼びかけたりします。しかし、時々、だれに向かって祈っているのかわからないような祈りも聞くことがあります。

 

イエスは、マタイ伝6章の主の祈りで、「天のお父様」と呼ぶように言っています。

マタイ6:9〜直訳に近い形で訳した主の祈りの冒頭を再掲出します〜

「(諸々の)天国(複数)にいます我等の父よ、あなたの御名が聖とされますように。」(私訳)

 

また、礼拝については、ヨハネ4章で父を礼拝することを話しています。

 

ヨハネ4章

4:21

イエスは彼女に言われた、「女よ、わたしを信じなさい.あなたがたがこの山でも、エルサレムでもない所で、父を礼拝する時が来ようとしている。
4:22

あなたがたは、知らないものを礼拝している.わたしたちは、知っているものを礼拝している.救いはユダヤ人から出るからである。
4:23

ἀλλὰ  ἔρχεται  ὥρα  καὶ  νῦν  ἐστιν  ,  ὅτε  οἱ  ἀληθινοὶ  προσκυνηταὶ  προσκυνήσουσιν  τῷ
  Πατρὶ  ἐν  πνεύματι  καὶ  ἀληθείᾳ  ;  καὶ  γὰρ
  ὁ  Πατὴρ  τοιούτους  ζητεῖ  ,  τοὺς  προσκυνοῦντας  αὐτόν .

しかし、真の礼拝者たちが、霊と真実の中で父(Πατρὶ)を礼拝する時が来る.そしてそれは今である.父(Πατὴρ)はそのように彼を礼拝する者を、捜し求めておられるからである。
4:24

神は霊であるから、彼を礼拝する者は、霊と真実の中で礼拝しなければならない」。(回復訳)

 

つまり、主イエスは、天の父に祈り、礼拝せよと言っています。

「主イエスの御名によって祈ることは、御子の権威によって祈るということであり、聖書的祈りのパターンは、『父なる神に向かって、御子イエスを通して、聖霊によって祈る』ということです。このことを認識し、祈りの力を体験しようではありませんか。祈りは賛美、礼拝、そして神との対話です。」と中川健一牧師も説明されています。

 

礼拝について上手く理解するためには、黙示録4章の天の礼拝を参考にすると良いでしょう。

http://adonaiquovadis.hatenablog.com/entry/2018/08/06/024701

 

しかし、ペンテコステの日に、ペテロが解き明かした使徒行伝2章36節が大切だと感じます。

http://adonaiquovadis.hatenablog.com/entry/2019/01/23/043425