神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

 神の臨在(至聖所)の中で開かれる聖書の啓示を紹介します。聖書の日本語訳に疑問を持ったのを切掛けに、プロテスタント、カトリック、ユダヤ教などに学び、聖書解釈の記事も載せていきます。栄光在主!

終末の霊性 〜歓喜に満たされて

みなさんは、聖霊によるコンバージョンを受け取りましたか?学生時代に半年間熱心に求め続けて、与えられた聖霊バプテスマ。その腹から流れ出るような絶大な力と歓喜が、長い間、私を突き動かしました。

最近、スタッフで発熱した者がおり、心配していました。熱は下がったようですが体調不良のようで、なかなか心が安心できませんね。

終末期の贖われた者の生き方について、示されたことですが、聖霊にコンバージョンした際の歓喜の満たしを継続維持することが大切です。霊聴について語る中で、敬愛する師は、「まず第一に集う人心に、聖霊バプテスマされる雰囲気が肝要であります。そうでないと、迷謬の霊に乗ぜられ翻弄され、やがてはその人が「虚偽の霊」の手先となって暗躍させられます。」と語っていました。

迷謬や虚偽の霊に翻弄されないため「聖霊バプテスマされる雰囲気が肝要」であり、病いを癒す際にも「聖霊バプテスマされる雰囲気が肝要」であります。

この患難のときの過ごし方について、聖書にも書かれています。

ユダの手紙1章

17しかし、愛する者たちよ、わたしたちの主イエス・キリスト使徒たちが以前に語った言葉を思い出しなさい.
18すなわち、彼らはあなたがたに言いました、「終わりの時にあざける者が出て来て、自らの不敬虔な欲にしたがって歩く」。
19これらは分裂を起こし、魂的であり、霊を持たない者です。

20しかし、愛する者たちよ、あなたがたは最も聖い信仰の上に自らを建て上げ、聖霊の中で祈りなさい
21自分自身を神の愛の中に保ち、永遠の命へと至らせるわたしたちの主イエス・キリストのあわれみを待ち望みなさい。ユダ1:17-21(回復訳)

1テサロニケ1章

6そしてあなたがたは、大きな患難の中で、聖霊の喜びをもって言を受け入れ、わたしたちにも主にも倣う者となり、
7マケドニヤとアカヤにおいて、信じる者すべての模範となりました。1テサロニケ1:67(回復訳)

あなたがたは悪い者であっても、自分の子供に良い贈り物を与えることを知っているとすれば、天の父は、彼を求める者たちに、どれほど聖霊を与えてくださることであろう!ルカによる福音書11:13(回復訳)

使徒たちも「聖霊の中で」「聖霊の喜びをもって」と語り、師の話した「聖霊バプテスマされる雰囲気が肝要」と同じことを語っているようです。実際、聖霊に満たされていると、パワーが溢れてきます。行動も心も軽やかになり、恐れもなくなり、病いのウィルスからも守られるのです。本当に感謝なことです。

終末期の贖われた者の生き方は、聖霊にコンバージョンした際の歓喜の満たしを継続維持することが大切だと示され、実践し、聖霊の中で祈り、聖霊の喜びをもって主からの言を受け入れ、心の平安が与えられ、霊歌やハレルヤが口から溢れる生活に感謝しています。感謝主!

f:id:AdonaiQuoVadis:20200403203839j:image