神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

 神の臨在(至聖所)の中で開かれる聖書の啓示を紹介します。聖書の日本語訳に疑問を持ったのを切掛けに、プロテスタント、カトリック、ユダヤ教などに学び、聖書解釈の記事も載せていきます。栄光在主!

役人の偏屈が日本を破滅させる

以前にも話したが、役人は責任をとりたがらない。厚労省は感染した軽症患者を自宅療養してよいと通達を出しておいて、小池都知事厚労省へ確認すると「原則入院させろ」と言う。自宅療養も地方自治体の判断でやれということ。責任をとりたくないのだろう。彼らは国民の生命のため活動しているが、自分の保身も大切なのだろう。だから大胆な決断ができません。危機管理能力の無さは、ダイアモンド プリンセスで証明ずみです。未だに症状のある感染が疑われる者が検査できずに困っている。同じ理由で感染者の病床不足を気にして、保健所が検査の邪魔をしている。今は、保健所を通さず自由に検査すべきフェーズです。

ロシュ・ダイアグノスティックス社は、「2020年3月6日から新型コロナウイルス感染の有無を調べる検査が公的医療保険の適用対象となることを受け、当社では日本国内の検査需要に応えられる十分な試薬を確保しています。」と言っていますが、検査依頼がないそうだ。だれが止めているのだろうか?

危機管理センスのない連中の作ったシステムは、もう無用です。検体を送らなくても、同社の15分でできる簡易キットを使い各病院で検査すべきです。もう感染経路を追えない患者が溢れ出し、軽症者の自宅療養が可能なのですから。韓国やドイツのように感染者が出た町ごと全員検査する必要はないが、せめて咳や発熱患者は医師の判断で簡易検査できるよう、もっと促進してほしい。感染の疑いのある患者は、病院をたらい回しされている。最近は「保健所など通さないで直接できる」と言いながら、実際にはスムーズにできないで医療関係者への感染を増やしてしまっているのです。

同社の1日8800件の検査ができる別の機械化された設備も国の申請がまだおりない。申請が通れば全部で1日4万件の検査が可能になると言います。

f:id:AdonaiQuoVadis:20200403214311p:image

2ヵ月で1000人、11日で+1000人、そして3日で+1000人。日本は大丈夫だと言う連中、これはイタリアと変わらないんじゃないですか?

緊急事態宣言が遅れるとたくさんの生命が失われ、イタリアのようになるのでしょう。まだ瀬戸際だと言う安倍首相は、そんなに国民の命より株価が大事なのかな?医療崩壊すれば、どの道どっちもダメになるでしょう。責任をとらないスピード感のない役人や政府により、日本は大きな被害を被るのでしょうか。

神の知恵が必要です。

「アーメン。祝福と栄光と知恵と感謝と尊貴と力と勢力とが、わたしたちの神に永遠にわたってあるように。アーメン」。啓示録7:12(回復訳)

 

https://www.roche-diagnostics.jp/information/20200228.html