神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

 神の臨在(至聖所)の中で開かれる聖書の啓示を紹介します。聖書の日本語訳に疑問を持ったのを切掛けに、プロテスタント、カトリック、ユダヤ教などに学び、聖書解釈の記事も載せていきます。栄光在主!

神への祈りは天の鍵を開いた〜コロナ収束へ

http://adonaiquovadis.hatenablog.com/entry/2020/03/15/192735

3月15日の記事からのその後。

「この国には、父なる神が嫌われる、愚かな偶像が満ちています。この国の政治家は公正を忘れ、政治を私物化し、❶司法ですら自分の意のままにしようと企てています。欺瞞と欺きに満ち、❷ワイロで始まった五輪誘致の火は消えかかっています。

現政権は、国民の大半が反対する❸カジノ(IR)法案を通し、横浜市などにカジノ誘致をごり押ししました。神は、傲慢で悔い改めない政治家たちに、天罰を下したのでしょう。

❷オリンピックは、中止へ。また、❸カジノ船ダイヤモンドプリンセス号は、新型コロナウィルスの第二の発生源だと世界的に騒がれました。

この災いは、悔い改めない傲慢な世界中のリーダーたちへの戒めなのでしょう。

特に、日本では、安倍総理の祖父、岸信介は、満州国国務院実業部総務司長に就任した1936年(昭和11年)に軍馬や家畜に対する細菌兵器の開発を担当しました。❹満州での人体実験や細菌兵器の開発は当時の総務司長であった岸信介の許可が必要でした。その孫の代で、ウィルスによる疫病に苦しめられているのは、偶然でしょうか。

総理をはじめ、政治家たちや日本の全国民は悔い改めて、まことの神の前に祈るべきです。偶像や神社仏閣ではなく、イエス・キリストの神の前に進み出て、❺悔い改めて罪のゆるしを乞うべきです。今まで行った悪事や偶像を拝んでいたことを心から悔い改めるなら、人々の認識も変わり、桜が咲くこの時節から疫病は力を弱め終息へ向かうかも知れません。」

 

さて、❶は、黒川検事長今日辞任で定年延長議論も水の泡。

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/www3.nhk.or.jp/news/html/20200521/amp/k10012439451000.html%3Fusqp%3Dmq331AQQKAGYAaeKheTy1Pfkb7ABIA%253D%253D

 

❷オリンピックは、主に祝されてないようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200521-00000052-mai-spo

 

❸カジノ日本上陸の立役者は撤退。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-05-13/QA7V11T0G1L401

https://news.yahoo.co.jp/byline/takashikiso/20200513-00178345/

 

❹安倍政権は、これからどうなるでしょう。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/273468

 

国のリーダーのために祈っていますか?「われらを悪より救い出したまえ!」と。

みなさんの祈りで、天の鍵が動いています。

これでコロナ渦は収束すると思います。

しかし、為政者がきちんと❺悔い改め(方向転換)せずに私利私欲の為同じ過ちを進めるなら、主は、ハデスによりこの国を苦しめるでしょう。

日本国民は、聖書の預言や真の創造主を知ろうともせず、アマビエだとか低レベルの妖怪を信じたり、節操のない宗教心しか持ち合わせていません。

しかし、幸いなのは、イエスを救い主と知っている我々です。我々は、恐れなくてよいのです。主は言われます。

「恐れるな。わたしは最初の者、また最後の者、また生きている者である。わたしは死んだが、見よ、永遠にわたって生きている。そして、死とハデスのかぎを持っている。」啓示録1:17.18(回復訳)

天国の鍵だけでなく、死もハデスに対する鍵(権威)も手中にお持ちなのです。

 

聖書の預言から

http://adonaiquovadis.hatenablog.com/entry/2020/04/18/000042