神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

 神の臨在(至聖所)の中で開かれる聖書の啓示を紹介します。聖書の日本語訳に疑問を持ったのを切掛けに、プロテスタント、カトリック、ユダヤ教などに学び、聖書解釈の記事も載せていきます。栄光在主!

☝🏾われわれの信仰とは4 〜実体を確認せよ

   敬愛する師は、使徒と同じ奇跡力をご自分でも表わしていました。それは、わたしたちの信仰の標準でもあるのです。この第一級の信仰を熱心に尋ね求める者たちに報いてくださる主イエスに近づきたい。是非に、このような信仰にわたしも与りたいのです。

    実体がない信仰は、人間の頭が作り出した信念でして、幻覚(イリュージョン)、迷信と卑しめられるものだと敬愛する師は語っています。

〜敬愛する師の話〜

信仰とは、確かな実体を確認し、根底を実証することなのです。

一生の間、信じ抜いたが、ついにその信ずるところを実現しなかったというような根底のない信仰なら、それは単なる人間の頭が作り出した信念でして、幻覚(イリュージョン)、迷信と卑しめられても当然であります。ヘブル書には有名な信仰の定義があります。

「信仰とは、望んでいることの確信(ὑπόστασις 実体、本質、基盤)であり、見えないものの実証(ἔλεγχος  証明)である。…信仰によって、私たちは、この世界が神の言葉で造られたこと、従って、見えるものは現れていないものからできていることを、悟るのである」(ヘブル書11:1〜3)。

全てこの見える世界(現象界)というものが、見えないものから成り立っている、と言うのであります。

 例えばこの物質界というものが、原子からできていることは誰でも知っていますが、その原子は、電子、陽子、中性子等の素粒子から成り立っている。素粒子はみなエネルギーが凝り固まってできたものです。エネルギーというものは目に見えません。その見えないものが、見える物質界一切を作り上げている。すると、見える物質界世界の根底には、それを生み出している、もっと確実な、見えない実在があるということがわかります。同様に、信仰と言うものは、その確実な根底に基礎を置いている心理経験です。

今日、科学の世界は確実だと言うけれども、それは単に表面づらの世界の確実さなのであって、もっと宇宙的な根底の確かさー霊的な実在ーに比べたら、及ぶべくもないんです。

********

 今までは、よく「科学は宗教と衝突する」などと言われてきました。しかし実際、科学が衝突するのが、独断的なドグマや既成の祭儀的宗教に対してでして、霊的宗教そのものにではありません。ある教派が、人間の勝手な独断で、「我は何々を信ず」といった信仰箇条や教理を聖書抜きにして作り出しております。科学は事実を問題にしますから、当然こんな観念だけの抽象的産物と衝突してきます。しかし霊的な信仰においては、科学と同様に神秘な事実を経験し、宇宙の根底的実在に触れることを中心問題としているので、両者は心理の両面の探求となります。聖書は人間の事実に根差す歴史的記録です。

 真の信仰なら科学そのものを可能にするはずです。科学以前の根底的な世界に基礎を置いてものを考え、その中に魂を浸して感じていることなのですから、信仰は科学と衝突したりしません。科学ばかりでない、事業の経営や家庭の経営にしろ、すべての営みの根底をなしている世界を目ざとく信仰は知っているのです。

 昨年、米国の宇宙ロケットの開発の推進本部長のジョンソン博士は、私に、ゼネラルエレクトリック社では、今では200〜300人の研究員が異言を語りながらエクスタシー状態で研究を進めていると語りました。従来の知識だけではどうしても壁にぶつかってしまうが、異言状態で研究していると、どんどん新しいアイデアが霊感されて、驚くべき進歩があると言う。科学と矛盾しないどころか、科学の最先端の研究を指導する力、これこそ霊的信仰なのであります。神秘の世界は、確実な事実なのです。経験しない人には、空想かもしれないが、私たちには事実なのです。

 既成のキリスト教会の神学が非常に警戒するのは、霊的な神秘と宗教哲学に対してであります。彼らの神学は薄弱な根底に立つドグマですから、神秘思想と宗教哲学を警戒し、恐怖します。だが、確信は意識のヒトラハブート(光耀)にあります。〜以上〜

 真の信仰は、最先端科学と共存し、その裏づけを得るばかりでなく、科学の最先端の研究に霊智を与え、アポロ計画をはじめとする米国の宇宙開発計画にも良い影響を与えていたとは、驚きです。ましてや、50年も前に、敬愛する師が「素粒子はみなエネルギーが凝り固まってできたものです。エネルギーという見えないものが、見える物質界一切を作り上げている」とヘブル11:1の信仰の奥義を語っているとは、、、やはり預言的啓示なくしては、理解できない解き明かしです。大変勉強になります。

この経済的にも人的にも疲弊してきた日本を立て直すのは、聖霊によるインスピレーション(霊智)に導かれるキリスト者なのでしょう。そこには、実体を伴う力ある信仰が表わされるのです。

f:id:AdonaiQuoVadis:20200903033357j:image

2020.9.2撮影

9号の後に大型の台風10号が接近しています。この秋の複数の台風が北朝鮮に変化をもたらすのでしょうか。