神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

 神の臨在(至聖所)の中で開かれる聖書の啓示を紹介します。聖書の日本語訳に疑問を持ったのを切掛けに、プロテスタント、カトリック、ユダヤ教などに学び、聖書解釈の記事も載せていきます。栄光在主!

第三神殿はいつできるのか?

エルサレム岩のドーム

f:id:AdonaiQuoVadis:20201104011023p:image

岩のドームを見る時に、いつも思いだす聖句があります。

 

「❶エルサレムエルサレム預言者たちを殺し、おまえに遣わされた者たちを石打ちにする者よ! ❷めんどりが自分のひなを翼の下に集めるように、わたしはいくたび、おまえの子供たちを集めようとしたことであろう! しかし、おまえたちは応じようとしなかった。
見よ、❸おまえたちの家は荒れ果てたまま、おまえたちに残される。
わたしはおまえたちに言う.おまえたちは、『❹主の御名の中で❺来られる方は、ほむべきかな』と言う時まで、今から後、決して❻わたしを見ることはない」。」マタイ伝23:37-39回復訳

 

エルサレム岩のドームは、❷めんどりの巣の中に卵があるように見えます。

❸おまえたちの家とは、神殿でしょう。この神殿は、AD70年ローマ軍によって破壊され今に至ります。

そして、主イエスは、ユダヤ人が『❹主の御名の中で❺来られる方は、ほむべきかな』と言うときまで、「❻わたしを見ない」と言われました。

❻わたしとは、一体だれでしょうか?再臨のキリストでしょうか?以下の聖句にヒントがあります。

「言っておくが、❼神殿よりも偉大なものがここにある。」
‭‭マタイによる福音書‬ ‭12:6‬ ‭新共同訳‬‬

「イエスは答えて言われた。「この❼神殿を壊してみよ。三日で建て直してみせる。」」
‭‭ヨハネによる福音書‬ ‭2:19‬ ‭新共同訳‬‬

「「この男は、『神の❼神殿を打ち倒し、三日あれば建てることができる』と言いました」と告げた。」
‭‭マタイによる福音書‬ ‭26:61‬ ‭新共同訳‬‬

❻わたしとは、❼神殿を指すのかもしれません。

「おまえたちは、『❹主の御名の中で❺来られる方は、ほむべきかな』と言う時まで、今から後、決して❻わたし(神殿)を見ることはない」。」

このほうが、この句がわかりやすいし、スッキリします。

しかし、ユダヤ人たちが「❹主の御名の中で❺来られる方は、ほむべきかな」と言うのは、真の主イエスの再臨を指すのでしょうか?

回復訳には、このような解説がありますが、、、
23章39節 回復訳フットノート❺
これは主の再来です。その時イスラエルのすべてのレムナントは、転機し、彼を信じて、救われるでしょう(ローマ11:23,26)。

 

しかし、今のイスラエルを見ると、簡単にユダヤ人が回心するような状況ではないと思います。私は、ユダヤ人が言う「❹主の御名の中で❺来られる方」とは、次のパウロのことばにある❽不法の者かもしれないと考えてしまいます。

「だれがどのような手段を用いても、だまされてはいけません。なぜなら、まず、神に対する反逆が起こり、❽不法の者、つまり、❽滅びの子が出現しなければならないからです。 この者は、すべて神と呼ばれたり拝まれたりするものに反抗して、傲慢にふるまい、ついには、❼神殿に座り込み、❾自分こそは神であると宣言するのです。」
‭‭テサロニケの信徒への手紙二‬ ‭2:3-4‬ ‭新共同訳‬‬

キリスト再臨が間近になった時代に、第三神殿は再建されると言われますが、神殿が再建される以前にキリスト再臨があったり、携挙が起こったりすることはありません。

ですので、だまされたユダヤ人たちが『❹主の御名の中で❺来られる方は、ほむべきかな』とある人物に対して言うのでしょう。その人物は、神殿が完成する頃に現れる「❽不法の者、つまり、❽滅びの子」なのかもしれません。この者は、だまされたユダヤ人に歓迎されながら、傲慢にふるまい、ついには、❼神殿に座り込み、❾自分こそは神であると宣言するのでしょう。

 

この❽不法の者は、第三神殿再建の功労者なのでしょう。そして、ユダヤ人たちに歓迎され、高ぶり、自身を神のようにし、最終的にこの❽不法の者、つまり、❽滅びの子が聖なる場所に立つのでしょうか。

「❽不法の者は、サタンの働きによって現れ、あらゆる偽りの奇跡としるしと不思議な業とを行い、 そして、あらゆる不義を用いて、滅びていく人々を欺くのです。彼らが滅びるのは、自分たちの救いとなる真理を愛そうとしなかったからです。 それで、神は彼らに惑わす力を送られ、その人たちは偽りを信じるようになります。」
‭‭テサロニケの信徒への手紙二‬ ‭2:9-11‬ ‭新共同訳‬‬
https://www.bible.com/1819/2th.2.9-11.新共同訳

 

預言者ダニエルによって語られた荒らす➓忌むべき者が、聖なる場所に立つのを見たなら(読者よ、理解しなさい)、その時、ユダヤにいる者は山へ逃げなさい.」マタイ伝 ‭24:15-16‬ ‭回復訳
24章15節 回復訳フットノート➓
「➓忌むべき者」とは偶像を意味します(申29:17)。ここでは、それは大患難の始まりの時に(21節)、偶像として❼神の宮に置かれる反キリストの像のことを言っています(啓13:14―15.IIテサロニケ2:4)。ですから、この偶像は、この時代の満了のもう一つのしるしとなります。

❽不法の者の偶像「➓忌むべき者」が❼神殿に置かれたとき、この時代の満了、キリストの再臨があるのかもしれません。

 

以上は、個人的に感じたままを書きました。この解釈が正しいかどうかは、わかりません。ただ、神殿再建の功労者が鍵になるのではないかと思います。「❽不法の者は、サタンの働きによって現れ、あらゆる偽りの奇跡としるしと不思議な業とを行い、 そして、あらゆる不義を用いて、滅びていく人々を欺く」とありますので、いろいろなケースを考えておくべきです。

 

360°ビデオ神殿の丘 前半が、岩のドーム 

https://youtu.be/Ol2LGO7Nl6c

 

http://adonaiquovadis.hatenablog.com/entry/2018/09/09/023728