神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

 神の臨在(至聖所)の中で開かれる聖書の啓示を紹介します。聖書の日本語訳に疑問を持ったのを切掛けに、プロテスタント、カトリック、ユダヤ教などに学び、聖書解釈の記事も載せていきます。栄光在主!

神の愛からは、引き離せはしない

年の瀬を迎え、みなさんは忙しくしていらっしゃるでしょうか。コロナ禍の中それどころじゃない方たちもいるでしょう。しかし,パウロ  は、患難、苦悩,迫害があっても、わたしたちの主キリスト・イエスにある神の愛から、わたしたちを引き離すことはできないと語っています。この御言葉に立って、信仰と希望と愛に満ちて、新年を迎えていきましょう!

ローマ人への手紙8章

8:32ご自身の御子をさえ惜しまないで、わたしたちすべてのために御子を渡された方が、どうして彼と共に、万物を無代価でわたしたちに賜わらないことがあるでしょうか?
8:33神が選ばれた者たちを、だれが訴えるのですか? 神がわたしたちを義とされるのです。
8:34だれが罪に定めるのですか? キリスト・イエスは死んで、さらに復活させられ、神の右で、わたしたちのためにとりなしておられます。
8:35だれがわたしたちをキリストの愛から引き離すのですか? 患難ですか、苦悩ですか、迫害ですか、飢えですか、裸ですか、危険ですか、剣ですか?
8:36
「あなたのために、わたしたちは一日中、死に渡されている.わたしたちはほふられる羊と見なされてきた」と書かれているとおりです。
8:37しかし、これらすべての事柄において、わたしたちを愛してくださった方を通して、わたしたちは❶勝ち得て余りがあります。

〜8章37節 フットノート❶
神のわたしたちに対する不変の愛と、キリストがわたしたちのためにすべてを成就されたことのゆえに、患難も迫害も、わたしたちを圧迫し、打ち勝つことはできません。むしろ、これらすべての事柄において、わたしたちを愛してくださった方を通して、わたしたちは勝ち得て余りがあります。


8:38なぜなら、死も、命も、天使たちも、支配たちも、現在の事柄も、来たるべき事柄も、力も、
8:39高いものも、深いものも、他のどんな被造物も、わたしたちの主キリスト・イエスにある❷神の愛から、わたしたちを引き離すことはできないと、わたしは確信するからです。

(回復訳)

〜8章39節 フットノート❷
神の愛が神の永遠の救いの源です。この愛はキリストの中にあり、聖霊を通して、わたしたちの心の中に注がれています(5:5)。何ものも、わたしたちをこの神の愛から引き離すことはできません(38―39節)。神の救いにおけるこの愛は、わたしたちに対するキリストの愛となりました(35節)。この愛は、神の全き救いがわたしたちの中で達成されるまで、キリストの恵みを通して、わたしたちのために多くの驚くべき事をします。これらの驚くべき事は、神の敵があらゆる苦難や災難を用いて(35―36節)、わたしたちを攻撃することを引き起こします。しかし、これらの攻撃は、キリストにある神の愛に対するわたしたちの反応のゆえに、わたしたちの益となります(28節)。ですから、わたしたちはあらゆる苦難や災難の中で、勝ち得て余りがあるのです(37節)。
 本書は第8章の終わりまでに、キリストにある神の救いの前半を取り扱いました。一方で、神が受け入れてくださった中で、わたしたちはこの救いの源を享受しています。この源は、キリストにある神の愛です。この愛から、いかなる人、事、物も、わたしたちを引き離すことはできません。もう一方で、わたしたちは神の命の中で、霊なる主によって同形化され、この救いの究極の目標に到達します。すなわち、比類のない神聖な栄光へと入り、神と共に栄光化されます(18,30節)。この救いは、この程度までわたしたちを救うのです。(回復訳)

 

だれがわたしたちをキリストの愛から引き離すのですか? 患難ですか、苦悩ですか、迫害ですか、飢えですか、裸ですか、危険ですか、剣ですか?

どんな被造物も、たとえどんな病いのウィルスであろうと、わたしたちの主キリスト・イエスにある❷神の愛から、わたしたちを引き離すことはできないと、わたしは確信するからです。

良いお年を!

アァメン。

f:id:AdonaiQuoVadis:20201230075421j:image