神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

 神の臨在(至聖所)の中で開かれる聖書の啓示を紹介します。聖書の日本語訳に疑問を持ったのを切掛けに、プロテスタント、カトリック、ユダヤ教などに学び、聖書解釈の記事も載せていきます。栄光在主!

ユートピア?これが新世界秩序か

世界は、悪者たちがAIで計画したとおりに進んでいるのか?地球温暖化SDGS→人工ウィルス→ワクチン→人口削減→人類監視社会→戦争→超インフレ→一億総貧困化→配給制(ベーシックインカム)→デジタル通貨に統合→世界統一政府→メタバースによる人類白痴化→人類の奴隷化家畜化→→→こんな未来が見えてくるのは、私だけでしょうか?実際には、複合的に進められています。

米国大統領選での報道の不自由、SNS検閲。でっち上げの地球温暖化プロパガンダ〜実際、地球は寒冷化していますよ。インフルエンザなみのウィルスに半強制的なお注射の繰り返し。おまけにパスポートがないと食事もできないなんて。

世界中のリーダーが、ニューワールドオーダー(新世界秩序)って叫んでいますから、与太話ではないと思います。事実、この2年間、コロナで自由を奪われた新世界秩序とやらがやってきました。

 

われわれは、この異常な世界に慣らされてはなりません。聖書には、「刻印のある者でなければ、物を買うことも、売ることもできないように」なるとの預言があります。

すでに、そんな管理社会が隣の国に見受けられるから、そら恐ろしいです。政府に立てつけば、ボタンひとつでPayPayや銀行口座の残高が0になりますよ。国民を監視し、自由を奪う世界を許してはいけません。

↓この動画、近未来かもしれませんね。

 

https://youtu.be/kdRPrnsFXjo

 

「すべての者にその右手か額に刻印を押させた。 そこで、この刻印のある者でなければ、物を買うことも、売ることもできないようになった。」(黙示録13:16.17)

黙示録の預言のような世界です。

この動画は、まだかわいいものです。隣国の教育施設は、牢の中でも手に枷をかけられて、スピーカーで共産主義思想を一日中聞き、過酷な労働をし、思想改造を行うのです。どれだけのクリスチャンや民主活動家が教育施設とよぶ強制施設で迫害されていることか。自分と思想が違うだけで、人々を拘束するのですから、共産主義は、他の思想や価値観を否定し、理解しようとしないカルト宗教と同じ盲信のひとつです。法輪功邪教と言って投獄し人々の臓器を奪う思想?どちらが邪教だか?

ユートピア?これが人間の作る新世界秩序なのでしょう。

私たちは、他の思想や宗教の自由を侵害せず、他の思想の人々にも、愛を示しながら生きていきます。これからも、歴史の事実を見ながら判断していきましょう。

つぎの黙示録の預言がどのように実現するか、主の救いがどのように現れるかを。

「第二の獣は、獣の像に息を吹き込むことを許されて、獣の像がものを言うことさえできるようにし、獣の像を拝もうとしない者があれば、皆殺しにさせた。 また、小さな者にも大きな者にも、富める者にも貧しい者にも、自由な身分の者にも奴隷にも、すべての者にその右手か額に刻印を押させた。 そこで、この刻印のある者でなければ、物を買うことも、売ることもできないようになった。この刻印とはあの獣の名、あるいはその名の数字である。 ここに知恵が必要である。賢い人は、獣の数字にどのような意味があるかを考えるがよい。数字は人間を指している。そして、数字は六百六十六である。」
‭‭ヨハネの黙示録‬ ‭13:15-18‬ ‭新共同訳‬‬
https://bible.com/bible/1819/rev.13.16-18.新共同訳

f:id:AdonaiQuoVadis:20220223031024j:image

2022.2.22撮影