神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

 神の臨在(至聖所)の中で開かれる聖書の啓示を紹介します。聖書の日本語訳に疑問を持ったのを切掛けに、プロテスタント、カトリック、ユダヤ教などに学び、聖書解釈の記事も載せていきます。栄光在主!

昼のご臨在 〜勝利のV

f:id:AdonaiQuoVadis:20220624115215p:image

2022.6.24撮影

梅雨明けか、から梅雨か、、夏がやってきたように見えます。

精度も高く確実に実現してきた聖書預言。黙示録(啓示録)は、終末の審判に向けて現代を預言しています。

黙示録16章の鉢のさばきも同時展開していくのでしょうか。

「そこで、第一の天使が出て行って、その鉢の中身を地上に注ぐと、獣の刻印を押されている人間たち、また、獣の像を礼拝する者たちに悪性のはれ物ができた。 第二の天使が、その鉢の中身を海に注ぐと、海は死人の血のようになって、その中の生き物はすべて死んでしまった。 第三の天使が、その鉢の中身を川と水の源に注ぐと、水は血になった。 そのとき、わたしは水をつかさどる天使がこう言うのを聞いた。 「今おられ、かつておられた聖なる方、 あなたは正しい方です。 このような裁きをしてくださったからです。 この者どもは、聖なる者たちと 預言者たちとの血を流しましたが、 あなたは彼らに血をお飲ませになりました。 それは当然なことです。」 わたしはまた、祭壇がこう言うのを聞いた。 「然り、全能者である神、主よ、 あなたの裁きは真実で正しい。」 第四の天使が、その鉢の中身を太陽に注ぐと、❶太陽は人間を火で焼くことを許された。 人間は、激しい熱で焼かれ、この災いを支配する権威を持つ神の名を冒瀆した。そして、悔い改めて神の栄光をたたえることをしなかった。 第五の天使が、その鉢の中身を獣の王座に注ぐと、獣が支配する国は闇に覆われた。人々は苦しみもだえて自分の舌をかみ、 苦痛と❷はれ物のゆえに天の神を冒瀆し、その行いを悔い改めようとはしなかった。 第六の天使が、その鉢の中身を大きな川、ユーフラテスに注ぐと、❶川の水がかれて、日の出る方角から来る王たちの道ができた。 わたしはまた、竜の口から、獣の口から、そして、偽預言者の口から、蛙のような汚れた三つの霊が出て来るのを見た。 これはしるしを行う悪霊どもの霊であって、全世界の王たちのところへ出て行った。それは、全能者である神の大いなる日の戦いに備えて、彼らを集めるためである。 ――見よ、わたしは盗人のように来る。裸で歩くのを見られて恥をかかないように、目を覚まし、衣を身に着けている人は幸いである。―― 汚れた霊どもは、ヘブライ語で「ハルマゲドン」と呼ばれる所に、王たちを集めた。 第七の天使が、その鉢の中身を空中に注ぐと、神殿の玉座から大声が聞こえ、「事は成就した」と言った。 そして、稲妻、さまざまな音、雷が起こり、また、❸大きな地震が起きた。それは、人間が地上に現れて以来、いまだかつてなかったほどの大地震であった。 あの大きな都が三つに引き裂かれ、諸国の民の方々の町が倒れた。神は大バビロンを思い出して、御自分の激しい怒りのぶどう酒の杯をこれにお与えになった。 すべての島は逃げ去り、山々も消えうせた。 一タラントンの重さほどの大粒の雹が、天から人々の上に降った。人々は雹の害を受けたので、神を冒瀆した。その被害があまりにも甚だしかったからである。」
‭‭ヨハネの黙示録‬ ‭16:2-21‬ ‭新共同訳‬‬
https://bible.com/bible/1819/rev.16.2-21.新共同訳

 

戦争のあとに❶旱魃、コロナのあとに❷腫れ物、そして❸巨大地震が続くのでしょうか。

しかし、我々はキリストの福音と贖いの祝福を携えて収穫の祝福にあずかるのです。

 

https://youtu.be/NjFLVHStQgo