神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

 神の臨在(至聖所)の中で開かれる聖書の啓示を紹介します。聖書の日本語訳に疑問を持ったのを切掛けに、プロテスタント、カトリック、ユダヤ教などに学び、聖書解釈の記事も載せていきます。栄光在主!

トマスの福音書50 〜持たざる者の諸天

しばらく休んでいたトマスの福音書の解説をゆっくりですが再開いたします。

トマスの福音書は、イエスの語録集であり、前後の句の繋がりがないことも多く、難解なものもあります。

資料としては、「Coptic/English.Translation of The Gospel of Thomas.Revised November 22, 2002.Copyright ã1997-2002, Michael W. Grondin. 」を参考にし、解読しました。そのため、一般の日本語の解説書より、全114節の番号割り振りが、何節かずれています。今回、このブログで扱う50節は、一般には54節として紹介されています。

なるべく最初は原文に忠実に「直訳」を心がけ、四福音書の共通項を参考に、ことばの意味を「解読」し、前後関係がなく難解なため、最後に四福音書と絡めた解釈を含めて「意訳」を試みています。

 

50

Said-JS50 this: ()-blessed-ones are ❶the-po -or, for yours is the-kingdom-of(the)❷heaven(s). 

 

50直訳

JS50 ()祝福された者たちは、❶貧しい者だ。あなたたちのために(その)❷天[複数]の王国[単数]はある。

 

主イエスが、かつて山上の垂訓で宣べられた八つの祝福の最初の句と同様の一節です。福音書から、見てみましょう。


マタイ伝

ΚΑΤΑ ΜΑΤΘΑΙΟΝ 5:3 Greek NT: Nestle 1904
Μακάριοι ❹οἱ πτωχοὶ τῷ πνεύματι, ὅτι αὐτῶν ἐστιν ἡ βασιλεία τῶν ❸οὐρανῶν.

「❹霊の中で貧しい人たちは幸いである.❸天の王国は彼らのものだからである。マタイ5:3(回復訳)

ルカ伝

ΚΑΤΑ ΛΟΥΚΑΝ 6:20 Greek NT: Nestle 1904
Καὶ αὐτὸς ἐπάρας τοὺς ὀφθαλμοὺς αὐτοῦ εἰς τοὺς μαθητὰς αὐτοῦ ἔλεγεν Μακάριοι ❶οἱ πτωχοί, ὅτι ὑμετέρα ἐστὶν ἡ βασιλεία τοῦ ❺Θεοῦ.

さて、イエスは目を上げ、弟子たちを見て言われた、「❶貧しい人たちは幸いである.❺神の王国はあなたがたのものだからである。ルカ6:20(回復訳)

 

トマス  50の「❶貧しい者」がルカ伝と同じであることが、わかります。

マタイ伝では、「❹霊の中で貧しい人たち」となっています。日本語聖書では、一般的に「霊」を「心」と訳してしまっています。新改訳などは、大切な「霊と心(思い)、魂と生命」を混同してしまい、原文の真意が伝わらなくなっているので、回復訳を使いました。

また、トマス  50の「❷天の王国」とマタイ伝5:3原文の❸οὐρανῶνは「❸天の王国」で同じですが、ルカ伝では、「❺神の王国」となっています。

トマス伝は、マタイ伝とルカ伝の各節の要素を合わせ含んだ文だと言えます。

 

さて、Michael W. Grondinの「❷天の王国」は、「❷天[複数]の王国」と訳しています。どういうことでしょう。天国はひとつでは無いのでしょうか。

パウロは、天国について その書簡の中で❻第三の天に奪い去られた(上げられた)と言っています。

2コリント12:2

「わたしはキリストの中にある一人の人を知っています.十四年前(肉体の中であるか、わたしは知りません.それとも肉体を離れてであるか、わたしは知りません.神が知っておられます)、そのような人が、❻第三の天に奪い去られました。」2コリント12:2(回復訳)

また申命記には、こうあります。

「見よ、❼天とその天の天も、地と地にあるすべてのものも、あなたの神、主のものである。」
‭‭申命記‬ ‭10‬:‭14‬ 新共同訳‬
https://bible.com/bible/1819/deu.10.14.新共同訳

 

つまり、天には、複数の天があるようです。

アブラハムの宗教(ユダヤ教キリスト教イスラム教)には、七つの天国があるとされます。ここでの天国とは、死後の世界というよりは天使の住処という意味合いが強いようです。

タルムードでは上位から次のようにされていますが、いくつかの異説もあります。

 
      ラテン文字 ヘブライ文字 聖書箇所

第7天 ʿAraboṯ ערבות 
第6天 Maḵon     מכון     ⅠKings 7:30, Deut 28:12
第5天 Maʿon      מעון      Deut 26:15, Ps 42:9
第4天 Zebul      זבול       Isa 63:15,
第3天 Sheḥaqim  שחקים      Ps 78:23, Ps 19:7
第2天 Raqiʿa  רקיע    Gen 1:17
第1天 Vilon   וילון   Isa 40:22

出典

https://www.jewishencyclopedia.com/articles/1521-angelology#anchor20

 

 

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/7%E3%81%A4%E3%81%AE%E5%A4%A9%E5%9B%BD

 

 

https://www.wikiwand.com/ja/7%E3%81%A4%E3%81%AE%E5%A4%A9%E5%9B%BD

 

その❷天は[複数]ありますので、「諸々の天」としても王国は単数です。つまり、「諸々の天を治める王の国」という意味でしょう。それは、最上の天の王国にちがいありません。

 

天国の階層は、いくつあるかははっきり分かりませんが、ひとつ大切なことは、天国を体験しなければ、議論だけしても何にもならないということです。

東洋の聖フランシスコと言われたサンダー   シング は、こう話しています。

〜神の言葉を分析できる化学者は大勢います。「これはパレスチナのこと、これはギリシャのこと、等々」と彼らは語ります。彼らは、いろいろなやり方でそれについて沢山の事柄を解説してみせますが、霊的なミルクをけっして飲みません。彼らは分析するだけで、神の言葉を飲まないため、誘惑を克服するに十分な強さを得られずにいます。聖書の批判研究に大きな危険があるというのはこのためです。

子供を抱いて「天国とはこのようなものです」と言われた主は、このことをよくご存じでありました。あなた方は、手に取って飲む子供のようでなければなりません。子供のような信仰を持つ人々は奇跡的な働きをしています。彼らは、聖霊の力に動かされ、他の人々の心を動かします。

学者は頭をひねり、他人の頭を動かすことはできても、心を動かすことはできません。頭から出てくるものは頭にしか触れません。

しかし、心から出てくるものは心に触れます。心の造り手である主は、人の心に触れるのです。そうなるのは、祈りの中で、主とともに静かな時を過ごすときです。

そのときに、心はわれわれの主であり、王の王であられる方の座となります。そこにおいて、主は心の言葉で霊魂に語りかけ、多くの驚くべき事柄を啓示され、わたしたちは主の栄光を見、多くのことを理解します。このようなことは、霊的経験を通してのみ可能なのです。〜サンダー   シング 

 

また、マタイ11:25にこうあります。

「その時、イエスは答えて言われた、「父よ、天と地の主よ、あなたをほめたたえます.あなたはこれらの事柄を知恵や学識のある者から隠して、幼子たちに啓示してくださいました。」回復訳

また、マルコ10:13-16には、こうあります。

「さて、人々はイエスの所に小さい子供たちを連れて来て、彼に触っていただこうとした.ところが、弟子たちは彼らをしかった。
しかし、イエスはそれを見て、憤って彼らに言われた、「小さい子供たちをわたしに来させなさい。彼らをとどめてはならない.神の王国は、このような人たちのものだからである。
まことに、わたしはあなたがたに言う.だれでも❽小さい子供のように神の王国を受け入れない者は、決してその中に入ることはない」。
エスは彼らを腕に抱き、手を置いて、❾熱く祝福された。」回復訳

つまり、「❽小さい子供のように神の王国を受け入れない者は、決してその中に入ることはない」と言っています。❽小さい子供は、何も持たず、貧しい乏しい、まさに小さい者です。しかし、小さい子供は、神の王国を素直に受け入れる心があります。臆せず、霊的ミルクを求めて主イエスに近づいて行きます。その時、イエスは彼らを腕に抱き、手を置いて、❾熱く祝福されたのです。

 

以上を参考にトマス福音書50を意訳してみます。

50意訳 

JS50 ()祝福された者たちは、(何も持たない)貧しい者だ。あなたたちのために❷(その)(諸々の)天の王の国(単数)はある。(❽小さい子供のように神の王国を受け入れなさい。)

 

f:id:AdonaiQuoVadis:20221202014516j:image

冬桜 2022.11撮影

枯れる木々の中でいち早く復活の花を咲かせるアロンの杖のようだ

 

https://adonaiquovadis.hatenablog.com/entry/2016/03/19/071049