神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

 神の臨在(至聖所)の中で開かれる聖書の啓示を紹介します。聖書の日本語訳に疑問を持ったのを切掛けに、プロテスタント、カトリック、ユダヤ教などに学び、終末預言や聖書解釈の記事も載せていきます。栄光在主!

戦争と戦争のうわさ

プランデミックと戦争で緊急事態宣言を狙っているのだろう。米大統領選は、チャラにしたい。

G7では、ゼレンスキーを呼んで戦争会議をやっている。

ウクライナは6月中にロシア国内へ大規模なミサイル攻撃をし、核戦争をやりたい。NATO軍も参戦して、核戦争になり、大惨事となる可能性が高まる。

セルビアのアレクサンダル・ヴチッチ大統領:は、我々は大惨事に向かっている。列車はすでに駅を出発し、もはや止められない。欧州がロシアと戦争状態になるのは「3、4カ月以内」だと言っている。

f:id:AdonaiQuoVadis:20240615102418j:image

https://x.com/oikawa_yukihisa/status/1801625306547319158?s=46&t=jGxXK4ubz621xPO1zLbDtg

 

奴らは、いろんなところに火をつけて、よく燃える場所を探している。コロ、ウク、中東、台湾、米中対立、鳥インフル、WHO、金融危機、飢饉、、、、世界の分断と混乱と死が奴らの目的への近道。

金の力で国家のトップを作り上げ、そのエージェントたちを使い、G7で戦争の打ち合わせをしたようだ。みんな奴らのパペット。グローバリストの集まり。

人口削減と世界統一政府〜これが奴らの目的。

その達成のために大艱難は、複合的にやってくる。

主イエスは、終末期について、「慌ててはいけない」と言われている。

「「おっしゃってください。そのことはいつ起こるのですか。また、そのことがすべて実現するときには、どんな徴があるのですか。」 イエスは話し始められた。「人に惑わされないように気をつけなさい。 わたしの名を名乗る者が大勢現れ、『わたしがそれだ』と言って、多くの人を惑わすだろう。 戦争の騒ぎや戦争のうわさを聞いても、慌ててはいけない。そういうことは起こるに決まっているが、まだ世の終わりではない。」
‭‭マルコによる福音書‬ ‭13‬:‭4‬-‭7‬ 新共同訳‬
https://bible.com/bible/1819/mrk.13.7.新共同訳

我々は無畏心を忘れてはならない。

無畏心とは↓

https://adonaiquovadis.hatenablog.com/entry/2016/06/24/224713