神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

 神の臨在(至聖所)の中で開かれる聖書の啓示を紹介します。開示できるもののみです。栄光在主!

祈りの中で114 〜コルベ神父の無畏心

夜半の祈りの中で、示されたこと。コルベ神父の身代わりの行動について、その秘訣を主が示してくださいました。

1.神父には、無畏心があった。怖れを知らない信仰があった。餓死室をも怖れない信仰があった。どんな境遇でも「救われている」という信仰があった。牢獄でパウロとシラスのように讃美と祈りを捧げたのは、信仰に基づいた無畏心のなせるわざだ。

使徒言行録16章 25節
真夜中ごろ、パウロとシラスが賛美の歌をうたって神に祈っていると、ほかの囚人たちはこれに聞き入っていた。(新共同訳)

2.コルベ神父には、意識しない愛があった。無畏心の上に隣人を思いやる無意識の愛があった。親切で人に道を譲るような無意識の愛があった。その愛は、主の栄光を現すことになった。

ヨハネによる福音書15章 13節
友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない。(新共同訳)

3.コルベ神父には、天においても地においても、いっさいの権威を持つ主イエスが共にいることがわかっていた。だから、終始堂々として、身代りすら進んで申し出れたのだ。

マタイによる福音書28章18-20節

28:18イエスは来て、彼らに語って言われた、「天においても地においても、いっさいの権威がわたしに与えられている。

28:19だから、行って、すべての国民を弟子とし、父と子と聖霊の名の中へと彼らをバプテスマして、
28:20わたしがあなたがたに命じておいたことを、すべて守るように教えなさい。見よ、わたしはこの時代の満了まで、日々あなたがたと共にいる」。(回復訳)

〜聖コルベ館HPより〜

「そのとき、囚人の中からひとりの男が所長の前に進み出た。

所長は銃を突きつけ「何が欲しいんだ、このポーランド人め!」と怒鳴った。

しかし、男は落ち着いた様子と威厳に満ちた穏やかな顔で「お願いしたいことがある」と言った。

所長が「お前は何者だ」と問うと、その男は「カトリックの司祭です」と答えた。そして静かに続けた。「自分は、妻子あるこの人の身代わりになりたいのです」。

所長は驚きのあまり、すぐには言葉が出なかった。囚人が皆、過酷な状況の中で自分の命を守るのに精一杯なのに、他人の身代わりになりたいという囚人が現れたのだ。

その場のすべての者は呆然となった。しばらくして所長は「よろしい」と答え、コルベ神父を受刑者の列に加え、ガヨヴィニチェクを元の列に戻すと、黙り込んでしまった。」〜以上〜

なるほど、彼の顔は、すでに勝利した!と語っています。彼は勝利者そのものです。私は、コソコソ逃げようとしたが、彼は堂々とアウシュヴィッツで主の権威を現しました。その姿に所長もたじろぐほどでした。

f:id:AdonaiQuoVadis:20180618021530j:image

 

 

トマスの福音書39 〜「知識」の鍵

継続してトマスの福音書を解説し、意訳しています。

 

39節

*Said-JS39 this: the-Pharisee-s and-the-scribes, they-took the-keys of-Knowledge; they-hid-them; > -nor did-not-they-go in, and those-who-desire to-go in, did-not- they-permit-them. > You(pl), hwvr, come-to-be cunning, like the-snakes, and innocent, like the- doves.

 

39直訳

エスはこう言った:❶パリサイ人や律法学者たちは❷「知識」の鍵(複数)を得た;彼らはそれを隠し、❸彼らも入らないし、入りたい人々に入るのを許さなかった。だが、あなた方は、❹蛇のように狡猾に、鳩のように素直になるべきだ。

 

ルカ伝11章に似た聖句があります。

11:39しかし主は彼に言われた、「あなたがた❶パリサイ人は、杯や皿の外側を清めるが、内側は略奪と悪で満ちている。*******

11:46イエスは言われた、「あなたがた❶律法学者も災いである! 人々に負い切れない重荷を負わせて、自分はその重荷に指一本も触れようとしない。
11:47あなたがたは災いである! あなたがたは❺預言者たちの墓を建てている.しかし、あなたがたの先祖が彼らを殺したのだ。
11:48あなたがたはその先祖のしわざの証人であり、それを完全に是認している.彼らが❺預言者たちを殺し、あなたがたがその墓を建てているからである。
11:49だから、神の知恵も言っている、『わたしは彼らに❺預言者たちや使徒たちを遣わすが、彼らはある者を殺し、ある者を迫害するであろう.
11:50それは、世の基が置かれた時から流されてきたすべての❺預言者の血について、この世代が責任を問われるためである.
11:51すなわち、アベルの血から、祭壇と宮の間で殺されたザカリヤの血に至るまでである』。そうだ、わたしはあなたがたに言う.この世代がその責任を問われるであろう。
11:52あなたがた❶律法学者は災いである! あなたがたは❷知識のかぎを取り上げて、❸自分も入らなかったし、入ろうとした人たちをも妨げてきた」。(回復訳)

 

文脈から見ると、❷知識の鍵とは、❺預言者や使徒たちのことを指すと思います。

 

マタイ伝10章には、蛇と鳩の句があります。

10:16見よ、わたしがあなたがたを遣わすのは、羊をおおかみのただ中に遣わすようなものである。だから❹蛇のように賢く、はとのように純真でありなさい。
10:17❶人々に気をつけなさい.彼らはあなたがたをサンヒドリンに引き渡し、彼らの会堂でむち打つであろう。
10:18また、あなたがたはわたしのゆえに、総督たちや王たちの前に連れて行かれ、彼らと異邦人に対して証しをすることになる。
10:19しかし、彼らがあなたがたを引き渡す時、どのように語ろうか、あるいは何を語ろうかと、心配してはならない.あなたがたが語るべきことは、その時あなたがたに与えられるからである.
10:20というのは、語る者はあなたがたではなく、あなたがたの中で語るあなたがたの父の霊だからである。(回復訳)

 

この箇所での❶人々とは、❶パリサイ人や律法学者を指していると思われます。❺預言者や使徒たちを迫害する❶パリサイ人や律法学者に対しては、❹蛇のように賢く、鳩のように純真に対応すべきだと語っているのです。❶パリサイ人や律法学者とは、宗教指導者でした。現代でも危険な宗教指導者がいることは、理解できます。また、❹蛇のように賢く狡猾に〜とは、蛇のように敏(さと)く、間違いを見抜くことを言っています。

 

39意訳

エスはこう言った:❶パリサイ人や律法学者たちは(❺預言者や使徒たちを通して)❷「知識」の鍵(複数)を得たが、彼らはそれを隠し、❸彼らも(天国へ)入らないし、(天国へ)入りたい人々にも入るのを許さなかった。だが、あなた方は、(❶パリサイ人や律法学者たちのような宗教指導者)に対して❹蛇のように敏く、鳩のように純真に対応すべきだ。

🎶 It is well with my soul 〜臨在を呼ぶ讃美60

アカペラで歌っている!

https://youtu.be/ZYrL9ea1XUg

 

https://youtu.be/WIPK7XHUmHk

 

同じ聖言に行き着く 〜努力が必要?

命に至る門は狭く、その道は細いので、それを見いだす者は少ない。マタイ7:14

 

エスは人々に言われた、「❶努力して、❷狭い門を通って入りなさい.わたしはあなたがたに言う.多くの人は入ろうとするが、できないからである。ルカ13:24

 

わたしは門である.だれでも❸わたしを通って入る者は救われ、また入ったり出たりして、牧場を見いだす。ヨハネ10:9

 

※「❸わたしを通って入る」とは、あなたの十字架の贖いの御業により入ることなのですね。神には可能なのですね。十字架という❷狭い門を通って入るとは、どんな❶努力が必要なのですか?


24それから、イエスは弟子たちに言われた、「だれでもわたしについて来たいと思うなら、❹自分を否み、❺自分の十字架を負い、わたしに❻従って来なさい。
25自分の魂の命を救おうとする者はそれを失い、❼わたしのために自分の魂の命を失う者はそれを見いだす。
26人が全世界を手に入れても、自分の魂の命を失ったなら、何の益があるだろうか?人は自分の魂の命と引き換えに、何を与えることができるだろうか?
27なぜなら、人の子は彼の父の栄光の中で、御使いたちと共に来るが、その時それぞれに、❽行ないにしたがって報いられるからである。

マタイ16:24-27(回復訳)

 

※❶努力とは、❹自分を否み、❺自分の十字架を負い、主に❻従って行くことなのですね。十字架を負いあなたと共に行くことなのですね。十字架とは、❼あなたのために自分の魂の命を失うことなのですか?御再臨のときに、❽行ないにしたがって報いられるのですね。弟子たちが十字架を慕い殉教したのも、コルベ神父が収容者の身代りを申し出て殺されたのも、あなたに❻従った❽行為なのですね。どうぞ同じように従わさせてください。

http://adonaiquovadis.hatenablog.com/entry/2017/04/30/000249

f:id:AdonaiQuoVadis:20180612033210j:image