神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

 神の臨在(至聖所)の中で開かれる聖書の啓示を紹介します。開示できるもののみです。栄光在主!

達磨大師の耳輪 〜奴隷となったトマス

f:id:AdonaiQuoVadis:20180815171444j:image

達磨大師

 

使徒トマスは、インドへ伝道に行き、達磨(トマ)とよばれ、インドで殉教したと伝えられています。実際インドでは、すでに二世紀にはキリスト教徒の数もかなりのものになり、三世紀にはキリスト教の団体もありました。

新約聖書外典のトマス行伝には、デドモ、ユダと呼ばれた使徒トマスがインドへ行く顛末について書いてあります。その内容がトマスらしくておもしろいので、紹介します。

エルサレム使徒たちは、くじ引きでそれぞれの宣教地を決めました。ユダと呼ばれるトマスは、インドに行くことになります。しかし、トマスはインドへ行くことを嫌がります。

その頃、エルサレムには、インドで宮殿を建築する大工を探しに来たハバンと言う商人が滞在していました。

そのハバンに、主イエスが現れ、トマスを宮殿建築のため奴隷として売り渡す約束をしたのでした。

ハバンは、トマスに、「イエスは、あなたの主人ですか?」と聞きます。トマスは、「はい」と答えて、インド商人ハバンの奴隷としてインドに渡ることになったのです。

トマスがインドに着くと、インドの国王グンダファルのために宮殿を建てることになりました。しかし、奴隷にもかかわらず、インド人に宣教し、多くの実を結ぶのでした。そのあとは、以前の記事をお読みください。

http://adonaiquovadis.hatenablog.com/entry/2017/12/11/013616

中国の古い達磨大師像を見ますと、耳に大きな耳輪がついています。禅の開祖が大きなイアリングをしているなんて、おかしなことだと思いませんでしたか?かつては、奴隷身分を示すため、耳から外すことのできないタイプの耳輪が用いられていたそうです。

達磨大師には、当時の奴隷のしるしであった耳輪がついていたわけです。つまり、達磨は、奴隷であったわけです。

 

使徒の布教区域の割当て(M・M・ニナンによる)

◇シモン・ペトロ パルティア(ポントス、ガラテヤ、カッパドキア、アジア、ビテュニア) ブリテン

◇アンデレ カッパドキア ガラテヤ ビテュニア スキタイ

熱心党のシモン 北アフリカ ブリテン

◇アルファイの子ヤコブ スペイン

◇ディデュモスのトマス パルティア メディア ペルシア 北西インド   (*)

バルトロマイ パルティア メディア ペルシア 北西インド

◇ユダ アッシリア メソポタミア

◇フィリポ スキタイ 小アジア北部

◇マタイ パルティア ヒンドゥークシ

ヨハネ ガリア(フランス)

ヤコブヨハネの兄弟) ヘロデ王により斬首

◇マティア ダキアルーマニア) マケドニア

パウロ 小アジア南部 英国諸島 

 

*1656年、使徒トマスについて調査するためにローマ法王はカルメル修道会のヴィンチェンゾ・マリア神父をインドへ派遣しました。マリア神父によれば、トマスは、はるか東の中国西安にまで足を伸ばしたといいます。最期は、インド南部のマラバル海岸で福音を伝え、コロマンデル海岸(マドラスとマイラプール)へ移動したあと彼は殉教者となったそうです。

生命を賭した使徒たちの姿が垣間見れます。

夜のご臨在 〜天からの視線

f:id:AdonaiQuoVadis:20180813194941p:image

f:id:AdonaiQuoVadis:20180813233242j:image

2018.8.13撮影

ルカによる福音書
12:38主人が真夜中に帰っても、夜明けに帰っても、目を覚ましているのを見られる僕たちは幸いだ。(新共同訳)

12:37主人が来た時に、目を覚ましているのを見られる奴隷たちは幸いである。まことに、わたしはあなたがたに言う.主人は自ら帯を締め、彼らを食卓に着かせ、来て彼らに給仕してくれる。
12:38また、彼が第二の夜回りの時(21:00-0:00)か、第三の夜回りの時(0:00-3:00)に帰って来ても、奴隷たちがそのようであるのを見られるなら、幸いである。(回復訳)

天の御座の主とキリストを礼拝せよ2 〜サンダー・シングSS19

サンダー・ シングは、その著『神との対話』の序文で、自分がイエス・キリストと神秘の交わりを持ったときの内的状況を、次のように書いている。「主は、わたしのハートの鍵を手に入れておられた。その愛の鍵で、わたしの心の奥まった部屋を開けるや、主はその尊き現存でそれを満たされた。そしてわたしは内も外も、自分の見るどこにおいても、主のお姿しか見えなくなった。この時に、わたしは人間の心が神の御座、砦そのものであり、神がそこにはいられ、お住まいになるときに、天国が始まることを知ったのである」。「東洋的修行において、第三の目を霊眼とか千里眼とか呼び、額にばかり意識を集中させる人々がいるが、胸において霊魂と神との合一があるときに、初めて脳の中枢は本来の活動を発揮する。この逆はありえない」と聖人は述べている。サンダー・シングの言葉の中に、「心」とあるのはハート(胸) のことである。文脈により、言葉を「胸」に置き換えて読んでいただきたいと思う。「マインド」という語も「心」と訳せるが、これはむしろ、知、精神の方の「心」で、サンダー・シングの言葉の中には出てこない。

「宗教とはハートの問題である。人が、心を開くときに真理を知る。知性によってでも、目によってでもなく、ただ心の奥底を通してわれわれはそれを知るのだ。それ以外のことは本を通して学ばなければならないが、イエス・キリストを知るのに、本の知識は不要である。あなた方に必要なのは、心を明け渡すことである。回心前の自分が、罪を犯すまいと努力したが、誘惑を克服することができなかった。イエス・キリストに心を捧げたときに、それが可能になった。あなた方の心をキリストに捧げることである。あなた自身を主に屈服させ、主に自分を支配していただくことである」。

「ハートは、霊魂の最奥部である。心は、いわば見えざる世界からの無線情報を受信するが、頭は見える世界に関わっている。霊的実在の核心を見、感じるのは心である。頭は、わたしが心で見たものに黙って従う。自分がまず第一に心で見ていなければ、頭はこれを信じることはないだろう。心は、頭を超越しているのである。頭で得た知識は、ハートまで下ってくることはない。わたしは川の中から石を拾って割って見たことがある。15センチほどのこの石は外側は濡れていたものの、内側と中央部は乾いていた。石は水の中にあったが、水は石の中にはなかった。人間にあっても同じことである。キリスト教会には、キリストに関して多くのことを知っていながら、心が石のように乾いている人々がいる。キリストが心の中にいないのだ」。

*******

「神秘家が嘘を言っていないことは、その生き方によって確かめることができる。そこで、まず、彼の言うことに耳を傾け、次にその言葉をあなた自身が体験によって生き、確かめてみることである。

霊的事柄を、霊的経験は何一つ持たない科学者の判断に委ねることほど愚かなことはない。日食がいつ起こるかわかる科学者も、罪という日食について何一つ知らずにいるのだ。眼球にはものを見る力が備わっているが、光に照らされなければものを見ることができない。同じように知性と言う目にも、見る力は備わっているが、『義の太陽』に照らされないうちは、見ることができないのである」。

〜サンダー・シング“At the Master's Feet”『神との対話』より

 

啓示録からの「礼拝せよ1」〜で示された方法で、ぜひ祈って体感してみてください。聖なる御座の前に引き上げられる体験を祈ります。

http://adonaiquovadis.hatenablog.com/entry/2018/08/06/024701

f:id:AdonaiQuoVadis:20180809143730j:image

 

天の御座の主とキリストを礼拝せよ1 〜真の礼拝とは

ヨハネは、幻を見、黙示録(啓示録)の中で、霊的に未来を見ました。そこでは、天の御座の前で礼拝が行われていました。

ヨハネ伝4章

4:24神は霊であるから、彼を礼拝する者は、❶霊と真実の中で礼拝しなければならない」。(回復訳)

❶霊と真実の礼拝とは、どのように行われているのでしょう。

啓示録4章

4:2直ちに、わたしは❶霊の中にいた。すると見よ、❷御座が天に据えられていて、その御座に座している方がおられた。
4:3座している方は、碧玉や赤めのうのようであり、また御座の周囲には、緑玉のように見える虹があった。
4:4御座の周囲には❸二十四の座があり、その座には二十四人の長老たちが白い衣をまとい、頭に金の冠をかぶって座していた。
4:5御座からは、❹いなずまと声と雷鳴とが発している。そして❺🔥七つのともし火が、御座の前で燃えていた。この🔥七つのともし火は、神の❻🔥七つの霊である。
4:6御座の前には、水晶に似た、ガラスの海のようなものがあった。御座の中央と御座の周囲には、前も後ろも目で満ちた四つの生き物がいた。
4:7第一の生き物は獅子のようであり、第二の生き物は子牛のようであり、第三の生き物は人のような顔を持ち、第四の生き物は飛ぶわしのようであった。
4:8その四つの生き物は、それぞれ六つの翼を持ち、周りも内側も目で満ちていた。彼らは昼も夜も休みなく言った、❼「聖なるかな聖なるかな聖なるかな。主なる神、全能者、昔おられ、今おられ、やがて来ようとしておられる方」。
4:9四つの生き物が、御座に座している方に、永遠にわたって生きている方に、❽栄光と尊貴と感謝とをささげると、
4:10二十四人の長老たちは、御座に座している方の御前に❾ひれ伏し、永遠にわたって生きている方を礼拝する。そして、御座の前に彼らの➓冠を投げ出して言う、
4:11⓫「わたしたちの主また神よ、あなたは、栄光と尊貴と力とを受けるにふさわしいです。あなたは万物を創造され、あなたのみこころのゆえに、万物は存在し、創造されたからです」。(回復訳)

啓示録7章

7:10彼ら(印を押された⓬十四万四千人)は大声で叫んで言った、⓭「救いは、御座に座すわたしたちの神と小羊にあるように」。
7:11すべての御使いは、御座と長老たちと四つの生き物との周囲に立った。そして、御座の前にひれ伏し、神を礼拝して
7:12言った、⓮「アーメン。祝福と栄光と知恵と感謝と尊貴と力と勢力とが、わたしたちの神に永遠にわたってあるように。アーメン」。(回復訳)

啓示録11章

11:15第七の御使いがラッパを吹いた.すると、天に大声があって言った、⓯「世の王国は、わたしたちの主とそのキリストの王国となった.彼は4永遠にわたって支配される」。
11:16すると、神の御前で自分の座に着いている二十四人の長老たちは、ひれ伏して、神を礼拝し、
11:17言った、⓰「今おられ、昔おられた主なる神、全能者よ、あなたに感謝します。あなたはご自身の大いなる力を用いて、支配されたからです。」(回復訳)

1️⃣霊の中に天の御座へと近づく

❶霊と真実の中で礼拝するとは、どうすれば良いのでしょうか。

ヨハネは、黙示録4章で、❶「霊の中にいた」と言っています。すると天に入り、❷「御座が天に据えられていて、その御座に座している方がおられた。」と言っています。

まず、霊の中に入ることが、第一段階です。サンダー・シングが祈りと瞑想の恍惚(エクスタシー)の中で経験したように、霊の中に入り、天の御座に近づくことです。御座の周囲には❸二十四の座があり、その座には二十四人の長老たちが白い衣をまとい、頭に金の冠をかぶって座しています。
審判が近づき、御座からは、❹いなずまと声と雷鳴とが発しています。そして❺🔥七つのともし火が、御座の前で燃えています。この🔥七つのともし火は、神の❻🔥七つの霊です。

*「ここの七つのともし火は、出エジプト記第25章37節(出25:37)とゼカリヤ書第4章2節(ゼカリヤ4:2)の、燭台の七つのともし火に基づいています。*神の七つの霊である七つの火のともし火は、神の七倍に強化された霊の照らしと探りを象徴しています。出エジプト記第25章とゼカリヤ書第4章の七つのともし火は、神の動きにおける神の霊の照らしを象徴していますが、それは幕屋のためであれ宮の再建のためであれ、神の建造のためです。ここの七つのともし火は、神の裁きのためですが、やはり神の建造―新エルサレムの建造という結果になります。」(回復訳フットノート)

2️⃣聖なるかな!次元、空間、時間を超越して存在するお方!

❹いなずまと声と雷鳴とが発している中、四つの生き物は、昼も夜も休みなく讃えます。「聖なるかな!」は、大声でなければ聞こえないはずです。

❼「聖なるかな聖なるかな聖なるかな。主なる神、全能者、昔おられ、今おられ、やがて来ようとしておられる方」と。

聖なるかな!(聖なる次元にいる方)

Ⅱ全能者!(空間を超え普遍的な全能者)

Ⅲ昔おられ、今おられ、やがて来ようとしておられる方!(時間を超える永遠の存在者)

次元、空間、時間を超越して存在するお方を崇めるのです。

3️⃣❽栄光と尊貴と感謝とをささげる!

四つの生き物が、御座に座している方に、永遠にわたって生きている方に、❽栄光と尊貴と感謝とをささげています。

4️⃣御前に❾ひれ伏して、金の➓冠を投げ出せ!

長老たちは、御前に❾ひれ伏し、永遠にわたって生きている方を礼拝する。そして、御座の前に彼らの➓冠を投げ出すと言っています。ここでは、行動として、ひれ伏して、金の➓冠を投げ出す(主に心を明け渡す)ことです。

5️⃣栄光と尊貴ととを受けるにふさわしい方!

万物を創造され、みこころのゆえ万物は存在している!

長老たちは言います。⓫「わたしたちの主また神よ、あなたは、栄光と尊貴と力とを受けるにふさわしいです。あなたは万物を創造され、あなたのみこころのゆえに、万物は存在し、創造されたからです!」と。

6️⃣救いの御業を讃えよ!

⓬十四万四千人の聖徒は大声で叫んで言います。⓭「救いは、御座に座すわたしたちの神と小羊にあるように!」

7️⃣祝福と栄光と知恵と感謝と尊貴と力と勢力とが、わたしたちの神に永遠にわたってあるように!
すべての御使いは、御座の前にひれ伏し、神を礼拝して言います。⓮「アーメン。祝福と栄光と知恵と感謝と尊貴と力と勢力とが、わたしたちの神に永遠にわたってあるように!アーメン」*神の七つの霊である七つの火のともし火は、神の七倍に強化された霊の照らしと探りを象徴していますとありましたが、神の七つの特性が永遠にありますように!と祈ります。

8️⃣主の支配を讃えよ!世の王国も主とキリストの支配に入った!

天に大声があって言った、⓯「世の王国は、わたしたちの主とそのキリストの王国となった.彼は永遠にわたって支配される」。
すると、二十四人の長老たちは、ひれ伏して、神を礼拝し、言った、⓰「今おられ、昔おられた主なる神、全能者よ、あなたに感謝します。あなたはご自身の大いなる力を用いて、支配されたからです」と。神と御子の支配がなった!すでに完成した!時間と空間を支配される主に感謝を捧げよ!

1️⃣〜8️⃣は、天の礼拝の様子です。この礼拝が、❶霊と真実(霊とまこと)の中での礼拝の見本なのですね。ハレルヤ!

http://adonaiquovadis.hatenablog.com/entry/2018/08/01/010417