神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

 神の臨在(至聖所)の中で開かれる聖書の啓示を紹介します。開示できるもののみです。栄光在主!

❤️トマスの福音書24④ 〜神の国のイメージを!

開示してから、偶像を拝む(この世を求める)者たちが天国を開こうとしているのでしょう、雑念というか、変なイメージを出しているため、今日の礼拝が深まりませんでした。偶像崇拝者がご臨在に触れると、旧約にあるように癌になったり突然死します。

まず神の国とその義を求めるべき内容なのに、この世のことを求めている。相応しくないままでは、恒常的な接触は危険です。

トマスの福音書24④ への備え 〜を理解してから、開いてください。

****以下原文************

継続してトマスの福音書を訳し、解説しています。 原文は古いコプト語ですので、表示できません。英訳したものを載せます。24節の「イメージ」について体験することで、この世から遊離する危険があるかもしれません。それは、普通の生活が出来なくなると言うことです。それで開示すべきか悩んでいます。しかし、山上の垂訓にあるような高い天の水準に心が達している方もいますので、その方たちのためにも開示してみます。これを体験することは、絶大なる天の恵福を受ける機会でもあります。いよいよ佳境です。後半を解説します。
24節
> Did-JS24 look at-some-little-ones ()taking-milk. > Said-he to-his-disciples this: These-little-ones who-take-mil-k, they-compare to-those-who-go in to-the-king-dom. > Said-they to-him this: then, ()being little-ones, we-will-go into -the-kingdom? > Said-JES2 to-them
this: when you(pl)-should-make-the-two one, and if-you(pl)-should-make-the-side-inner like the-side-outer,and the-side-outer like the-side-inner, and the-side-upper like the-side-lower, > and so you-(pl)-will-be-making the-male and-the-woman that-one alone, so that not-the-male become-male, (nor)-the-woman become-woman; > when you(pl)-should-make some-eyes to-the-place of-an-eye, and a-hand to-the-place of-a-hand, and a-foot to-the-place of-a-foot; an-image to-the-place of-an-image, then you(pl)-will-go into - the-kingdom.
24直訳
「❶ミルクを飲んでいる、数人の者たちを見なさい。彼は、弟子たちにこう言った。:ミルクを飲むこれらの小さな者たちは、❷王国に行く者たちに比べられる。彼らは、彼にこう言った。:それでは、❶小さな者たちになれば、わたしたちは王国に入れるでしょうか?イエスは、彼らにこう言った。あなたがたが、❸二つを一つにするとき、そして、もしあなたがたが❹内側を外側のようにするならば、そして❺外側を内側のように、そして❻上側を下側のように、そしてあなたがたは❼男も女もただ一つにするだろう。それは、男が男性にならず、女が女性にならない。;
もしあなたがたが、❽いくつかの目を❾一つの目の場所に作るなら、24③そして➓一つの手を一つの手の場所に作るなら、⓫一つの足を一つの足の場所に作るなら;24④⓬一つのイメージを一つのイメージの場所に作るなら、そのときあなたがたは、王国に入るだろう。」

原文では「⓬一つのイメージ」は、「IKCON:イコン」です。古来イコンは、板に描かれた聖画を指します。像や絵とも訳せます。ここでは、心の中で描く絵として、「イメージ」と訳します。「⓬一つのイメージを一つのイメージの場所に作るなら」は、❾➓⓫一つの目、手、足の場合と同じで、場所=天国(または地上)に作ることになります。天国は地上にもあるのです。つまり「⓬一つのイメージを天国に形成するなら」となります。⓬一つのイメージとは、どんなイメージなのでしょうか?望んでいる事柄なのでしょうか?
これは、信仰により天国の⓬イメージをこの地上にも形成することです。この説明が、ヘブル書11章にあります。
11:1さて信仰とは、⓭望んでいる事柄plを⓮実体化することであり、⓯見ていない事柄plを⓰確認することです。......11:3信仰によって、わたしたちは、⓱宇宙がの言葉によって組み立てられており、こうして、⓲見えるものは現れている物から出て来たのではないことを理解します。」ヘブル11:1.3(回復訳)
私たちは、この世に生きている間、目に見え触れる物質に支配されています。それは、長年体験として肉に染み付いて、三次元のイメージとして染み込んでしまっています。

4千人の給食の後で弟子たちがパンのことを心配すると、イエスは、「まだわからんのか!」と叱りました。弟子たちのように、何を食べようか、着ようかとこの世のことで頭がいっぱいでは、「まだわからんのか!」と言われてしまいます。この世の物質的イメージを捨て去ることが必要です。

ここでは、この世のものを見つめイメージするのではなく、⓭望んでいる事柄(複数)を実体化し、⓯見ていない事柄(複数)を確認せよと言っています。地上で⓭望んでいる事柄(複数)を実体化するのです。

望んでいるまだ目に見えない事柄は、複数形ですので、どんな望みでも良いようです。著者のパウロは、復活の力に預かり栄化され天国に凱旋することを望んでいました。⓭望んでいる天国を実体化し、⓯見ていない天国を確認せよ。❾一つの目で天国を見つめ、一つの天国のイメージの場所に入れ(地上で天国を開け)とも受け取れます。⓱宇宙がの言葉によって組み立てられていて、⓲見えるものは現れている物から出て来たのではないことをまず理解することです。この世界は、神の言葉に支配され、見えないところから、見える物が物質化するのです。わたしたちの周りの現世の⓲見えるものは、現れている物から出て来たのではなく、神の支配する領域により現実化したのです。このことを理解するだけでは、❷天国(神の支配)を現実化するまでには、至りません。次の体験が大切です。

この世界が天国、則ち神の支配する領域になることが大切なのです。

それは、⓬一つのイメージを確認することです。主イエスは、何度もこのことを話しています。「時は満ち、神の国は近づいた!」マルコ1:15「悔い改めよ!神の国は近づいた!」マタイ4:17「神の国は、あなたがたのただ中にあり!」ルカ17:21「天国は、畑(心)の中の隠された宝だ!」マタイ13:44「神の国は、畑に落ちた種だ!」ルカ8:8「 わたしの指によって悪鬼どもを追い出しているのであれば、の王国はすでにあなたがたに臨んでいるのである!」ルカ11:20

主イエスのように、天国の⓬イメージを確認し目視する方法については、1️⃣基礎として、聖霊体験が必要です。聖霊体験がある方は、御父に呼びかければ、すぐに天が開かれるからです。飢え渇いて求めるなら、与えられます。しかし、はっきりした体験がなくても、次のようにしていけば、天を開くことができるようになるでしょう。

それは、2️⃣神の臨在体験を積むことです。ここでのイメージとは、❷天国(神の支配する領域)のイメージだからです。⓬天国のイメージをはっきり掴むことは、父のご臨在に触れる神の国体験から始まります。詳しく言うと、神の支配する領域に身を置く体験です。

このご臨在に取り囲まれる天国の空気(雰囲気)は、礼拝の中で神様を讃美し求めるときに、体験できます。霊的な教会(エクレシア)に行けば、礼拝中に短時間ですが体験できるはずです。また、祈りの中で体験できます。この貴い体験を求めて行くことが必要です。

短い時間でも、神の聖徒たちの間に入りこの神の国体験を積むことで、あなたの周りは天国、就ち神の支配する領域になるのです。その時に、天から神の国が降りてきます。光あふれるご臨在、天使たちがたくさん来る強い粘っこいご臨在や、引き上げられるようなご臨在の経験ができます。3️⃣その天国を幻視できれば、しめたものです。❾ひとつの目で天が降りてきてあなたを囲むようなご臨在の様子を見とってください。それを⓬一つのイメージとして、焼きつけてください。

詳しくは、「ひとつの目」について、このブログに記事がたくさんあります。どうぞ調べてください。

これからが、大切です。わたしたちは、この世に長く住んできました。そのため、➓片手⓫片足❾片目が、わたしたちをこの世の常識に呪縛し、つまずかせます。それを、YHWHに捧げるのです。天国へ持っていってしまうのです。同じように、わたしたちが心に刻んだ三次元のこの世のイメージも、わたしたちをつまずかせるのです。

この世のイメージを捨て去り、一つのイメージだけを意識してください。そのイメージとは、

天が降りてきてあなたを囲むようなご臨在のイメージ です。4️⃣大切なのは、この地上で天が降りてきてあなたを囲むような神のご臨在のイメージ だけを持つことです。この世は、時が経てば消え去るものです。この世の100年後の人たちを、考えてみてください。100年後、あなたは彼らを誰ひとり知らないでしょう。今のあなたの周りの人は、100年後には皆さんほぼ死んでいるでしょう。この世は、時の中で変化するまぼろしです。しかし、神の国では、100年たっても変化はありません。100年たっても、あなたの兄弟姉妹はみんな元気です。

大切なのは、永遠なる神の国の支配をこの世界にも広げ、いつもイメージすることです。生活の中で、礼拝中に体験した神の国の支配のイメージをいつも意識することです。この世のイメージではなく、天国のイメージだけを持つことで、あなたは奇跡の中で生きていけるのです。

このご臨在体験だけが、真実なのです。言い換えると、天国の存在、御父、御子、そして我らの内の聖霊さまが永遠に「在りて有る」真実なのです。

現に私は、この体験により、力ある奇跡を享受して生きています。

「❷神の国は言葉ではなく、力である。」Ⅰコリント‭4:20‬ ‭

この神の国の体験で、⓱宇宙が神の言葉によって組み立てられていて、⓲見えるものは現れている物から出て来たのではないことを知るのです。

「❷神の国は、あなたがたのただ中にあり」ルカ17:21

 「まことに、わたしはあなたがたに言う.だれでも小さい子供のように❷神の王国を受け入れない者は、決してその中に入ることはない」。マルコ10:15(回復訳)

「天におられるわたしたちの父よ、あなたの御名が聖とされますように.あなたの王国が来ますように.」マタイ6:10.11(回復訳)

 

24④意訳
❶ミルクを飲んでいる赤ん坊たちを見なさい。イエスは、弟子たちにこう言った。:ミルクを飲む赤ん坊たちは、❷王国に行く者たちのようだ。弟子たちは、イエスにこう言った。:それでは、❶赤ん坊のようになれば、わたしたちは王国に入れるでしょうか?イエスは、彼らにこう言った。あなたがたが、ユダヤ人と異邦人の❸二つをキリストにあって一つにし、⓮新しく生まれた新創造された者になるとき、そして、もしあなたがたが赤ん坊が母親に抱かれるように❹内側の聖霊が外側のご臨在に抱かれるならば、そして母と子が一つのように❺外側の神の霊が内側の聖霊と一つになり、そして上の❻天国が下の地上に来るようにせよ、そしてあなたがたは❼男も女もなく、御使いのようにただ一つになるなら。(天には、男性も女性もない)

24②もしあなたがたが、この世に向ける❽いくつかの目(視線)を❾一つの目の場所(天国)に向けるなら、(つまりミルクを飲む赤ん坊が母だけを求め、母を見つめるように)。24③そして目だけでなく、この世で躓かせる➓片手を主に捧げ、天国に創るなら、この世で躓かせる⓫片足を主に捧げ、天国に創るなら、(片手、片足は天界に。もうひとつの手、もうひとつの足は、地上天に活きるのです);24④この世の⓬一つのイメージを捨て去り、天国の一つのイメージだけを地上に創造し、ただ神の国のイメージだけを意識して地上天を創るなら、そのときあなたがたは、天の王国に入るだろう(天の王国は、あなたがたのただ中にあるだろう。)

 

※神の支配の中で泳げるほどの体験をしてください。この世のイメージは一切を捨て、まず、神の国と神の義を第一に求め、天国のイメージだけで生きるのです。暑さも寒さもない。痛みも痒みもほぼなくなります。もうこの世の苦悩はなくなるのです。この体験の享受を祈ります。

「彼がまた一千キュビトを測ると、渡り得ないほどの川になり、水は深くなって、泳げるほどの水、越え得ないほどの川になった。」
‭‭エゼキエル47:5‬ ‭(口語訳)

聖霊に満たされ、泳げるほどのご臨在(川)の中へ!深い川で一つの足が川底から離れ出します!

 f:id:AdonaiQuoVadis:20170720031057j:image