神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

 神の臨在(至聖所)の中で開かれる聖書の啓示を紹介します。聖書の日本語訳に疑問を持ったのを切掛けに、プロテスタント、カトリック、ユダヤ教などに学び、聖書解釈の記事も載せていきます。栄光在主!

祈りの中で 119 〜レーマを学ぶ

夜半の祈りの中で、示されたこと…

1.

Q.父とひとつになるとはどういうことですか?

ヨハネ10:30
わたしと父とは一つである。(新共同訳)

A .父=愛、父とひとつになるとは、愛になることだ。友の為に命をすてる=これよりも大きな愛はない。

ヨハネ15:13
友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない。(新共同訳)

Q.私には、友の為に命を捨てる勇気がありません。どうしたら良いでしょう。しかし、愛がキーワードとなることがわかりました。

ヨハネ15: 9
父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛してきた。わたしの愛にとどまりなさい。(新共同訳)

 

2.

Q.トマス・ア・ケンピスは、「キリストの教えは、聖徒のすべての助言よりも素晴らしく、 キリストの霊を持つものは隠れたマナを見つけ出すでしょう。 福音をしょっちゅう聞いていながら、心にとめない人がたくさんいます。 それはキリストの霊を持たないためです。 キリストの言葉を十分に理解したいと願う人は誰でも、 自分の全生涯をキリストの生涯に一致させようとしなければなりません。」と言っています。どう聖書を読めばいいのでしょうか?もともと、パウロ書簡など(聖徒のすべての助言)は、理屈っぽくて好きではないのです。

A.人はパンのみに生きるにあらずとは、どういう意味かわかるだろう。

マタイ4:4
イエスはお答えになった。「『人はパンだけで生きるものではない。神の口から出る一つ一つの言葉(レーマ)で生きる』/と書いてある。」(新共同訳)

議論や学説はいらない。神から受ける一つ一つの言葉(レーマ:体験の伴うみ言葉、日々、神のご意志そのものが体現されること)で生きていける。現実的な聖言によって、生活することだ。

 

3.

Q.秋雨聖約教会の兄弟姉妹は、いつ解放されるのでしょうか?

A.彼らは、火で精錬された金を手に入れるため、迫害にあっている。彼らは、それを福音伝道のよいチャンスだと考えている。

Q.自分は以前中国で捕まりましたが、外国人ということで、大したこともなくすぐ帰国できました。その時は、きちんと精錬されていなかったので、再度取り扱われたのです。(しかし、不純物のない金とは、主イエスのピスティスです)

A.わたしの目には、迫害を受ける彼らより、安逸に過ごす日本人こそ哀れだ。

 

f:id:AdonaiQuoVadis:20190131191255j:image

 

https://jp.bitterwinter.org/solidarity-to-persecuted-leads-to-persecution/