神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

 神の臨在(至聖所)の中で開かれる聖書の啓示を紹介します。聖書の日本語訳に疑問を持ったのを切掛けに、プロテスタント、カトリック、ユダヤ教などに学び、終末預言や聖書解釈の記事も載せていきます。栄光在主!

全国有志クリスチャンの会

梅垣秀人牧師が、すすめる「全国有志クリスチャンの会」をご存知でしょうか。

 

f:id:AdonaiQuoVadis:20240607153815j:image

https://zenkuri-jp.net/about

この会もあまり知られてないようですが、全国のクリスチャンは、知っておく必要があります。

反ワクをうったえている団体ですが、教会の教役者は、生命を守るため特に敏感に情報収集しておかないといけません。政治家や国際組織には、狼だけでなく、タヌキやキツネがたくさんいるのです。

「イエスがオリーブ山で座っておられると、弟子たちがやって来て、ひそかに言った。「おっしゃってください。そのことはいつ起こるのですか。また、あなたが来られて世の終わるときには、どんな徴があるのですか。」 イエスはお答えになった。「人に惑わされないように気をつけなさい。」
‭‭マタイによる福音書‬ ‭24‬:‭3‬-‭4‬ 新共同訳‬
https://bible.com/bible/1819/mat.24.4.新共同訳

 

世の終わりの注意について、キリストは第一にこう言ったのだ「人に惑わされないように気をつけなさい。」

奴らは、鳥インフルエンザの感染プロパガンダの準備を始めた。そのためのPCR検査を家畜に始めた。再びPCRの結果でマスゴミを使い計画どおりの大騒ぎを始める。パンデミックの定義は、WHOが決める。大したことはなくても、WHOがパンデミックだ!と言えば、パンデミックとなる。大袈裟に騒いで、準備したレプワクを強制する未来は近いのだろう。

奴らは、ワクを絶対に打たない。ダボス会議のプライベートジェットのパイロットたちでもゼロワクなんだ。そして、世界の人々には、毒ワクを打たせる。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN293QB0Z20C24A4000000/

 

f:id:AdonaiQuoVadis:20240607160816j:image

情報弱者にならないように、我々クリスチャンが目を覚さないと!反ワク運動と繋がって行きましょう!