神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

 神の臨在(至聖所)の中で開かれる聖書の啓示を紹介します。聖書の日本語訳に疑問を持ったのを切掛けに、プロテスタント、カトリック、ユダヤ教などに学び、聖書解釈の記事も載せていきます。栄光在主!

律法の終わりを告げる大自由に!敬愛する師35

敬愛する師のことば〜

"貴神(あなた)の指の作品なる天を私は見、あなたが設けられた月と星とを見るときに、人間は何者なので、貴神は御心に留め、何故に人の子を顧み給うのか?"と口ずさまずにおれない(詩編8:3-4)。
「月の照りわたりて歩むを見る時」(ヨブ記31:2 6)私は神の声を聞く。「全能の神の如き者は外になし。彼は天に乗りて汝を助け、雲に乗りて、その威光をあらわす。永久に在す神こそ住所(すみか)なれ。下には永遠の御腕あり。汝の能力は汝が日々に需(もと)むるところに従わん」(申命記33.26-27)と。

※「わが頭上にきらめく月辰と、わが衷(うち)なる道徳律こそ、我が二大驚異である」と哲人カントは言った。外なる道徳で義務的に自分を縛るのではなく、内なる道徳律を身につけて、良心の目覚めに自ずと内発的に神の法を行う人間となることが大切である。「われ新しき心を汝らに賜い、新しき霊魂は汝らの衷に賦け、汝らの衷より石の心を除きて肉の心を与え、我が霊を汝らの衷に置き、汝らをして我が法則に歩ましめ、わが律法を守り行わしめん」(エゼキエル書36:26-27)と。大宇宙の御霊が私に内在するときに、全く法にかないて歩む力を与えられる。シナの孔子は70歳にして「心の欲する所に従いて、矩(のり)をこえぬ」心境に達した。しかし、青年サウルは預言者サムエルの按手を受けて、「❶神の御霊が汝にのぞみ、汝かれらとともに預言し、変わりて新しい人とならん。これらの徴が汝の身に起こらば、❷手のあたるにまかせて事をなすべし。❸神、汝とともに在せばなり」(サムエル前書10: 6-7)と預言された。ここに、「霊に従って歩む我らの中に、律法の義が全うされる」秘密がある(ロマ書8: 4)。我らは老年を待つまでもなく、“❹律法の終わりを告げる大自由に入らせ給え!”(ロマ書10: 4)と祈ろうではないか。〜以上

「キリストは、信じるすべての者を義に至らせる律法の終わりです。」ローマ10:4(回復訳)

夜、NHKスペシャル渡辺恒雄 戦争と政治〜戦後日本の自我像」を見ました。

渡邉恒雄が戦時中、心の頼りとしていたことばが、哲人カントの言った※「わが頭上にきらめく月辰と、わが衷(うち)なる道徳律こそ、我が二大驚異である」(カント「実践理性批判」)にあったことがわかり、今までの彼への評価を見直しました。

敬愛する師は、サムエル前書より、「❶神の御霊が汝にのぞむなら、…❷手のあたるにまかせて事をなすべし。❸神、汝とともに在せばなり」と語っていました。

新共同訳では、

「❶主の霊があなたに激しく降り、あなたも彼らと共に預言する状態になり、あなたは別人のようになるでしょう。 これらのしるしがあなたに降ったら、❷しようと思うことは何でもしなさい。❸神があなたと共におられるのです。」
‭‭サムエル記上‬ ‭10:6-7‬ ‭(新共同訳‬‬)
https://www.bible.com/1819/1sa.10.6-7.新共同訳

回復訳では、

「これらのしるしがあなたに起こるなら、❷手当たり次第に行いなさい.❸があなたと共におられるからです。」サムエル記上‬ ‭10:7‬ ‭(回復訳‬‬)

と書いてあります。

「❷しようと思うことは何でもしなさい。」

これが主のご指示です。

❶主の霊があなたに激しくのぞみ、預言状態になり、別人のようになるなら、「❷しようと思うことは何でもしなさい。」「❷手のあたるにまかせて事をなせ!❸神、汝とともに在せばなり!」と!

何という有り難い御ことばでしょうか!

聖霊を受けた我々は、「❷しようと思うことは何でもせよ!」「❷手のあたるにまかせて事をなせ!❸神があなたと共におられる!」と励まされているのです。それは、❹律法の終わりを告げる大自由に入らせ給うことを意味します。

人間的な考えでなく、❶主の霊があなたに激しく降り、預言状態になり、別人のようになるとき、これらのしるしがあなたに降ったら、❷しようと思うことは何でもしなさい❷手当たり次第に行いなさい.と語っています。その根拠は、❸があなたと共におられるからだと!ハレルヤ!この御ことばが、われわれキリスト者の行動の原動力になるのです。

 

f:id:AdonaiQuoVadis:20200810001748j:image