神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

 神の臨在(至聖所)の中で開かれる聖書の啓示を紹介します。聖書の日本語訳に疑問を持ったのを切掛けに、プロテスタント、カトリック、ユダヤ教などに学び、聖書解釈の記事も載せていきます。栄光在主!

祈りの中で124  〜魂の命を捨てる者

f:id:AdonaiQuoVadis:20210415234859j:image

2021.4.15撮影

祈りの中で示されたこと。

太古の天界では、ルシファー(サタン)とその仲間の起こしたクーデターで大変な戦いがありました。サタンは、かつて天使の長でしたが、自分可愛さに高慢と野心に満ち、天の神様に逆らって、自身が天界の支配者になろうとしたのです。

このことは、天国でのひとつの❶大切なルールが軽んじられた結果でした。

そのルールとは、、

マタイ伝16:25
「自分の魂の命を救おうとする者はそれを失い、❶わたしのために自分の魂の命を失う者はそれを見いだす。」(回復訳)です。

 

この難解な御言葉は、心で思ったことが実現する❶天界のルールでもあり、天国の住人に大きな力が与えられる❶天国の大切な基準なのです。

主イエスは、苦しみもだえながらも❷父を愛し、❸父の御声に従って、十字架上での贖罪のために、この世の魂の生命をささげました。彼は「わたし(父)のために自分の魂の命を失」い、三日目に復活し、「それを見いだした」のです。

 

ルカ伝22章

22:42こう言われた、「父よ、みこころでしたら、この杯をわたしから取り去ってください.しかし、わたしのこころのままではなく、❸あなたのみこころが行なわれますように」。
*******
22:44イエスは苦しみもだえて、ますます切に祈られた.汗は血のしずくのようになって、地にしたたり落ちた。(回復訳)

 

高次の天国へは、「心を尽くし、魂を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である❷主を愛し」、「わたし(主)のために❶自分の魂の命を失う者」でなければ、入ることができません。

なぜなら、自分が一番可愛い者は、天国で自分の欲望にそって、御心にそわないことを行ってしまい、力を受けたまま、自分の欲望にそって堕天使のように反逆を起こしてしまうからです。

マタイ伝22章

22:37「イエスは彼に言われた、「『心を尽くし、魂を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である❷主を愛しなさい』。
22:38これが大切な第一の戒めである。
22:39第二もそれと同じである.『自分自身のように、あなたの隣人を愛しなさい』。
22:40これら二つの戒めに、すべての律法と預言者がかかっている」。(回復訳)

この二つの戒め(ルール)は、思ったことが

実現してしまう天国で生きるための大切なルールです。天国が天国であるためには、「愛」に支配される必要があります。いつもお金のことや自分一人だけの幸せを求めている人が天国へ入ったなら、そこは地獄に変わってしまいます。この世も貧富の格差が多くの問題を生み出し、愛のない人が人間関係の悪化をもたらし、文明が進歩しても地獄を見ている人々がいます。天国のルールを身につけて、やっと神の高度文明社会に適応できるのです。

 

祈りの中で示された天国のルール。その理由を知って、マタイ伝16章のイエスの難解な御言葉がスッキリと理解できるのですね。

マタイ伝16章

16:23イエスは振り返ってペテロに言われた、「サタンよ、わたしから退け! あなたはわたしをつまずかせるものである.あなたは神のことを思わないで、人のことを思っている」。
16:24それから、イエスは弟子たちに言われた、「だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を否み、自分の❸十字架を負い、わたしに従って来なさい。
16:25自分の魂の命を救おうとする者はそれを失い、わたしのために❶自分の魂の命を失う者はそれを見いだす。
16:26人が全世界を手に入れても、自分の魂の命を失ったなら、何の益があるだろうか?人は自分の魂の命と引き換えに、何を与えることができるだろうか?

16:27なぜなら、人の子は彼の父の栄光の中で、御使いたちと共に来るが、その時それぞれに、❹行ないにしたがって報いられるからである。(回復訳)

やっとスッキリしました。理解しただけでなく、❹行ないが伴い、行ないにしたがって報いられる者になりたいのです。

このことに目を開いてくださった主よ!感謝いたします。どうぞ主イエス様がこの者を導いてください。この者が天界のルールを理解して、心を尽くし、魂を尽くし、思いを尽くして、神である❷父を愛して、主のために❶自分の魂の命を失う覚悟を与え、あなたをこの身に着ることができますように、どうぞ日々導きたまえ。主イエス キリストの権威ある御名の中で祈ります。アァメン。