神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

 神の臨在(至聖所)の中で開かれる聖書の啓示を紹介します。聖書の日本語訳に疑問を持ったのを切掛けに、プロテスタント、カトリック、ユダヤ教などに学び、聖書解釈の記事も載せていきます。栄光在主!

5782年に想う 5783年はYovel

安息年(5782)とヨベル(5783)

2021.9.7よりユダヤ暦5782年が始まった。そして、来年はヨベル。

このことは、農業だけでなく、経済や世界情勢にも影響を与えていることを知っているのは、ユダヤ人だけでしょう。

それは、次の計算で、わかる方はわかるでしょう。

5782÷7=826

5782÷49=118

 

What Is Shmita, the Sabbatical Year?
The Torah calls for Jews to work the land six years and let it rest in the seventh.


Cycles of time are central to Jewish life. Just as Shabbat punctuates the week, so too the holidays punctuate the year.


Less known, but no less central in the Jewish cycle of time, is Shmita, the “year of release,” which is more widely known as the sabbatical year. The next Shmita falls in the Jewish year 5782, which begins on Sept. 7, 2021.

Just as the Torah calls for Jews to work six days and rest on the seventh, it calls for them to work the land six days and let it rest in the seventh. After 49 years, seven cycles of seven, the 50th is Yovel – the Jubilee year. However, the Jubilee year has not been marked for centuries.

In the Shmita year, debts are to be forgiven, agricultural lands to lie fallow, private land holdings to become open to the commons, and staples such as food storage and perennial harvests to be freely redistributed and accessible to all.

The first reference to Shmita is in the Book of Exodus (Exodus 23:10-11):


For six years you are to sow your land and to gather in its produce, but in the seventh, you are to let it go [tishm’tenah] and to let it be [u’nitashta], that the needy of your people may eat, and what remains, the wildlife of the field shall eat. Do thus with your vineyard, with your olive grove.
Shmita is further discussed in the Mishnah and Talmud, particularly in Seder Zeraim, the section pertaining to agricultural laws of Israel. In the 11th century, Maimonides (Rambam) further elaborated on the laws in his master work, the Mishneh Torah, which includes a section addressing Shmita both from an agrarian and economic perspective.

Because the laws were interpreted to pertain exclusively to the Land of Israel, they were not a major Jewish focus for the almost 2,000 years in which few Jews lived in Israel. As Jews began returning to Israel in large numbers, in the late 19th and early 20th century, Shmita created some significant hurdles and questions for those early communities in Israel, trying on the one hand, to keep true to the ancient law of the land, and, on the other hand, to meet the conditions necessary for comforts they had grown accustomed to in modern European agricultural and economic systems.

Shmita continues to be a very real part of the religious, agricultural, and economic reality in Israel today, and one that is simultaneously both very exciting and very challenging.

READ: Understanding Shmita, Israel’s Agricultural Shabbat

Today, Shmita challenges all who learn about it to think about what our obligations are to land and people in general, and to land and people within the Jewish world and in Israel, in particular.

In recent years, a growing movement of thinkers and activists has pointed to Shmita as a means of addressing the global environmental problems and economic instability of the 21st century and of challenging contemporary expectations of continual economic growth, development, and individual gains.

Adapted with permission from The Hazon Shmita Sourcebook. Hazon, which means “vision” in Hebrew, is America’s largest Jewish environmental organization and aims to create healthier and more sustainable communities in the Jewish world and beyond. hazon.org

 

 

 

安息年とは?

サバティカルの年、安息年とは?
律法は、ユダヤ人にその土地を6年間働き(耕作し)、7年目に休ませるよう求めています。

時間のサイクルはユダヤ人の生活の中心です。 安息日が週に句読点を付けるのと同じように、安息年も年に句読点を付けます。

あまり知られていませんが、ユダヤ人の時間のサイクルの中心であるのは、安息年として、より広く知られている「解放の年」である安息年です。 次の安息年は、2021年9月7日に始まるユダヤ人の5782年にあたります。
トーラーがユダヤ人に6日間働き、7日目に休むように要求するのと同じように、トーラーは土地に6年耕作をし、7年目に休ませるように求めます。 49年後、7の7サイクルで、50番目はヨベル–ヨベルの年です。 しかし、ヨベルの年は何世紀にもわたってマークされていません。
安息年には、借金は許され、農地は休耕地になり、私有地は地域に開放され、食料貯蔵や多年生の収穫などの主食は自由に再分配され、すべての人が利用できるようになります。
安息年への最初の言及は出エジプト記出エジプト記23:10-11)にあります:

「あなたは六年の間、自分の土地に種を蒔き、産物を取り入れなさい。 しかし、七年目には、それを休ませて、休閑地としなければならない。あなたの民の乏しい者が食べ、残りを野の獣に食べさせるがよい。ぶどう畑、オリーブ畑の場合も同じようにしなければならない。」
‭‭出エジプト記‬ ‭23:10-11‬ ‭新共同訳‬‬
https://bible.com/bible/1819/exo.23.10-11.新共同訳


安息年は、ミシュナーとタルムード、特にイスラエルの農業法に関するセクションであるセダーゼライムでさらに議論されています。 11世紀、マイモニデス(ランバン)は、彼の傑作であるミシュネートーラーの法律についてさらに詳しく説明しました。このセクションには、農業と経済の両方の観点から安息年を取り上げたセクションが含まれています。
法律はイスラエルの地にのみ関係すると解釈されたため、イスラエルに住むユダヤ人がほとんどいなかったほぼ2000年間、ユダヤ人の主要な焦点ではありませんでした。 ユダヤ人が大量にイスラエルに戻り始めたとき、19世紀後半から20世紀初頭に、安息年は、一方では土地の古代の法則に忠実であり続けるために、また他方では、現代のヨーロッパの農業および経済システムで彼らが慣れ親しんできた快適さのための必要な条件を満たすために、イスラエルの初期のコミュニティにいくつかの重大なハードルと課題を作りました。


安息年は、今日のイスラエルにおける宗教的、農業的、経済的現実の非常に現実的な部分であり続けており、同時に非常に刺激的であり、非常に挑戦的でもあります。


読む:イスラエルの農業のシュミターである安息年を理解する
今日、安息年はそれについて学ぶすべての人に、土地と人々一般、そして特にユダヤ人の世界とイスラエルの土地と人々に対する私たちの義務が何であるかを考えるように挑戦します。
近年、思想家や活動家の動きの高まりは、21世紀の地球環境問題や経済の不安定性に対処し、継続的な経済成長、発展、個人の利益に対する現代の期待に挑戦する手段として、安息年を指摘しています。
The Hazon ShmitaSourcebookの許可を得て改作。 ヘブライ語で「ビジョン」を意味するHazonは、アメリカ最大のユダヤ人環境団体であり、ユダヤ人の世界とそれを超えて、より健康的で持続可能なコミュニティの構築を目指しています。 hazon.org

 

私訳してみましたが、どうでしょう。ユダヤ教徒は、この2年間を大切にします。平和な世界になるのでしょうか。

 

〜以下より


 https://search.yahoo.co.jp/amp/s/www.myjewishlearning.com/article/what-is-shemita-the-sabbatical-year/amp/%3Fusqp%3Dmq331AQIKAGwASCAAgM%253D