神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

 神の臨在(至聖所)の中で開かれる聖書の啓示を紹介します。聖書の日本語訳に疑問を持ったのを切掛けに、プロテスタント、カトリック、ユダヤ教などに学び、聖書解釈の記事も載せていきます。栄光在主!

ロシアがシェルター準備

ロシアは自国本土が攻撃される事態を想定して準備を進めているようです。

f:id:AdonaiQuoVadis:20221101030844j:image

 

モスクワでは、防空シェルターの設置。

モスクワなどの都市では、空爆を想定した準備が着々と進んでいる。メッセージアプリ・テレグラムの「警戒、モスクワ」チャンネルはモスクワ北部の住民の話として、この地域の家々はこぞって地下室にマットレスや折りたたみベッドを運び込み、避難の準備を進めていると伝えた。 ロシアの黒海隊司令部があるクリミア半島セバストポリのミハイル・ラズボザエフ知事もテレグラムで、公共の建物の入り口には防空シェルターへの順路を示す標識を設置すると発表。住民には自宅地下室を防空シェルターにするよう求め、既に知事自ら複数の地区に出向き集合住宅などの地下室を視察したという。 こうした動きはロシア全土に広がっているもようだ。シベリアの中心都市ノボシビルスクのSvetlana Kaverzina市議も空爆時に自宅地下室に避難できるようベッドや非常食を持ち込んでいると、地元メディアに語っている。 3. 医療施設で進む避難準備 モスクワの警察と密接な関係があるテレグラムのチャンネルBazaは10月21日、市内の病院とクリニックでシェルター設置の動きが急ピッチで進んでいると伝えた。市内の小児病院では、これまで従業員の休憩室兼ロッカールームになっていた地下室をシェルターに当て、患者の家族らが即座に避難できるよう順路を示した標識を設置。市内の多くの医療施設で同様の動きが進んでいるようだ。

ソース:

https://news.yahoo.co.jp/articles/cf24971b8f6521a6c4312c72a7f77886ebb48097

ニュースは、戦争を仕掛けたのはプーチンなのに、あたかもロシアが西側に追い詰められた被害者であるかのように見せようという魂胆〜と言うが、見せかけで国民の意気を削ぐだろう避難準備はしない。

 

ウクライナ戦争の預言

「わたしは、火をマゴグと海岸地方に安らかに住む者たちに送る。そのとき、彼らはわたしが主であることを知るようになる。」
‭‭エゼキエル書‬ ‭39:6‬ ‭新共同訳‬‬
https://bible.com/bible/1819/ezk.39.6.新共同訳