神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

 神の臨在(至聖所)の中で開かれる聖書の啓示を紹介します。開示できるもののみです。栄光在主!

実際にある聖書史跡12 〜イサクを捧げた岩

創世記22章 
1これらのことの後で、神はアブラハムを❶試された。神が、「アブラハムよ」と呼びかけ、彼が、「はい」と答えると、

2神は命じられた。「あなたの息子、あなたの愛する独り子イサクを連れて、❷モリヤの地に行きなさい。わたしが命じる山の一つに登り、彼を焼き尽くす献げ物としてささげなさい。」

3次の朝早く、アブラハムはろばに鞍を置き、献げ物に用いる薪を割り、二人の若者と息子イサクを連れ、神の命じられた所に向かって行った。

*******

6アブラハムは、焼き尽くす献げ物に用いる薪を取って、息子イサクに背負わせ、自分は火と刃物を手に持った。二人は一緒に歩いて行った。

7イサクは父アブラハムに、「わたしのお父さん」と呼びかけた。彼が、「ここにいる。わたしの子よ」と答えると、イサクは言った。「火と薪はここにありますが、焼き尽くす献げ物にする小羊はどこにいるのですか。」

8アブラハムは答えた。「わたしの子よ、焼き尽くす献げ物の小羊はきっと神が備えてくださる。」二人は一緒に歩いて行った。

9神が命じられた場所に着くと、アブラハムはそこに祭壇を築き、薪を並べ、息子イサクを縛って祭壇の薪の上に載せた。

10そしてアブラハムは、手を伸ばして刃物を取り、息子を屠ろうとした。

11そのとき、天から主の御使いが、「アブラハムアブラハム」と呼びかけた。彼が、「はい」と答えると、

12御使いは言った。❸「その子に手を下すな。何もしてはならない。あなたが神を畏れる者であることが、今、分かったからだ。あなたは、自分の独り子である息子すら、わたしにささげることを惜しまなかった。」

13アブラハムは目を凝らして見回した。すると、後ろの木の茂みに一匹の雄羊が角をとられていた。アブラハムは行ってその雄羊を捕まえ、息子の代わりに焼き尽くす献げ物としてささげた。

14アブラハムはその場所をヤーウェ・イルエ(主は備えてくださる)と名付けた。そこで、人々は今日でも「主の山に、備えあり(イエラエ)」と言っている。

15主の御使いは、再び天からアブラハムに呼びかけた。

16御使いは言った。「わたしは自らにかけて誓う、と主は言われる。あなたがこの事を行い、自分の独り子である息子すら惜しまなかったので、

17あなたを豊かに祝福し、あなたの子孫を天の星のように、海辺の砂のように増やそう。あなたの子孫は敵の城門を勝ち取る。

18地上の諸国民はすべて、あなたの子孫によって祝福を得る。あなたがわたしの声に聞き従ったからである。」(新共同訳)

 

  ある日、主は、アブラハムを❶試み、やっと授かった息子のイサクを捧げよと言われました。

アブラハムのすごいところは、翌朝早く燔祭の用意をしてイサクを連れて神の命じられた❷モリヤの山へ向かうのです。主は、アブラハムの信仰を確認すると、天使を遣わして❸イサクに手を下すなと命ずるのでした。

    ❷モリヤの山とは、エルサレムの神殿の丘にあたります。そこには、「聖なる岩」基礎石があり、アブラハムが息子イサクを神のために捧げようとした台であるとされています。またダビデ王はこの岩の上に契約の箱を納め、ソロモン王はエルサレム神殿を建設しました。また現在基礎石の上にあるイスラム教の「岩のドーム」を取り除いて再度エルサレム神殿を再建しようとするユダヤ教の運動があります。

アルジャジーラのものですが、岩のドームの内部、特に岩の中に入る洞窟内部の動画があるので、観てみましょう。

ビデオ前半が、岩のドーム 魂の井戸↓

https://youtu.be/Ol2LGO7Nl6c

Googlemap

https://www.google.co.jp/maps/place/Dome+of+the+Rock/@31.7780451,35.2332084,551m/data=!3m2!1e3!4b1!4m5!3m4!1s0x150329c86ce8896f:0xe33f01a44e2808aa!8m2!3d31.7780191!4d35.2354079

 

http://adonaiquovadis.hatenablog.com/entry/2016/08/21/043355