神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

 神の臨在(至聖所)の中で開かれる聖書の啓示を紹介します。聖書の日本語訳に疑問を持ったのを切掛けに、プロテスタント、カトリック、ユダヤ教などに学び、聖書解釈の記事も載せていきます。栄光在主!

朝のご臨在 〜輪のような裁き

f:id:AdonaiQuoVadis:20191205184946j:image

2019.12.5撮影

終末のしるしについて〜第四エズラ

「「では、しるしについて語ろう。見よ、その日が来て、地上に住む人々は大いなる恐怖に捕らえられ、真理の道は隠され、国土は信仰の不毛の地となるだろう。 そして不義が、あなた自身が見ている以上に、また、あなたがかつて聞いた以上に増えるだろう。 また、あなたが今見ているその国は世界を支配しているが、やがて乱れて廃虚となり、人はそこに荒れ地を見るようになる。 しかし、もしいと高き方があなたに生き残るのをお許しになるなら、三日の後に天変地異を見るであろう。突如として夜中に太陽が輝き、 真昼に月が照る。その上、木から血が滴り落ち、石が声を発し、人々は恐慌を来し、星は軌道を脱するだろう。 そして、地に住む人の望まぬ人物が支配するようになり、鳥さえもみな渡り去るだろう。 ソドムの海は魚を吐き出し、夜にはえたいの知れぬ妖怪が声を発し、すべての人がその声を耳にする。 方々で深淵が口を開き、そこから繰り返し炎が吹き上がる。野獣はその住みかを捨てて移り歩き、月経中の女は怪物を産むだろう。 淡水に塩が混じり、友人どうしがいがみ合うようになるだろう。分別は隠れ、知性は己の住みかに引きこもって、 多くの人がそれを捜すが見いだせない。地上には不義と放縦がはびこる。 一つの国は隣の国に、『だれか公正を行う人が、あなたの所を通りましたか』と尋ねる。するとその国は『否』と答えるだろう。 その時には、人々は望んでも得られず、働いても道は整えられない。 これらのしるしを、あなたに示すことは許されている。しかし、もしあなたが更に祈り、今のように涙をもって嘆願を続け、七日間の断食を行うならば、これよりも、更に大いなることが聞ける。」」
‭‭エズラ記(ラテン語)‬ ‭5:1-13‬ ‭(新共同訳‬‬)
「天使は言った。「わたしの裁きを輪のようにしよう。最後の者たちが遅れるわけでもなく、先頭の者たちが早くなるわけでもない。」」
‭‭エズラ記(ラテン語)‬ ‭5:42‬ ‭(新共同訳‬‬)

裁きは、輪のように、、、右にはエノク、左にはアブラハムが並んだとき、私は耐えられるのだろうか?主イエスと同じ姿に変えられるとき、裁きに耐えられるのでしょう。