神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

 神の臨在(至聖所)の中で開かれる聖書の啓示を紹介します。開示できるもののみです。栄光在主!

❤️栄化への実践10 〜完全な者とは

山上の垂訓と言われるマタイ伝5章には、「完全でありなさい」と主イエスが言う場面があります。

マタイ伝5章

5:43『あなたの隣人を愛し、あなたの敵を憎め』と言われたことを、あなたがたは聞いている。
5:44しかし、わたしはあなたがたに言う.❶あなたの敵を愛し、迫害する者のために祈りなさい
5:45それは、あなたがたが、❷天におられるあなたがたの父の子となるためである.なぜなら父は、悪しき者にも善なる者にも彼の太陽を昇らせ、正しい者にも不正な者にも雨を降らせてくださるからである。
5:46あなたがたは、 自分を愛する者を愛したからといって、どんな褒賞を受けるのだろうか? 取税人でさえ、同じことをしているではないか?
5:47あなたがたは、自分の兄弟にだけあいさつしても、何かさらにすぐれた事をしているのだろうか? 異邦人でさえ、同じことをしているではないか?
5:48だから、あなたがたの❸天の父が完全であられるように、あなたがたも完全でありなさい。(回復訳)

いやあ、「❶あなたの敵を愛し、迫害する者のために祈りなさい」なんて、できるわけがないだろう〜そう思うあなたは、正直で誠実な人でしょう。❶敵を愛すなんて、だれもできはしませんし、迫害する者のために祈るなんて、無理やりならできるかもしれませんが、心からなんて人にはできないでしょう。

しかし、❷天におられるあなたがたの父の子となるためには、父と同じように、悪しき者にも善なる者にも太陽を昇らせ、正しい者にも不正な者にも雨を降らせ恵む者になれ、❸天の父が完全であられるように、あなたがたも完全であれ〜と主は言われるのです。

天の高い標準です。

では、どうすれば❶敵を愛し、迫害する者のために祈れるのでしょう。

実は、創世記でアブラハムも同じことを求められています。

  「 完全であれ」とは、創世記17章で99歳のアブラハムに語られた聖言です。

創世記17章

17:1さて、アブラムが九十九歳の時、エホバはアブラムに現れて言われた、「わたしは❹すべてに十分な神である. ❺ わたしの前に歩み、❻完全でありなさい。」(回復訳)

他の日本語訳聖書では、わからないのですが、回復訳では、「❹すべてに十分な神」はאֵ֣ל שַׁדַּ֔י  エル シャダイ であり、אֵ֣ל は「大能の方」を意味し、שַׁדַּ֔יは「胸・乳房」を意味するとあります。また、「❺ わたしの前に歩む」とは、「彼の臨在の中で歩み、絶えず彼と彼のすべてに十分な供給を享受することです。完全であるとは、神を私たちに、完全の要素また要因として加えることです。実際的に、それは、わたしたちの命と働きのために、肉の力により頼むのではなく、すべてに十分な大能の方としての神に信頼することを意味する」〜と言っています。和訳が、難しいですね。

また、❻תמיםは「完全な」と訳されていますが、❻には「innocent  無邪気な・罪のない」という意味もあります。

要するに、神の臨在の中で、神の供給する豊かさを享受し、大能の神に信頼して生きることです。それは、幼子が母の胸に抱かれて、安心しきっているように、主イエスの完成されたピスティス(信仰の確立)の上に乗っかって無邪気な罪のない赤子のように生きることです。

マタイ伝18章で、主イエスは、幼子について話しています。

マタイ伝18章

18:2そこで、イエスは一人の小さい子供を呼び寄せ、彼らの真ん中に立たせて
18:3言われた、「まことに、わたしはあなたがたに言う.あなたがたが転機して小さい子供のようにならなければ、決して天の王国に入ることはない。
18:4だから、この小さい子供のようにへりくだる者が、天の王国で一番偉いのである。(回復訳)

    この箇所について、サンダー・シングは【ある化学者とミルク】と題して話しています。

    四年ほど前に、わたしは名高い化学者と対談していました。「聖書についてすべてを知るのはとても有益だ。その各部を分析することも」と彼は述べ、説明をするためにミルク瓶を手に取り、「さて、この中にどれほど多くの糖分、その他のものが入っているか」と、成分分析に入り、すべてを分析して見せました。満足気な彼に、わたしはいいました。「非常に興味深い。これに反対はできませんが、あなたの三歳のお子さんの方がずっと優れています。この子はミルクの分析はできない。しかし、それを飲み、体験からミルクが甘いことを知っているし、飲むことによって日々強い子に成長しているではありませんか。子供は、ミルクの成分は知らなくとも、大切なことを二つ知っています。ミルクは甘いということ、飲めば強く育つということです。あなたは、ミルクを分析しただけで、そこから何の恩恵も得ていないばかりか、ミルクを腐らせてしまっています」

 神の言葉を分析できる化学者は大勢います。「これはパレスチナのこと、これはギリシャのこと、等々」と彼らは語ります。彼らは、いろいろなやり方でそれについて沢山の事柄を解説してみせますが、霊的なミルクをけっして飲みません。彼らは分析するだけで、神の言葉を飲まないため、誘惑を克服するに十分な強さを得られずにいます。聖書の批判研究に大きな危険があるというのはこのためです。子供を抱いて「天国とはこのようなものです」と言われた主は、このことをよくご存じでありました。あなた方は、手に取って飲む子供のようでなければなりません。子供のような信仰を持つ人々は奇跡的な働きをしています。彼らは、聖霊の力に動かされ、他の人々の心を動かします。学者は頭をひねり、他人の頭を動かすことはできても、心を動かすことはできません。頭から出てくるものは頭にしか触れません。しかし、心から出てくるものは心に触れます。心の造り手である主は、人の心に触れるのです。そうなるのは、祈りの中で、主とともに静かな時を過ごすときです。そのときに、心はわれわれの主であり、王の王であられる方の座となります。そこにおいて、主は心の言葉で霊魂に語りかけ、多くの驚くべき事柄を啓示され、わたしたちは主の栄光を見、多くのことを理解します。このようなことは、霊的経験を通してのみ可能なのです。〜サンダー・シング〜

「完全な者」になるために、「❹すべてに十分な神」אֵ֣ל שַׁדַּ֔י  エル シャダイ の前に歩み、そのשַׁדַּ֔י「胸」に抱かれて、そのשַׁדַּ֔י「乳房」から、満ち満ちた神の豊かさを受けて、幼子のように安心して身を委ね、そのミルク(聖言.啓示)で成長するのです。神の愛の中に生かされている❻innocent  (無邪気な・罪のない)幼子は、敵にも微笑みかけ、迫害する者に笑顔を見せます。いつも母親に愛されている赤ちゃんを見ればわかることです。しかし、その赤子のように全幅の信頼を神に預けて生きることは、化学者の理解ではなく、実践です。その人は、畏れや人への敵意がない全き平安の日々を送ります。


 

エペソ3:19

そして知識を超越したキリストの愛を知ることができるように.また、あなたがたが満たされて、神の全豊満へと至るように。

コロサイ1章

1:19なぜなら、御子の中に、全豊満は住むことを喜ばれ、

1:20 彼を通して万物を、すなわち、彼を通して、地にあるもの天にあるものをご自身に和解させ、彼の十字架の血を通して、平和をつくることを喜ばれたからです。
1:21かつてあなたがたは神から離れていて、悪い行ないのために、あなたがたの思いの中で敵であったのですが、
1:22今や彼は、ご自身の肉の体において、死を通して和解させてくださいました.それは、あなたがたを聖なる、傷のない、責められるところのない者として、彼の御前にささげるためでした.
1:23ただ、あなたがたは❼その信仰の中に居続け、土台づけられて動揺することなく、すでに聞いた❽福音の望みから動かされることがないようにしなさい.この福音は、天の下の全被造物に宣べ伝えられ、わたしパウロは、その奉仕者となったのです。(回復訳)  アァメン。

 

1章23節 フットノート❼
「わたしたちの信じる行為ではなく、わたしたちが信じる対象です。」

❼その信仰とは、イエス・キリストのピスティスです。

1章23節 フットノート❽
「キリストはわたしたちの中で、栄光の望みです(27節)。この方から、わたしたちは移っていくべきではありません。」

❽福音の望みとは、イエス・キリストご自身です。

イエス・キリストの信仰の中に居続け、土台づけられて動揺することなく、❽福音の望みであるイエス・キリストご自身を望み、動かされることはないのです。

栄化というより、基本的な信仰の土台についての説明になってしまいました。幼子のよう主に抱かれる、父とひとつになることが完全な信仰の秘訣です。

 

http://adonaiquovadis.hatenablog.com/entry/2018/01/13/111415

 

http://adonaiquovadis.hatenablog.com/entry/2018/03/10/095022

 

http://adonaiquovadis.hatenablog.com/entry/2017/07/09/235748