神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

 神の臨在(至聖所)の中で開かれる聖書の啓示を紹介します。聖書の日本語訳に疑問を持ったのを切掛けに、プロテスタント、カトリック、ユダヤ教などに学び、聖書解釈の記事も載せていきます。栄光在主!

使徒行伝 イエスを通して来た信仰

癒しを成すのは、各自の信仰だと思う人は、「私は信仰が足りないから、私には癒しや奇跡を行えない」と思います。

しかし、使徒行伝には弟子たちが自分の信仰で癒しを成したなどとは、書いてありません。

自分の信仰が癒しに影響を与えるとは、一言も言っていません。

使徒行伝3章

3:1さて、ペテロとヨハネは午後三時の祈りの時に、宮へ上って行った.
3:2すると、母の胎内にある時から足の不自由な人が運ばれて来た.彼が宮に入る人たちから施しを求めるために、人々は「美しい」と呼ばれる宮の門の所に、彼を日ごとに置いていたのである。
3:3彼は、ペテロとヨハネが宮に入ろうとするのを見て、施しを受けようとした。
3:4ペテロはヨハネと共に彼を見つめて、「わたしたちを見なさい!」と言った。
3:5彼は◉何かもらえるものと思って、彼らに注目した。
3:6しかし、ペテロは言った、「金銀はわたしにはない.しかし、わたしが持っているものを、あなたにあげよう.❶ナザレ人イエス・キリストの御名の中で立ち上がり、歩きなさい」。
3:7そして、彼の右手をつかんで起こした.すると、彼の❷足とくるぶしはたちどころに強くなった。
3:8そして彼は❸跳び上がり、立って歩き出した.そして歩き、躍り上がり、神を賛美しながら、彼らと共に宮に入って行った。
3:9民衆はみな、彼が歩いており、神を賛美しているのを見た.
3:10彼らは、彼が宮の「美しい門」の所で、施しを求めて座っていた者であるとわかった.そして、彼に起こったことに戸惑い、またひどく驚いた。

3:11その人がペテロとヨハネにつきまとっていた時、民衆はみな、ソロモンの柱廊と呼ばれる所にいる彼らのほうへ共に走って行き、ひどく驚いた。
3:12ペテロはこれを見て、民衆に答えた、「イスラエルの人たちよ、なぜ、このことに驚いているのですか? なぜ、わたしたちが❹自分の力や敬虔によって彼を歩かせたかのように、わたしたちを見つめているのですか
3:13アブラハム、イサク、ヤコブの神、わたしたちの父祖の神は、彼のしもべイエスに栄光を与えられました.あなたがたはその方を引き渡して、ピラトが釈放することを決めていたのに、彼の面前で拒否しました。
3:14あなたがたは聖で義なる方を拒否して、人殺しの男を自分たちに与えるように求めたのです.
3:15あなたがたは❺命の創始者を殺しましたが、神は彼を❻死人の中から復活させました.わたしたちは、そのことの❼証し人です。
3:16彼の❽御名にある信仰のゆえに、その御名が、あなたがたが見て知っているこの人を強くしたのです.そして、❾彼を通して来た信仰が、あなたがたすべての前で、この人にこの➓完全な健康を与えたのです。
3:17さて兄弟たちよ、あなたがたの支配者たちもそうであったように、あなたがたがあの事を行なったのは無知のためであることを、わたしは知っています.
3:18しかし神は、すべての預言者の口を通して、彼のキリストが苦しみを受けると、前もって告げ知らせておられた事を、このように⓫成し遂げられたのです。使徒行伝3:1-18(回復訳)

 

ペテロとヨハネは午後三時に、宮へ行った。その時、◉施しを求めるために母の胎内にある時から足の不自由な人が運ばれて来ました。彼は、ペテロとヨハネが宮に入ろうとするのを見て、◉施しを受けようとしました。彼は、「癒してください」と言ったわけではありませんでした。
ペテロはヨハネと共に彼を見つめて、「わたしたちを見なさい!」と言いました。
彼は◉何かもらえるものと思って、彼らに注目したときに、「金銀はわたしにはない.しかし、わたしが持っているものを、あなたにあげよう.❶ナザレ人イエス・キリストの御名の中で立ち上がり、歩きなさい」と命じられ右手をつかんで起こされました。すると、彼の❷足とくるぶしはたちどころに強くなり、❸跳び上がり、立って歩き出しました。

〜さすが、直弟子ペテロ、信仰が違うなぁ!と思った人が多いかも知れません。しかし、ペテロは、民衆に「イスラエルの人たちよ、なぜ、このことに驚いているのですか? なぜ、わたしたちが❹自分の力や敬虔によって彼を歩かせたかのように、わたしたちを見つめているのですか?」と不思議に感じながら、問いかけています。

つまり、❹自分の力や敬虔によって彼を歩かせたのではないとペテロは心から認識していたことになります。自分のワザでない。自分が敬虔だとか敬虔でないとかではない、そんなことが生まれつきの足萎えを立たせたのではないと言っているのです。各自の何かが癒しの奇跡を可能にするのではないとペテロ自身が群衆の反応に対して、丁寧に説明しているのです。
アブラハム、イサク、ヤコブの神、わたしたちの父祖の神は、彼のしもべイエスに栄光を与えられました.あなたがたは❺命の創始者を殺しましたが、神は彼を❻死人の中から復活させました.わたしたちは、❼そのことの証し人です。」〜神のしもべイエスは、❺命の創始者であり、ユダヤ人は彼を殺しましたが、神は彼を❻死人の中から復活させ、ペテロやヨハネは、そのことの❼証し人だと言っています。

つまり、イエスは、神のしもべで❺命の創始者であり、神が❻死人の中から復活させた者、死にうち勝った者の❼証し人だと言っているのです。
また、「彼の❽御名にある信仰のゆえに、その御名が、あなたがたが見て知っているこの生まれつきの足萎えを強くしたのです.そして、❾彼を通して来た信仰が、あなたがたすべての前で、この人にこの➓完全な健康を与えたのです」と語り、❶ナザレ人イエス・キリストの❽御名の中にある信仰のゆえに、その❽御名(YHWHは救い)が、あなたがたが見て知っているこの生まれつきの足萎えを強くした。そして、弟子たちの信仰でなく、❾彼を通して来た信仰が、あなたがたすべての前で、この人にこの➓完全な健康を与えたと説明しているのです。
神は、すべての預言者の口を通して、彼(神)のキリストが苦しみを受けると、前もって告げ知らせておられた事を、このように十字架上に⓫成し遂げられたと語っています。

原文を私訳してみます。

ΠΡΑΞΕΙΣ 3:16 Greek NT: Nestle 1904
καὶ ❽ἐπὶ τῇ πίστει τοῦ ὀνόματος αὐτοῦ τοῦτον, ὃν θεωρεῖτε καὶ οἴδατε, ἐστερέωσεν τὸ ὄνομα αὐτοῦ, καὶ ❾ἡ πίστις ἡ δι’ αὐτοῦ ἔδωκεν αὐτῷ τὴν ➓ὁλοκληρίαν ταύτην ἀπέναντι πάντων ὑμῶν.

 

❽ἐπὶ τῇ πίστει τοῦ ὀνόματος αὐτοῦ:on the faith in the name of Him:彼の名の中に信じる信仰に乗っかって

❾ἡ πίστις ἡ δι’ αὐτοῦ:彼を通した信仰(信頼、信用、信念、確信、誓約、約束、信義、誠実)

➓ὁλοκληρίαν:完全な健全性

3:16私訳

❽彼の名(イエスはキリスト)の中に信じる信仰(信頼、信用、信念、確信、誓約、約束、信義、誠実)に乗っかって、あなたがたが見て知っているこの男を彼(イエス・キリスト)の名が強くしたのです.そして、❾彼を通した信仰(信頼、信用、信念、確信、誓約、約束、信義、誠実)が、あなたがたすべての前で、この人にこの➓完全な健全性を与えたのです。(私訳)

〜足萎えに➓完全な健全性を与えたのは、❹自分の力や敬虔でない。自分の信仰でない。❽彼の名(イエス・キリスト=メシア=救い主)の中に信じる信仰(信頼、信用、信念、確信、誓約、約束、信義、誠実)に乗っかって、あなたがたが見て知っているこの男を彼(イエス)の名が強くしたのです。そして、❾彼(イエス)を通した信仰(信頼、信用、信念、確信、誓約、約束、信義、誠実)が、あなたがたすべての前で、この人にこの➓完全な健全性を与えたと説明しているのです。

あえて必要な資質を書けば、❽彼の名(キリスト=メシア=救い主)の中に信じる信仰(信頼、信用、信念、確信、誓約、約束、信義、誠実)に乗っかるということでしょう。

❶ナザレ人イエス・キリストの❽御名は、YHWHは救いであり、イエスは救い主であるという名の中にある信仰(信頼、信用、信念、確信、誓約、約束、信義、誠実)のゆえに、その❽御名イエス(YHWHは救い)が、この生まれつきの足萎えを強くしたと言っているのです。

我々の力、敬虔さ、信仰深さでなく、十字架上に高く掲げられた YHWHは救いであり、イエスは救い主であるという名の中にある信頼、信用、信念、確信、誓約、約束、信義、誠実のゆえに、主は癒され、➓完全な健全性を与えられるのです。「❶ナザレ人イエス・キリストの御名の中で立ち上がり、歩きなさい!」Amen.

http://adonaiquovadis.hatenablog.com/entry/2018/01/13/111415

http://adonaiquovadis.hatenablog.com/entry/2019/08/25/030442

f:id:AdonaiQuoVadis:20200621025755j:image

2020.6.20撮影

f:id:AdonaiQuoVadis:20200621044055j:image

2020.6.21夏至の朝

 

 

https://news.yahoo.co.jp/byline/moritamasamitsu/20200618-00183937/

 

http://adonaiquovadis.hatenablog.com/entry/2020/01/11/012447