神の至聖所 ~聖書とキリストの啓示より~

 神の臨在(至聖所)の中で開かれる聖書の啓示を紹介します。聖書の日本語訳に疑問を持ったのを切掛けに、プロテスタント、カトリック、ユダヤ教などに学び、聖書解釈の記事も載せていきます。栄光在主!

トマスの福音書49② ~安息と新しい世界

継続してトマスの福音書を訳しています。

資料としては、「Coptic/English.Translation of The Gospel of Thomas.Revised November 22, 2002.Copyright ã1997-2002, Michael W. Grondin. 」を参考にし、訳して解説してみました。句の割り振りが少し異なるため、一般の日本語の解説書より、全114節の番号割り振りが、何節かずれています。今回のブログの49節は、一般には50節〜53節として紹介されています。49節は、比較的に長い節ですので、いくつかに分けて訳していきます。

なるべく最初は原文に忠実に「直訳」を心がけ、四福音書の共通項を参考に、ことばの意味を「解読」し、最後は解釈を含めた「意訳」を試みています。

49②

> Said-they to-him, viz-his-di-sciples, this: which day is-➊the-repose of- those-who-are-dead coming-into-being? And which day is-➋the-world new coming? > Said-he to-them this:that-one which-you(pl)-look outward for-her, she-➌has-come. But you(pl), you(pl)-know not her. > Said-they to-him, viz-his-disciples, this: ➍Twenty-four prophets, they-spoke in-Israel,and they-spoke, all of them, down in-you(sg). > Said-he to-them this: you(pl)-have-left ➎he-who-lives in-your-(pl)-presence ( ), and you(pl)-spoke about-those-who-are- dead. 

49②直訳

JS49② 彼らすなわち弟子たちはイエスにこう言った:「どの日に死人の❶安息が現れるのですか?そして、どの日に❷新しい世界が来るのですか?」彼は、彼らに言った「あなた方が現れを期待している❶安息、それは❸もう来ている。しかし、あなた方、あなた方はそれを知らない」。

彼らすなわち弟子たちはイエスにこう言った:

「❹24人の預言者たちがイスラエルで語りました。彼らのすべてがあなたにあって語りました」。彼は彼らに言われた、「あなた方は❺あなた方の面前で生きている者から離れ、死んでいる者たちについて語った」。

 

弟子たちは、「どの日に死人の❶安息が現れるか?どの日に❷新しい世界が来るか?」聞いています。

弟子たちの質問は、来るべき死者への何らかの救済と「❷新しい世界」、つまりキリストの再臨について質問したのでしょう。

いつものようにキーワードから聖書の記事を見てみましょう。

❶安息

へブル4章に次のようにあります。

4:1こういうわけで、わたしたちは畏れようではありませんか.彼の❶安息へ入る約束が残されているのに、あなたがたのうちで、それに達しないと思われる者がだれもいないようにしましょう。

4:2というのは、わたしたちにも、彼らと同じように、福音が宣べ伝えられているからです.ところが、その聞いた言は、彼らにとって益となりませんでした.それが聞いた者たちの中で、信仰と混ぜ合わされなかったからです。

4:3さて信じたわたしたちは、その❶安息へ入るのです.創造のみわざは、世の基が置かれた時から完成していたのですが、「わたしは激怒して誓ったように、彼らを決してわたしの❶安息へ入らせることはしない!」と彼が言われたとおりです。

4:4彼はある箇所で、七日目についてこう言っておられます、「こうして神は、第七日に彼のすべてのわざを休まれた」。

4:5そしてまたこの箇所で、「彼らを決してわたしの❶安息へ入らせることはしない!」と言っておられます。
4:6こういうわけで、ある人々が❶安息へ入ることが、まだ残されているのです.前に福音が宣べ伝えられたのに、彼らは不従順のゆえに入らなかったのですから、
4:7彼は再びある日を今日と定めて、長い時を経てから、前に彼が言われたように、「今日、あなたがたが彼の御声を聞くなら、心をかたくなにしてはならない」と、ダビデを通して言っておられるのです。
4:8もしヨシュアが彼らを❶安息にもたらしていたなら、これらの事柄の後に、神は別の日について、語られはしませんでした。
4:9こういうわけで、ある安息日の❶安息が、神の民のために、まだ残されているのです。
4:10なぜなら、彼の❶安息に入った者は、神がご自身のわざを休まれたように、自分のわざを休んだからです。
4:11こういうわけで、その❶安息に入るように、努め励もうではありませんか.不従順の同じ例に倣って、だれも落ちていくことのないようにしましょう。(回復訳)

 

以下の「❶安息」についての回復訳のフットノートは、示唆を与えてくれます。

4章9節 フットノート❶
この安息日の❶安息は、わたしたちの安息としてのキリストであり、カナンの良き地で予表されています(申12:9.ヘブル4:8)。キリストは三つの段階で、聖徒たちの安息です。(1) 召会時代に、彼は天のキリスト、ご自身の働きから安息して、天で神の右に座しておられる方として、今わたしたちの霊の中で、わたしたちの❶安息です(マタイ11:28―29)。(2) 千年王国において、サタンがこの地から除去された後(啓20:1―3)、王国を伴うキリストは、勝利を得た聖徒たちのより完全な❶安息です。彼らは彼の共同の王となって(啓20:4、6)、彼の❶安息にあずかり享受します。(3) ❷新しい天と新しい地において、最後の敵である❻死を含めたすべての敵がキリストに征服された後(Iコリント15:24―27)、キリストは、すべてを征服する方として、神に贖われたすべての者の永遠にわたる最も完全な❶安息となられます。しかし、ここで述べられている安息日の❶安息は、カナンの良き地の❶安息で予表されていて、キリストがわたしたちの❶安息であることの初めの二つの段階だけで、第三段階を含んでいません。初めの二つの段階の❶安息は、努め励んで彼を追い求める者たちへの賞であって、彼らは贖われているだけでなく、彼を完全に享受し、こうして勝利者となります。ところが第三段階の❶安息は、賞だけでなく、すべての贖われた者に割り当てられた完全な分け前でもあります。ですから、ここで述べられている安息日の❶安息は、初めの二つの段階、特に第二段階で、わたしたちの❶安息としてのキリストを指しているのです。その❶安息は、わたしたちが努め励んで追い求め、その中に入るようにと残されています。キリストが全地を彼の嗣業として所有し(詩2:8.ヘブル2:5―6)、それを千年間、彼の王国とされるのは(啓11:15)、彼がわたしたちの❶安息であることの第二段階においてです。最初の段階で、彼を❶安息として追い求め、享受する彼の勝利を得た追従者たちはみな、千年期において、彼の統治にあずかるでしょう(啓20:4、6.IIテモテ2:12)。さらに、彼らは地を相続し(マタイ5:5.詩37:11)、ある者は十の町を支配する権威、ある者は五つの町を支配する権威を持ち(ルカ19:17、19)、彼らの主人の喜びにあずかります(マタイ25:21、23)。それは王国の安息であり、カナンの良き地に入る❶安息で予表されています。良き地の❶安息は、贖われ、エジプトから救い出されたすべてのイスラエルの子たちの目標でした。同じように、来たるべき王国の❶安息は、贖われ、この世から❺救われた新約の信者たちの目標です。わたしたちは今や、みなこの目標に向かう途上にあります。
 イスラエルの子たちにもくろまれた神の完全な救いには、過越の小羊を通しての贖い、エジプトからの脱出、天のマナで養われること、裂かれた岩から生ける水によって渇きがいやされること、カナンの良き地にあずかることを含みます。すべてのイスラエルの子たちは、過越の小羊、天のマナ、生ける水にあずかりましたが、エジプトから脱出した者たちのうちで、ヨシュアとカレブだけが良き地に入り、それにあずかりました。残りの者はみな、荒野で倒れました(民14:30.Iコリント10:1―11)。すべての者は贖われましたが、わずか二人の勝利者ヨシュアとカレブだけが、良き地の賞を受けたのです。
 過越の小羊、天のマナ、生ける水、カナンの良き地はすべて、キリストのさまざまな面の予表です。イスラエルの子たちの経験によって記述されていることによれば、キリストを通して贖われたすべての信者が、召会時代と来たるべき王国の時代で、賞としての彼らの❶安息、満足としてのキリストにあずかるわけではありません。贖われた後、努め励んでキリストを追い求める者たちだけが、そのような方法で彼にあずかるでしょう。こういうわけで、使徒パウロは、完全に贖われてはいましたが、なおも目標に向かって追い求めていました。それは、彼が賞としてのキリストを獲得するためでした(ピリピ3:10―14)。パウロはピリピ人への手紙第3章で、自分はユダヤ教にいたが、キリストのゆえにそれを放棄したと言いました(ピリピ3:4―9)。本書のここで、著者は同じ観念を持って、ヘブル人信者たちに、ユダヤ教を捨て、キリストに向かって前進するようにと励ましています。それは、彼らが賞を失うことがないためです。(回復訳)

特に以下の部分が、❷新しい天と新しい地に関連しているようです。

「(3) ❷新しい天と新しい地において、最後の敵である❻死を含めたすべての敵がキリストに征服された後(Iコリント15:24―27)、キリストは、すべてを征服する方として、神に贖われたすべての者の永遠にわたる最も完全な❶安息となられます。」

トマスの福音書49②の弟子たちの質問の「死者の❶安息」は、来るべき第三段階の❷新しい世における❻死を克服した❶安息であることがわかります。

「神に贖われたすべての者の永遠にわたる最も完全な❶安息」。なんと麗しい安息でしょう。

それに対して、イエスは「あなた方が現れを期待している❶安息、それは❸もう来ている」と言っています。

つまり、フットノートの「(1) 召会時代に、彼は天のキリスト、ご自身の働きから❶安息して、天で神の右に座しておられる方として、今わたしたちの霊の中で、わたしたちの❶安息です(マタイ11:28―29)」とある第一段階の安息なのでしょう。

それで弟子たちは、「❹24人の預言者たちがイスラエルで語りました。彼らのすべてがあなたにあって語りました」と言い、イエスは「あなた方は❺あなた方の面前で生きている者から離れ、死んでいる者たちについて語った」と言ったのでしょう。

弟子たちの言う24人の預言者とは、黙示録4:4の24人の長老ではなく、おそらく旧約の全24書の24人の預言者(シリア語エズラ14:45)を言っているのでしょう。

しかし、主イエスは、「あなた方は❺あなた方の面前で生きている者から離れ、死んでいる者たちについて語った」と言って、面前のキリスト、主イエスのことを語っていると言っているのです。召会(教会)時代に、キリストこそ今わたしたちの霊の中で、わたしたちの❶安息なのです。

トマス49②にマタイ伝11章を続けると理解しやすいでしょう。

11:28すべて労苦し重荷を負っている者は、わたしに来なさい.そうすれば、わたしはあなたがたに❶安息を与える。

11:29わたしは心の柔和なへりくだった者であるから、わたしのくびきを負い、わたしから学びなさい.そうすれば、あなたがたは魂に❶安息を見いだすであろう。(回復訳)

 

❷新しい世界(新天新地)

イザヤ書65章に、関連する❷新しい天と新しい地についての記事があります。

「この地で祝福される人は 真実の神によって祝福され この地で誓う人は真実の神によって誓う。 初めからの苦しみは忘れられる。 わたしの目から隠されるからである。 見よ、わたしは❷新しい天と新しい地を創造する。 初めからのことを思い起こす者はない。 それはだれの心にも上ることはない。 代々とこしえに喜び楽しみ、喜び躍れ。 わたしは創造する。 見よ、わたしはエルサレムを喜び躍るものとして その民を喜び楽しむものとして、創造する。 わたしはエルサレムを喜びとし わたしの民を楽しみとする。 ❼泣く声、叫ぶ声は、再びその中に響くことがない。 そこには、もはや若死にする者も 年老いて長寿を満たさない者もなくなる。❽百歳で死ぬ者は若者とされ 百歳に達しない者は呪われた者とされる。彼らは家を建てて住み ぶどうを植えてその実を食べる。彼らが建てたものに他国人が住むことはなく 彼らが植えたものを 他国人が食べることもない。 わたしの❾民の一生は木の一生のようになり わたしに選ばれた者らは 彼らの手の業にまさって長らえる。 彼らは無駄に労することなく 生まれた子を死の恐怖に渡すこともない。 彼らは、その子孫も共に 主に祝福された者の一族となる。❿彼らが呼びかけるより先に、わたしは答え まだ語りかけている間に、聞き届ける。 狼と小羊は共に草をはみ 獅子は牛のようにわらを食べ、蛇は塵を食べ物とし わたしの聖なる山のどこにおいても 害することも滅ぼすこともない、と主は言われる。」
‭‭イザヤ書‬ ‭65:16-25‬ ‭(新共同訳)

❼泣く声、叫ぶ声は、再びその中に響くことがない。 若死にする者も 年老いて長寿を満たさない者もなくなり、❽百歳で死ぬ者は若者とされ ❾民の一生は木の一生のようになり、❿彼らが呼びかけるより先に、主は答え まだ語りかけている間に、聞き届ける。ハレルヤ!

 まるで遺伝子工学などの科学技術が進歩し、長寿と幸福を満喫する近未来の姿を預言しているような内容です。

 また、黙示録(啓示録)21章にこのようにあります。

「21:1またわたしは、❷新しい天と新しい地を見た。それは、第一の天と第一の地が過ぎ去って、もはや海もないからである。
 21:2わたしはまた聖なる都、新しいエルサレムが、夫のために着飾った花嫁のように整えられて、天から出て神から下って来るのを見た。」啓示録21:1-2(回復訳)

  つまり、弟子たちが質問したこの❷新しい天と新しい地とは、来たるべき「新エルサレム」についてであるのでしょう。それに対して、主イエスは、「安息の現れは、すでに来ている」と語っています。

 以上を踏まえて、意訳してみます。

49②意訳

JS49② 彼らすなわち弟子たちはイエスにこう言った:「どの日に死人の❶安息が現れるのですか?そして、どの日に来るべき❷新しい世界(新天新地)が来るのですか?」

彼(イエス)は、彼らに言った「あなた方が期待している❶安息の現れは、それは❸すでに来ている。しかし、あなた方はそれを知らない」。

彼ら弟子たちはイエスにこう言った:

「旧約の❹24人の預言者たちがイスラエルで語りました。彼らの全員があなたについて語りました」。彼(イエス)は彼らに言われた、「あなた方は❺あなた方の面前で生きている私から離れ、死んでいる者たちについて語った。(しかし、わたしはあなたがたに❶安息を与える。わたしは心の柔和なへりくだった者であるから、わたしのくびきを負い、わたしから学びなさい.そうすれば、あなたがたは魂に❶安息を見いだすであろう(マタイ11:28-29))」。

以上

 

f:id:AdonaiQuoVadis:20210526211015j:image